FC2ブログ

かさぶた5

 *  

「おい、どうしたんだ?」
先生は細かい事情を僕に訊こうとした。
「…な、何でも、ありません!」
僕が口を閉ざすと、H君が、
「あの、先生。T君の腕、凄い血だらけなんです」
先生に言ってしまった。先生は、
「うん? どうした、T!その腕、見せてみろ」
先生に言われて僕は観念してしまった。そっと左腕から右手を放した。とうとう問題の傷が暴露されてしまった。
「わぁ、凄い」
「酷い」
人垣から、一段と大きなどよめきが沸きあがった。
中には、
「保健室に連れてった方がいいよ」
という生徒まで居た。
――それ程大変なことでもないのになぁ…
そう思いながら、僕は満更でもない気持ちだった。刹那的(せつなてき)でもヒーローになった気分だった。悲劇のヒーローでも、僕の心の中で「ナルシスト」の自分が現われた瞬間だった。
――見てくれ、この痛々しい傷を!
何ゆえそうなったか、誰がその傷を拵えた(こしらえた)か、一切関知せず、いつしか傷を見せびらかせていた。
僕が傷口を凝視する、次の瞬間迄は。
小説1-2(かさぶた)

「T、その腕…」
体育の先生の顔が引き攣っていた。
「その腕、酷いぞ! よく見てみろ!」
先生の言われるがままに僕は先刻手を振った腕を見て、その凄まじさに、顔面蒼白になった。
かさぶたを毟っていた後、H君と揉めてるうちに礫(こいし)に躓き(つまづき)、その後がいけなかった。夢中になって気付かなかった。躓いた先の垣根の薔薇(ばら)の棘(とげ)が丁度かさぶたを引っ掻いて、傷は自分が想像していた以上に余程大きく、尚且つ酷くなっていた。
僕の腕は、先刻手で押さえていたので血液も右の掌の中で留まっていたのだが手が離れた瞬間、堤防決壊のように血が溢れ、どんどこ流れ出ていた。
大袈裟な位、血色に染まった僕の腕。傷口からは何本も出血した形跡あり。そのまま凝固した血も僅かにあるが、腕から2~3センチほど流れた血の形跡、5~6センチも流れた血の形跡、傷口からなおもどくどくと出続けている血、膿が流れ出た形跡、腕上はまさに大惨状のアートを描いていたのだった。
そして押さえていた右手の掌も血のりで一面が赤茶けていた。

矢庭に視線を反らし、手を引っ込めた。
もうヒーローどころではなかった。
「保健室に、連れてった方がいい」
「そうだ、そうだ」
「おーい、Kさーん!」
人垣の声が僕を保健室へと誘い込むのだ。僕は逃げ腰になったが保健委員のKさんを呼ばれては、もう観念するしかなかった。進退窮まれりだった。
気付けばこの騒ぎでクラス全員集まってしまっていた。
Kさんは心配そうな声で、優しく、
「大丈夫?」
と言いながら駆け寄って来た。保健委員を務めるKさんはクラスで一番の美人で優しい人気者だった。円ら(つぶら)で大きな二重瞼(ふたえまぶた)の瞳と、長い黒髪…僕も彼女に憧憬れて(あこがれて)いた。
「…う、うん…平気」
僕はこの場では「平気な振り」と、それに相対する「痛い振り」との両方を演じざるを得なかった。右手で再び腕を押さえながら、保健室に向かった。
途中、Kさんは、
「どうしてこうなったの?」
と訊ねたが、僕にとってはこの上なく厳しく残酷な質問だった。Kさんのこの質問は、自分の腕を見た瞬間、ずきずきと急に痛み出した傷口よりも遥かに痛かった。多分彼女は保健室の先生に事情を説明しなくてはならないから訊いたのだろうけど、返事に窮した。
「…そ、それはァ、そのォ…」
そんな僕のどうしても言えない事情を斟酌(しんしゃく)して呉れたのか、彼女はそれ以上僕に訊き出す事はなかった。
それにしても自分自身の出血には驚いた。が、それがまさか自分の蒔いた種でこの惨事に発展したとは、殊更(ことさら)、Kさんには言えなかった。
Kさんには、大丈夫だよ、保健室には一人で行けるよ、とも言いたかった。然し、何人もの人垣が出来てしまった以上、Kさんの立場も考えてそれは言えなかった。

保健室への道のりは、忘れてしまった。
が、憧憬(あこがれ)のKさんが付き添って呉れてるという嬉しい気持ちと、保健室に着いて一刻も早く干渉から解かれたい気持ちとが複雑に交錯したのだけは憶えて(おぼえて)いる。

(つづく)
スポンサーサイト



テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    12 | 2007/01 | 02
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部