FC2ブログ

はらたいら氏訃報

今日、昼すぎ、漫画家のはらたいらさんが埼玉・富士見市でお亡くなりになりました。x±x

「クイズ・ダービー」のレギュラーで、薀蓄(うんちく)の元祖ともいわれるはらさん。原因は肝臓による疾患だそうで、晩年の更年期も影響があったに違いありません。

不肖、私の家族も、何かとお世話になったんです。
ですから、いろいろなことが去来して、まず信じられないという気持ちが胸によぎってます。

まだ私が幼少のころでしたが、私の父は漫画家で、よく、家に遊びに来られてました。
当時からとても紳士的で、おとなしく、そして、周りが酔って騒いでるのをニコニコしながら、お酒を飲まれていらっしゃいました。
まさに、「実るほど頭をたれる稲穂かな・・・」の如しのかたでした。^±^
芸能5-1

もうひとつお世話になりました。
それは、現在はつぶれてもう会社はなくなりましたが、私が勤めていた出版社で、「憲法マイルド考」の漫画を描いていただき、おかげさまで好評を博しました。
そしてさらに「はらたいらのシャッターはおどる」という、おもしろ写真集を出させていただきました。

私はそのとき、はら先生のご自宅にも行ったのですが、先生はニコニコとされ紳士的私たちと接してくださいました。

そんな先生が、冥土の旅にたたれたのが、とても信じられない・・・残念な気持ちでいっぱいです。
芸能5-2

昔のアルバムを引っ張り出しましたら、うちの父である、高橋まさみと、はらたいらさんとの写真が出てきました。
はらたいらさんは、とても気さくでいい方でした。
誰にも優しく、知識も豊富で、かといって衒学(げんがく)というわけでないし。つまり、「ひけらかす」ってことをしない方です。
もし、はらさんがご健康であられて。世が世であれば、理想的な父親像、上司で必ずや上位ランキングが揺るぎなかったに違いありません。

白黒です。^±^ノ
芸能5-3

場所はどこかの料亭だそうです。
どこだかは謎です。
はらさんです。
芸能5-4

うちの父です。
芸能5-5

仲間の漫画家が集まりました。^±^

父も亡くなりましたが・・・。

・・・合掌 v±v

テーマ : こんな事がありました!
ジャンル : ブログ

女工哀史3―哀歌(エレジー)

「女工哀史3―哀歌(エレジー)」  文学のにほひ
女工哀史・・・。それは世にも残酷な物語。

以下は女工の小唄ですが、この小唄をかいつまんで抜粋しませう。

籠の鳥より監獄よりも、寄宿住まいはなお辛い

工場は地獄よ 主任が鬼で、廻る運転火の車

糸は切れ役わしゃつなぎ役、そばの部長さんにらみ役

偉そうにするな お前もわしも、同じ会社の金もらう

偉そうにする主任じゃとても、もとは桝目のくそ男工

会社勤めは監獄勤め、金の鎖がないばかり

男工何する 機械の蔭で、破れたシャツの虱(しらみ)取る

うれし涙を茶碗に受けて、親に酒だと飲ませたい

いつも工場長の話を聴けば、貯金貯金と時計のようだ

うちが貧乏で十二の時に、売られてきましたこの会社



「生きる屍(しかばね)の譜(ふ)」

桜散りても来年の、四月来たならまたも咲く、悲しい私はいつ咲くの、心に花咲く暇もない

「数え歌」

一つとせ、人も知ったる山の中、来てみりゃ駿河の富士紡績、音に聞こえる滝の音

八つとせ、やめて帰ろと思えども、汽車賃無しでは帰られぬ、汽車道眺めて目に涙


「哀歌」

ほんに憂き世じゃ機屋の女子(おなご)、機屋女子に誰がした・・・

「小唄」

丹後但馬(但馬)は女子の夜這い(おなごのよばい)、男極楽寝てござる

加悦(かや)の谷とは誰が言(ゆ)たよ言(ゆ)た、地獄谷かや日も射さぬ


  *

さて、女工たちの弱点と病気と死についてちょっと語ります。

大部分の女工たちには哀しいかな学がないので、ろくに字も書けないのがほとんど。従って、仮に、
「思いを打ち明けて、紙に書いてみよ」
と言われたところでほとんど白紙だという。・・・ムゴイよね~。
それで先の小唄が出来たのね~。x±x
また、ストライキをしても、伝える言葉や術(すべ)が見つからないのでこれも雇い主側の思う壺。

女工はいつも工場にいるので、外界には疎いんですよね~。
又連れて来られたのが少女の頃なんで、ほとんど世間知らず。
かといって、すれてないのかというとそうでもなく、工場の隠微で歪んだ世界にどかっと腰を下すとどうしても言葉遣いも乱暴になる。男工を蔑(さげす)む傾向もある。
ついでに、彼女らは乗り物酔い、雑踏酔いもしやすいようで、汽車で遠足に行きたがらない人も多かったよう。

