FC2ブログ

かさぶた3

かさぶたは、それぞれその中心に黒くまん丸の直径1ミリ位の胡麻のような点(実はそこが傷口部分なのだが)がついていて、まるで蛙の卵のようだった。彼らは余りにも小さすぎて、爪の間から取るに取れず、困った。
然し、僕はコンパスの針先のような。尖鋭(せんえい)なもので彼らを取るのにはとても気分が優れなかったし、第一、今は肉体のショックよりも精神的ショックの方が遥かに大きかったので放っておいてしまった。
僕とかさぶたとの初対面は、こうして懺悔の中で交わされた。だが、若しも僕が頑なに先生の忠告を守り通していたならば、多分別の怪我か何かでかさぶたは出来たのだろうが、こんなにも澱んだ(よどんだ)気持ちで彼を迎えることは一切合財無かったであろう。

翌日、右手の指先を見るとかさぶた共は何処かへ旅に出たらしく、彼らの姿は何処にも見当たらなかった。
一体全体何処に旅に出たのだろう。
風呂に入るのも禁止だったというのに…。
小説1-2(かさぶた)

  *  

三日程すると、再び傷口にかさぶたが出来た。どうやら黴菌は入らなかったらしい。僕は嬉しくなった。然し、その嬉しさはすぐに怒りへと変わった。
――先生が嘘をつかれた!
今になって思うと、真に勝手でひとりよがりな思い込みだったとつくづく感じるが、当時の僕の視野は、大袈裟に言えば針の穴から巷間(こうかん)を覗くように、見るもの全てが大きく、聞くもの全てが新しかった。僕にとって先生は、見覚えや聞き覚えのない新しいことを教えて下さる、所謂(いわゆる)カリスマ的存在だったのは間違いないのであって、神は決して嘘はつかれない、と僕が子供心ながら信じていたと同様、先生に対しても、決して嘘をつかれないのだ、と思い込んでいたのだ。
その先生が嘘をつかれた…。
僕は、ある意味では、我儘な少年だったかと思う。勝手に先生をカリスマに奉り、神話が崩れると勝手に先生を恨むのだから。
然るに、僕が三日間、本当に死ぬのではなかろうか――と、真剣に苦悩していたのも真実だった。
この期を境にして、僕が先生をカリスマに奉る気持ちは消えてしまった。
僕は無性にかさぶたを毟りたくなった。
BCGの傷跡を掻いても、ほら、黴菌も入らなかったし死ななかったのだから、という気持ちが芽生えて(はえて)いたから。詰まり、僕がかさぶたを毟るという行為によって、先生は絶対的な存在ではない、という事実がわかるような気がしたのだ。
それでも最初は、先生に申し訳ない、本当に申し訳ない、と心の片隅で思っていた。もしかして僕はたまたま死ななかったのではなかろうか、という恐怖感が頭に、あった。
だが僕は、変に意固地な部分を持っていた。
かさぶたを毟ることによって先生に対しての「絶対神」が消える、かさぶたを毟るのをここでやめたら「元の木阿弥」でまた先生に服従してしまうのだろう、とも考えた。僕は決して「いい子」ではない、と思いながら、思い切って行動に移した。

かさぶたは全部で十八枚。それを上からこまめに毟って行く。毟られたかさぶたは僕の机上(きじょう)に乗せた。そして十八枚のかさぶたを毟り終える頃、母が飛んで来て、よしなさい!、と強い口調で僕を叱った。
「やめなさい、かさぶたを毟るのは。ほら、腕を見てみなさい。血や膿が出て汚いでしょ!」
見ると、掻き毟った痕の一部からは、赤黒い血やら「、透明で粘ついた膿やらがどくどくと流出していた。
「しょうがない子ね」
と言って、母は僕の腕に濡れたガーゼを充ててくれた。
然し、僕にとってこの行為は、大変に気持ち良い、即ち、ただの快楽から恍惚(エクスタシー)に変化して行っていた。最初の懺悔の心は何処かへと消去され、快楽のみが心中を占拠し始め、いつしか、僕は麻薬中毒を起こす患者と同様、かさぶた毟りが病み付きになり、止められなくなりつつあった。
僕はその時、「服従」という心のかさぶたも毟りたかったのかも知れない。この行為は、先生の言いつけを遵守(じゅんしゅ)するのに辟易(へきえき)し始めた「初体験」でもあった。
それにしても、僕の欲求は次から次へと泉の如く湧き出て来て、止まらなかった。欲求が満たされると今度は新たなフラストレーションが生じて来る。
僕は突然、かさぶたとはどういう味がするのか、食べてみたくなった。
それが他人の所有物だと、とてもでないが口にしたくないが、元々自分の身から出たものと考えれば、然も肌の内面から生まれたものだと思うと、断じて汚いものではないと判断し、勝手な見解を以て、チリ紙の上に転がっていた彼らを、予め唾でべとつかせた人差指でくっ付け、纏めて口に入れてみた。

(つづく)
スポンサーサイト



テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    11 | 2006/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部