女工は嫉妬心、猜疑心(さいぎしん)も強くなる。こんな所に缶詰にされたら心も狭くなるのも至極当然だが・・・。x±x
夫婦間においてはもちろん、特に工場内で誰かがいい仕事をするとそれだけで妬(ねた)み嫉(そね)むのだ。工場側でそれが公平な扱いだとしても、本人たちはちっとも公平と思ってはいない。

それから、どうしても精神病が多い。こんな粗悪な工場にいるんだから、気が狂うのも当然。×±×

さらに気の毒なのは、女工が亡くなった後。
工場の隅にある「死体室」は譬えて言うなら便所と一緒で、作者も地獄を見たようだと言っている。
末期の水も飲ませてもらえずに恨みだけ呑んで死んでいく。
仏を棺桶に入れたまま棺巻一つせず、これを車に乗せ、むき出しのまま人夫に担がせて砂村の焼き場へ棄てに行く東京の工場があるという。

  *

次に、女工が被(こうむ)った事件ですが、警察側も工場経営者側と口裏を合わせたように女工に厳しい・・・。こんな例がありました。

時は今年六月である。ある工場の寄宿舎部屋長の現金六十円あまりを何者かによって窃取(せっしゅ)された。そこへ早速刑事が現れて、平野タケ子という女工を捕らえて散々打擲(ちょうちゃく=ぶち殴ること)しながら言うのであった。
「おい! お前この着物をどこから盗んで来た?」
「いいえ、盗んでなど来やしません。働いて拵(こしら)えたのです」
「生意気なことを言うな。女工がこんな絹の着物など入るものか、確かに盗んだに相違なかろう? どこで取ったか白状しろ」
こう言ってはしたたか打つ。
「お前、この時計をどこでかっぱらった?」
「いいえ、あたしが買ったのです」
「女工に時計や指輪が入るものか。お前、このオペラバッグはどこで万引きして来た?」
「あたしの金で浅草へ行って買ったのです」
「強情はるとためにならんぞ! 人間はこんなものを持つようになってはおしまいだ。これは令嬢か淫売婦の持つものじゃないか?、お前らの持つものじゃない。さあ早く皆を言ってしまえ!」
彼女はあまりの悔しさに泣いた。
「こら! しらばっくれてどうあっても白状しないな。よっし! そんなら仕方がないから連れて行ってやる」
刑事はこう言って引きずるように拘(こう)引し、ついにタケ子を一昼夜の拘留に処した。
一方その部屋のうちタケ子の友達は皆な彼女が品物を買った店も知っていれば、時計や指環も現に保証書までついているのを知っているゆえ、団結して工場長に彼女の赦放(しゃほう)を迫ったのである。
ところが一方ふとした証拠から真犯人は上がったのであった。それは驚くべし、女工の監督の任にあたる「世話係」の一人であった。しかも彼女は寄宿舎主任の妾という話だ。
警察では翌日タケ子を放還するとき、
「こんな間違いのあったことや、そのほか警察のことを喋ったら承知しないぞ。万一お前が人に話したら再び、今度は本当の監獄へ入れてやるからそう思え」
と言って威嚇したのであった。そしてその真犯人の世話係は何の事もない。こんなにして前記タケ子が嫌疑をかけられた原因は、多くの衣装や装身具を所持していたからであったのだと。
女工がオペラバッグを持って耳隠しに結っちゃ悪いと、いつの昔に誰が決めたか。・・・


まあ、現在では概ね善良な警官が多い中、こんな強者の味方「おいこら警官」も未だにいるようですが、それにしてもひどい話ですな。女工ばかりが損をしてます。真犯人は経営者側の「世話係」、なのに殴られた挙句、警官にまで脅されて・・・。
とんだとばっちりですな。x±x

 *

最後の最後に、女工の怨恨による僅かなる反撃と哀しい結末の例で〆(しめ)ましょう。
こんな事件がありますた。

「妾、今日とても起きられませんのです。済みませんが休ませてください」
お芳は昨夜から熱も高いし、咳も激しく出るので、布団の中から拝むように頼んだ。起こしに来た部屋係は、もう四十に近いと思われるが、赤っ毛を大きな束髪に結って、白粉(おしろい)を濃く塗った若作りの大年増(おおどしま)である。口聞くたびに、ずらりと入れた金歯が毒々しく光る。
「また休むの・・・本当に怠け者だね、なんだいそればかりの咳にさ・・・」
と噛み付くように言いながら、世話係の婦人は矢庭(やにわ)にお芳を引っぱたいた。
「アッ」
お芳はあわてて寝巻きの前を掻き合わせながら、起き上がろうとしたが、力なく突っ伏してしまった。
「おやお前さん、起きないんだね」
「・・・・・・」
お芳は答えなかった。
「ヲイ!」
すると世話係は頭に差していた鉛筆を取って、お芳の肩のあたりをちょいと突いた。
「でも今日は大変苦しいのですもの」
上げた顔は見る形もなくやつれて落ち込んだ両の目は、怨恨(えんこん)に燃えてはいるが、涙はとめどなく頬へ伝わって来る。
「どうぞ休ませてください」
と、お芳はやっと言い切ると、再び布団の上へペタペタと崩れるように倒れてしまった。白い首筋には、暫らく櫛を入れない髪の毛が、ほつれかかっている。世話係が、
「どうしても起きられないのかね、ほんとに強情な人だね・・・」
と言ったかと思うと、お芳は飛び上がった。そして彼女は部屋係の腕にすがりついた。それでなくても寒さに冷え切っているお芳の襟首には、無惨にも冷水が流れている。いつの間にか世話婦の手には、非常用の赤バケツが持たれていた。そして、
「ソラ水をかけると起きられるじゃないか。全くウソツキだネ」
と罵った。
お芳はもう黙って何も言わなかった。そしてただ心の中で、
「どうせ病で死んでいく身体だ。この恨みは晴らしてみせる」
と覚悟を定めたのであった。
それから約一週間ばかり呼び起こされなくとも一人で工場へ行って働いた。お芳はその間に工場で使う鋭利な刃物を持ち出した。
その日は北風が吹いて、明け方から降り出した雪は翌朝も晴れないで工場の屋根も寄宿舎の庭も一面に真っ白くなった。どこからともなく寒い風が雪を運び込んで来る。床の中で眠りもやらず、お芳は来し方を考え、思わずすすり泣きした。
彼女は十二の年に女親に死に別れ慈愛の父親の手一つで十八の五月まではぐくまれたが、父親が世間の好景気熱に浮かされて相場に手を出したが、思うように行かず、一文無しのわびしい生活をするようになったのを見るに見かね僅かな金を借りて会社に雇われ、一年半も働いていたのであったが、元来壮健でない体は栄養不良と過労のためにとうとう病に罹(かか)ったのである―と考えていると。
「おいまた偽病気だね」
と障子の外で世話係の声がした。けれどもお芳は黙って布団をかぶっていた。
「起きないの・・・なんという怠け者だろうネ」
と言いながら、世話係は布団を取ってお芳の顔を覗き込むと同時に、
「きゃっ」
と叫び声を上げた。
世話係の左の眼からは鮮血がほとばしっていた。と、同時にお芳は心臓麻痺で息絶えた・・・。


・・・世話係、やな奴ですね~。`±´
世にも哀れで可哀想な話ですね。x±x

  *

・・・寄宿流れて工場が焼けて、門番コレラで死ねばよい・・・

なんて哀しい唄でしょう・・・。

いかがでしたか?

「女工」たちの痛ましい世界を少しでもお伝えできましたでしょうか。
そんなわけで、もっともっと語りたい所はたくさんありますが、あまり書いてても気が滅入るだけ。x±x

長い間「女工哀史」にお付き合い頂き、ありがとうございました。
m u±u m

オシャマイ。^±^

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

女工哀史2―虐待

「女工哀史2―虐待」  文学のにほひ
さて、今回は女工の虐待例についてコラミます。

♪ピッピドンドンピッピドンドン、子供の虐待・・・←子供の楽隊だってば。^±^ノ

1 懲罰

これは大阪のとある紡績工場、佐賀県から連れてこられた西原イクさんという女工が夜業(夜なべ)の折り居眠りした理由から懲罰を課せられ頭が埋まるほど「篠巻(しのまき=手紡糸の原料)」を持って立たされた。主任は無責任にも彼女に直立を命じておきながら、自分は休憩に出てなかなか帰らない。おイクさんは正直にも重たい篠巻を持って言われるままに服刑していたがその手は自然とたれさがるよりほかに道はないほどだった。するとそこへ休憩時間を倍も過ごしてた主任が帰って来て、
「なんやお前、そんな横着な持ち方して!」
と叱るやいなや、彼女の頬をひとつ殴った。
それでなくてさえ、いい加減疲れてる彼女、強か(したたか)殴られた勢いで体がよろけ、思わず持ってた篠巻を落としてしまった。それの二三本が主任の足へ当たったからさあ大変。一本でも落ちればかなりな痛みがあるうえ、木管の両端は金属で巻いてあるから相当に痛い。
主任は怒った。そしていきなり彼女を突き飛ばした。
その刹那(せつな)、恐ろしい惨劇が起こった。おイクさんが突き飛ばされた所はちょうど機械の廻し根だったので、魔のような歯車は忽ち彼女を噛み殺してしまった。
ところが表向きはいかなる際にでも、彼女自身の過失によって惨死を遂げたのだと伝えられた。


Oh! ナンタルチア! 惨憺(さんたん)たるありさま。すべて主任の手落ちなのに・・・。彼女の過失? ハァ(゚Д゚)? 寝ぼけなさんな・・・ですよね。そもそも眠くなるほど働かせておいて、どこに過失があるというんだっちゅーの!

2 罰金

これは織布部であるが、凡そ(およそ)木綿(もめん)の品を一等から四等までに分け、合格品は一等品だけ。
二等品以下は次のように罰金を取る。

二等品 織り賃二割引
三等品 織り賃半額
四等品 織り賃没収(ボッシュートくん)

これが不可抗力の機械の故障、原材料の粗悪、または前工程の欠陥によっても一切言い訳無しで、それも八〇%も占めている。
それも罰金を徴収する限りでなく、あまつさえ、大きな文字で人前へ掲示されるのであった。古いノートにはこう記されていたとか。

「十二銭。丸酉三等品、七部金山サキノ」
「八銭。丸酉二等品、七部大内コノ」
「二十五銭。三幅二等品、八部本田セキ」
「織賃没収。三幅四等品破れ、九部森田イオキ」

しかしながらまだこれだけではなく、不合格品を織った女工の台の上にその品をさらし、分りやすいように赤旗まで立てる。
工場には持ち受け台といって、頑張ると何台も紡績の台が持てる制度がある。信頼に加えて、すなわち給料も二倍、三倍とアップするのだ。
この台が数台持てたとしても、一等品を作り続けないと(二等品以下のものを作ると)罰として減台させられてしまう。
この減台についての問題はほかのケースもある。場所は東京の某モスリン工場。
ある女工が自由恋愛をして永年貯蓄をした金を一時に使い果たしたのを理由に、四台持ちを三台に減らされたという懲罰もあった・・・。


機械が故障してようが粗悪品の原材料を掴まされようが、四等品を作れば織賃没収・・・人非人のすることですな。これって支配人に折り合いの悪い女工がいた場合、さじ加減ひとつで四等品をわざと彼女に掴ませるなんて事はいくらでも出来ちゃうってわけでしょ?
自由恋愛で減台?・・・ここまで来ると馬鹿馬鹿しすぎの一言に尽きますな。
もうあきれて物も言えないですわ。^±^

3 事故

先の拷問によりまわってる歯車に誤って這(は)入り、命を落とすケースなども然りではあるが、工場の事故は多い。
これは当時ではないが、細井氏の作品でいう所の、少し前の話・・・。
輪具の管揚工はみな少女工の役目だったが、その際、木管を台の下に落とした場合、それを拾うため、または掃除のためにローラーの下へ滑り込まされる。その折、運転でもかかろうものなら隙間の少ない二本のローラーに挟まれ、忽ち命を落としたという・・・。


当然なんですが、こういう管理の杜撰(ずさん)な所だったゆえに、ちょっとした事故は日常茶飯事だったらしいっす。

4 外出禁止

寄宿舎においても縛り(制限)がある。いわゆる門止め。
外出は成績の良好なものに限り、一ヶ月に一回くらいは許され、部屋長、世話婦、舎監(しゃかん)からの検印をもらって門衛所へ行き、そこで木札の門鑑札(もんかんさつ)と伝票を交換して、やっと手続き終了。
もちろん時間は制限されていて、昼夜問わず(夜勤のケースもあるゆえ)10時が関の山。もし規定より五分でも遅れて帰ろうものなら、忽ち刑罰として次の一ヶ月間、本人は閉門(外出禁止)。
さらにどうしてもという用事が出来て、やむを得ず一泊したとするとどうなるか。事はいよいよ大変で、その工の部屋全体が一ヶ月閉門となる。
それから、寄宿舎全体が閉門となるケースもあり、近くで祭りがあるとき、夜店が出るとき、工場内の催し物がある場合は一切門外出入り禁止である。


厳しいにもほどがあるってば。
祭りでの「出入り禁止」はきついな~x±x
なにゆえに? 郷愁(ホームシック)をそそるからか?

5 休暇

外出さえもままならないんだから、まとまった休暇などあるわけもない。
ただし、演芸、遠足等はあった。また一ヶ月に何回か日曜が休み、などというのはある。

演芸は、大体芝居、活動、曲芸、ニワカ?、落語、浪花節など。回数は平均隔週月1回。待遇の悪い所は盆と正月の二回だけっていう所もある。
娯楽場会場はもちろん工場内。場所はピンからキリまであり、専用の建物のある所、食堂や休憩所を使う所までさまざまだ。

休暇といえば、鎮守社。いずれの工場にも守護神として、稲荷その他の神が祀(まつ)られているが、決して信仰的な意味でなく、この休暇には仕事を休んで酒肴料または菓子料を配り余興などして女工たちを慰める。
・・・というよりも、団子のひとつでももらおうものなら、
「会社あればこそ・・・」
どうやら愛社精神を植えつけるためとか。

遠足、これに運動会をやる所もある。

遠足は原則日帰り。大阪ではこれを「運動会」といい、東京では「お花見」と称して、大抵の工場でこれを催す。尤も(もっとも)、全然会社の費用でやる所、毎月若干の会費を積ませてこれに補助金を足して行う所、全く職工の積立金のみによって催す所と三様であるが、いずれにしても大阪は年に春秋二回、東京は一回の標準だ。
大阪からだとせいぜい京都・奈良で、作者の知る所で、伊勢へ一泊した工場が一つだけという。
東京の遠足で弁当を持って行くが、この弁当を得られるのは資格を得て交付された切符引き換え。各自向こうまで下げていかなければならない。その切符はお花見前二週間くらいの精勤者に渡されるという。

実際の運動会をやる所もあるが、糸つむぎ競争、コップ差し競争、篠巻持ち競争、ケンス競技・・・。
何の事はない。どれも工場内で行っているのばかり。x±x
大阪の運動会でこんなのもあった。工場服を並んで着せたまま、おそろいの草履を履かせて道頓堀から千日前へかけて曳き回されたという。
「女工は女工らしく、女工服を着て歩けばたくさん」
っていうのが管理人の鬼の一言。


鎮守社。愛社精神を植えつけるためっていうのは、恩着せがましいっす。
運動会で糸つむぎ競争って、運動会じゃねーだろって! 夢にうなされるだろーなー、こんなに年がら年中糸ばっかりつむいでると・・・。
最後の曳きまわしの遠足。何様なんでしょう、この管理人! 第一、こんなの遠足でもなんでもないし。
女工たちは一目散に脱走しちゃえばいいのに・・・と思うのだが、ダメなんですよね。なぜなら会社からの借金で、里にも帰れないうえに銭もない。なまじ銭があればすぐに脱出するんだろうけどね。

6 借金

たとえば、これは寄宿舎やら下宿で家賃払うケースで、工場でヘマが多いとどうしても給料が少なくなる。
しょうがないから、家賃は借金。で、翌月の給料から差っ引きとなる。
これでは親許へ仕送りどころの話じゃない。x±x


・・・ひどいですね。奴隷以下です。なかには監獄のほうがいいからっていう小唄まであったそうな・・・。

♪かごの鳥より監獄よりも、寄宿住まいはなほ辛い・・・。

さて次回は、その女工の小唄・病気・怨恨をご紹介しま~す。

^±^←さすがにこのマークもあまり出て来ない・・・。

マダマダツヅクノダ~^±^ノ

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

女工哀史1―桎梏

「女工哀史1―桎梏」  文学のにほひ
大正14年5月12日・・・細井和喜蔵氏が一つの書を残しますた・・・。

その名は・・・「女工哀史」!
金の卵といわれた女工。しかし、その実体は・・・。
この作品は高校の時に出会って、ぉぃらの頭をガ~ン!と叩かれた、記憶深い作品です。
細井氏の娘も女工であったんですが、当時の女工たちの不条理な虐待や思想なんぞを、今一度、紐解いてみようて~の。

あ~、ケモノのようなきなくさい、にほひがそこはかとなく充満します・・・。x±x

紡績の工場などの当時の女工たちの桎梏(しっこく)は、まるで漆黒(しっこく)の闇のごとく、這入(はい)ったら一生抜け出られない不自由と不条理のヘドロと化した世界がそこにはあったんですな。

たとえば、募集広告などには補修学校に通えるなど、特典がありそうに書かれてるのだが・・・。

ところがギッチョンチョンタロー、そうはイカのシオカラ、忙しくて学校に通うどころじゃないんだってば。x±x
建前と事実が全然違うんですよね~。
このチラシを持った募集員が田舎を回るんですが、その実例を抜粋しますね。

 *

募集人(以下B) (洋服のポケットから刷り物を出してたま子の父と語る)これを御覧なさい。これが私の会社で出している新聞です。―何分、会社は大きいのですからね、こんな新聞まで独力で発行する力があるのです。
父 (感心して)ははあ・・・大したもんですなあ。
たま子(以下た) (横合いから)お父あん、それなあに・・・。
B (なるべくたま子の挑発心をそそるよう)まあ、それよりか、此方(こちら)の絵を御覧なさい。―これが会社の一部を写真に撮ったものです。(たま子に絵葉書を示して説明)そうれご覧、これが会社のお庭です。これが運動場、これが食堂・・・これが娯楽場、これが浴場、これが休憩所。―それからこれが工場の主だった所ですよ。織布部、精紡室・・・どこも皆機械ばかりでしょう。人間の手でするようなヘマな仕事は皆目ないのです。何分糸をつなぐまで機械でするのだから仕事といったってただ側に遊んでいて時々機械の世話さえしてやりゃいいのです。そりゃ楽ですよ。
た 其方(そちら)に、まだありますのは?
B よろしいともみんな見せてあげましょう。(もったいぶって別なのを示し)さあ・・・どうです姉ちゃん。これが会社の学校ですよ。会社にはね、ちゃんと尋常1年生から高等女学校まであるのです。そうしてこの学校へは女工さんであれば何時でも入れて、本も筆も紙も絵の具も、何から何まで一切合財会社から出してもらって勉強が出来るのです。―そうれご覧、これが学校付属の大広間で裁縫や作法、生け花、お茶、お琴といったものを何でも習う部屋なのです。・・・何しろあんた先生の数でも何十人ちゅうているのです。
父 へぇ・・・。聞けば聞くほどえらいもんですなあ・・・。
B (心のうちで赤い舌をペロリと出し、折りしも戸外から帰って来た妹に一円紙幣を与え)お妹御ですな? かわいらしい娘だ。これでリボンでも買ってお差しなさい。
父 (感動して)まあまあ、そんな大層なことをしてもらっては・・・はや気の毒千万です。
B なあに、よろしいよろしい。ほんの心だけですよ。・・・ところでお父あん、一つどうでしょう。娘さんを三年ほど貸してもらえますまいか?(たま子に)姉ちゃん、大阪の会社へ遊びに来ませんか? 都はいい所ですよ―芝居や活動(映画)は毎日やられるし、ちょっとそこまで出るにも乗り物があるし、菓子やそのほかうまいものはたくさん売っているし、美しい着物はあるしねえ。・・・
た お父あん! わしも行きたいなあ・・・。どうぞ大阪の会社にやっておくれよ。

この間、会社に入れば嫁入りに六年も辛抱すれば千円のお金をつかめるとか、嫁入り道具をそろえられるとか、垂涎(すいぜん=よだれ)の出るような言葉を浴びせます。

B ところでお父あん、支度金という名目で、入用なら会社から金が借りられますが五十円くらい給金の前借してはどうです? また会社までの交通費は会社が持ちますよ。・・・
父 た どうぞよろしくお頼み申します。


 *

いかがですか? 慇懃無礼(いんぎんぶれい)な募集人の、巧言令色に仕組んだ罠がたくさんありましたな。
運動場、浴室、娯楽場・・・おいしいとこばっかじゃんかよ~`±´!
時々機械の世話・・・なんて会社はきょうびだってないわい!
映画がたくさんある、ってそりゃ町にはたくさんあるさ! 問題はその工場から外へ出してもらえるかだってーの!

一生抜け出られない敷石(しきいし)が既にあります。x±x
妹に与えたリボン代、支度金五十円も、悉(ことごと)く娘の借金です。交通費も娘の借金。こんなのはまだ序の口で、身に覚えのない借金もあれば、それこそヘマをしたら罰金、1回休んだら大幅減給と工場側は女工に桎梏(手かせ足かせ)をはめ放題。もう一生出られません。仮に逃げても会社から借金してるので、家にも戻れません。おまけに工場は過労死・虐待死ばかりでなく、伝染病も多いので長生きは出来ない・・・従って甘い蜜を使ってどんどん募集する、なんて悪循環だったわけですね。
ひどい話です。x±x

もちろん、現在はこんなのがあったら完全に労働基準法違反ですよね。
まあ、名を変え品を変え、法の網を潜り抜けるような不当労働が現在でも多かれ少なかれあるのかもなんですが。

まさしく、前門の虎、後門の狼・・・逃げ出すにもにっちもさっちもいかない。逃げ出せばリンチ、かといってそこにいれば虐待。
そうでなくても、会社・管理者側から理不尽に掣肘(せいちゅう)され・・・。

ど~スりゃいいんですかぃ。(゚Д゚)ノ

それでは次回に続きます・・・。
次回は虐待の実例です。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

世バレ・ポーランド戦

今日のポーランド戦は、久々に、日本に活気が戻ってきたような試合でした。

といっても、ストレートで勝つに越したことはありませんが。

第1セット
序盤こそ苦しんだものの、徐々にエンジンがかかって来ました。ただ、中盤、いとも簡単に5ポイントを取られて19-19から逆転されたのはまだ本調子でない証明かも。
それでもところどころ光るSHIN(高橋みゆき選手)の動き、それから杉山祥子選手のブロックなど、強さも光りました。
これだったら台北戦にも勝てたのにと思うと、ちょっと悔しかったりして。x±x
最後は杉山選手のブロックで25-22で、日本の勝ち。^±^ノ

第2セット
本日の見所といえば、このセットに尽きます。
まず、序盤から、サオリン(木村沙織選手)、ERICA(荒木絵里香選手)が復調の兆し。得点の動きそのものより、ここの選手の動きが良かったです。
それにしても第2セットといえば、日本にとっては鬼門。
ここをしっかり取れれば勝てるなと思いました。
12-12から日本は逆転したものの、その後再逆転されるものの、23点、25点としつこく食い下がり、ついに27点目。
ここで逆にセットカウントが日本に!(゜∀゜)ノ!☆
そして、とうとう、30-28で日本がこのセットをとりました。^-^*
なんと、30-28ですよ~奥さん!^±^ノ

第3セット
どうやら、パワーはポーランド、テクニックは日本にあるようです。
この流れは止まらないだろう!
・・・確信してたのに。x±x
ポーランドもかなりしぶとい。
そしてクロレッツ、いや、ポドレッツ選手・・・。巧み。
このセットはポーランドの粘りに根負け。20点目で逆転されてしまう。
結局、26-28。日本の負け。x±x

第4セット
3セット目を取られても落ち着いているのがよかったようで・・・。
逆にポーランドは乱れてる・・・。
疲れきってると見たぞ!^±^ノ
ここでは安心して見ていられました。
ポーランドが攻めても、次が続かないから。
この大会の中で、一番楽だったかも・・・。
最後は25-18でポーランドは力尽きまして、日本の勝ち。^±^ノ

日本勝ちました~。

ニッポン、チャチャチャ・・・^±^ノ
さあ、まだ次の試合ですよ~。
集中です。^±^
日本での大会ですから、決勝に行かなくては・・・ね。

テーマ : スポーツへの純粋な想い
ジャンル : スポーツ

全日本駅伝

今朝は全日本駅伝がありました。

優勝は駒澤大学
やっぱり粒ぞろいといいますか、強いです。^±^

それから特筆すべきは、山梨学院大学のモグス選手ですか。

・・・いい走りといいますか、余裕がありますね。

1位駒澤大学
2位日本大学
3位中央大学
4位順天堂大学
5位山梨学院大学
6位日本体育大学

ここまでが、シードです。^±^ノ
おめでとうございます。
その他のスポーツ05

・・・ぉぃらの出身大学は・・・あえて控えさせていただこう・・・。
そう、あの緑の・・・。

かつてのマラソンの代名詞ともいわれる大学が、11位はないよな~x±x

・・・最近、弱いんだぉね~。^±^

テーマ : スポーツへの純粋な想い
ジャンル : スポーツ

世バレ・韓国戦

世界バレー韓国戦、今日が天王山ですね。
勝てば2次予選突破、でも負ければ予選落ちもありうる、ぎりぎりの試合でした。

第1セット
日本はリードし、幸先いいかと思いますが、韓国にミスが多かったですね。
25-21で日本の勝ち。^±^ノ

第2セット
ところが第1セットとは逆に常に韓国がリード。韓国は流れに乗ると怖いですね。キム・ヨンギョム選手はさすがMVPだけあるな~と。
21-25で韓国の勝ち。x±x

第3セット
このセットは見ものでしたね。^±^ノ
竹下選手のサービスエース、韓国のミスから日本が先攻し、いきなり3連続ポイントをとるも、5点目で追いつかれ一時は逆転。
その後、追いつ追われつの攻防でありましたが、それを制したのは日本。
ニッポン、チャチャチャ・・・^±^ノ
最後は、SHINこと高橋みゆき選手が決めて終了! 25-21で日本。^±^ノ

第4セット
それにしても竹下佳江選手は体は小さいのにものすごいパワーがありますよね。^±^
韓国からの難しいボールをよく拾う・・・。
それに、トスが職人芸ですよね。^-^*
第4セットの前半は、6-8から13-18と、一時はこのまま負けるかと思った・・・が、この5点差からねばり、18-18に。そして、その後も、18-20と離されそうになるが22点目でついに逆転。
試合はそのまま大逆転で、25-22で日本の勝ち。^±^ノ

試合終了。

韓国と日本とはいい試合が多いんですが、それにしても、夏の大会に比べると、あまり強さを感じられないのは、ナニユエニ?

まず、大山加奈選手はいてほしいですね。
サプライズがありますからね。
そういえば、前回の夏の韓国戦は落合真理選手が活躍したんです。
今まで苦労して、表舞台で勝っただけに、あの時は涙・・・涙ですたね。^±^ノ

まだ、ERICA(荒木絵里香選手)やサオリン(木村沙織選手)が夏に比べて、まだまだ、本調子ではない気がしますね。

かわりに、小山修加選手が元気いいです。
ツボにはまればビシバシ決められますね。^±^ノ = ○

また、杉山選手が出てきた効果はありましたね。

あすはポーランドか・・・。^±^
これも勝たないと、次の戦いで苦しくなるな・・・。
そのくらい、台北に負けたのは、痛いのだ。x±x

テーマ : スポーツへの純粋な想い
ジャンル : スポーツ

駄菓子屋って、もーナンスカ!(愉しみ編)

駄菓子屋、ナンスカ(再)

くじ、ナンスカ? 9等当たった~ッス。普通なら「カランカラン~大当たり」ッス! …でも景品がセルロイドのコマって、ナンスカ? 「9等~35等、コマ…」ってナンスカ? ひとけたなのにぃ~…ッス。恨むッス! おかげで赤、青、黄、緑、紫、ピンク…すべてのセルロイドコマ、集めちゃったッスから! 残念ッス!

ブロマイド、ナンスカ! アイドルのブロマイドが欲しいのに、演歌歌手って、ナンスカ? 欲しくないッス! 欲しくないッスよ!
ナンスカマンも麻丘めぐみのブロマイドが欲しかったのに藤正樹…って、ナンスカ! 第一紫色の学ランって、ナンスカ? ありえねぇ~ッス! 気を取り直した挙句「ピンカラ兄弟」って、ナンスカ! ブロマイドの対象ッスか? 失礼ッスけど・・・。

ウイスパーカードもナンスカね~! 「あなただけ…」って所詮買った人全員だろッス! それに今「あなただけ…」なんて言ったら、「振り込め詐欺」と間違えられるッスよ! 余計なお世話かもしれないッスけど。大体、ウイスパー(囁く)しなくもいいッスから。堂々しゃべれ!…ッス!

野球スナックを買ったカードが衣笠選手、悔しくてもう一度買った結果が衣笠選手、ナンスカ? 「衣笠去ってもう一衣笠…」ってナンスカ? いぶし銀は認めるッスけど、いぶされすぎるのもなんだかなあ…ッス。

紙石鹸、ナンスカ? 女の子の絵ばっかりッスね。紙石鹸はたしかにいい香りッス。けどもったいなくて使えないッス。特に女の子からもらって、「私があげた紙石鹸、どうしたの?」って言われると、バレンタインデーにもらったチョコよりもプレッシャーがかかったものッス。…まあ、チョコもらえなかったから、見栄ッスけど…、ナンスカナンスカ、も~!

軍人将棋、ナンスカね~。黄色とオレンジって、御茶ノ水駅ッスか? 総武線と中央線ッスか? 大阪なら大阪環状線と桜島線ッスか? 西九条ッスか? でもマスの境界線の入口での地雷はあまりにも卑怯ッスよ!

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : ライフ

駄菓子屋って、もーナンスカ?(食い物編)

駄菓子屋って、ナンスカね~?

あんこ玉、ナンスカ? 「当たる」率は高いッスけど、当たり、当たり、…(略)…そんなに当たってもまとめて食べられないッス。いくら飽食の時代っていっても…ッス。だってキナコ&あんこッスよ!

サクラモチ、ナンスカ! プラスチックの入れ物に四角い桃色の餅風のざらざらしたゼリー?…ッスか? コメントしにくいッスよ。歯にくっつきやすいッスよ! ツマヨウジもすぐ折れるッスよ!! モチの固さにツマヨウジが負けてるッス!

アンズ、ナンスカ。棒アンズ、串アンズ、袋入りのアンズ、味はまっっっっったく同じッス。でも、棒アンズだけ特別なのはナンスカね~。冷蔵庫で冷やせる分、ちょっとだけ得意気ナンスよね~

ラーメン太郎、ラーメンばばあ…10円ラーメンってナンスカ。 んまいッス! ナンスカマン、10円ラーメンのかわりに即席ラーメンを生でかじったことあるッスけど、見事に下痢しましたッス!←ネズミか?

マンボ、ナンスカ! 赤、青、黄色、ピンク、緑…色とりどりの原色のビニールに巻かれてるから、さぞかしいろんな味があるッスね~、って期待させといて…ンモ~、味はぜ~んぶハッカッス! 同じ味ッス!

棒ゼリー、ナンスカ? なんであんなに力を入れて吸わなきゃならんのッスか? 長い棒のゼリーを欲張って買うと、えてしてほっぺたが痛くなるッス! それにしても着色料の色が毒々しかったッス。でも…

試験管風の怪しい駄菓子、極めつけのナンスカ! 試験管の形をした、怪しい駄菓子があったッス。「着色料の巣窟」といわんばかりの毒々しいショッキングピンク色(オレンジ・青水色もあった?と思う)でしかも味も「味覚音痴へようこそ」といわんばかりのわけわからん味だったッス。すっぱいような、甘いような、しまいには舌がピリピリしたッス。ナンスカマン、これ食べて高熱を発したッス。翌日学校を休んだッス。危険駄菓子ッス! 怪しいッスよもー!
リトマス試験紙では酸性反応しそうな駄菓子ッス。

シガレットチョコ、ナンスカ! タバコっぽいのは紺色の箱だけじゃないッスか! 味だってチョコじゃないッス。「チョコもどき」ッス。ハッカがちょっときついッスよ。シガレットもなんか体温計を咥えてるみたいッス。

ひもで引くイチゴキャンディーくじ、…ナンスカ? くじのひもを少しずつ引っ張って大きいイチゴを導き出そうとしたら、駄菓子屋のばあちゃんに怒られたッス。「あ、これ。大きいイチゴが動いた」…この姑息さは誰に似たんスカね~

ミルクせんべい&梅ジャム、ナンスカ? いいコンビッスね。梅ジャムが売り切れてミルクせんべいだけだったとき、惨めな気持ちになったッス。 歯につくだけで味がしないッス。のども渇くッス! ンガ~ッス!

錠剤みたいなコーラ、ナンスカも~! 作り方のとおりコップに水を入れてコーラの錠剤を入れても薄いッス。おばあちゃんが嫁に「この味噌汁、うしゅいね~」って嫌味を言うほど薄いッス! かといってそのまま口に入れてもまずいッス。もはやコーラの味じゃないッスよも~! 口の中でただただシュワシュワするだけッスよ。

スモモ、ナンスカ? プラスチックの入れ物、あけづらいッス。力任せにあけようとすると、真っ赤な汁が全部飛び散るッス。歯で少しこじ開けて最初に汁だけ吸って、最後に歯を缶切り代わりにし、スモモを取り出して食べるッス。まるで吸血鬼ッス!

10円ヨーグルト、ナンスカ! 最後のひとかきで木のへらが容器の隅までうまくすくえないッス! へらを半分に折るとほとんど口に入らないし…ッス。結局、人差し指を使う羽目になるッス

あと、駄菓子ではないけど、キャラメルに似たチューレット、何処へ消えたッスか?
ヌガーなんてのもあったッスね。ナンスカナンスカ!

テーマ : どうでもいいこと
ジャンル : ライフ

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    10 | 2006/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部