FC2ブログ

トパーズ色のバラード

とにもかくにも、ジャイアンの前座を。^±^;
どうせつなぎ役のくせに!(゚Д゚)ノx±x
「ネタの合間のつなぎ役」・・・このパターン、今後おなじみになりそう。^±^;
ネタのないときのぉぃらの歌って・・・。^±^
てか、出来れば歌わないでくれよな!(゚Д゚)ノx±x
余興のようなものだからな!(゚Д゚)ノx±x
そういうわけでございまして、詞・曲/ぉぃらです。^±^←どういうわけだぉ
 
 
トパーズ色のバラード 
 
 
波打ち際を 君と 肩寄せ歩くよ 
トパーズ色した夕映えに 少しセンチになりながら 
 
賑やかな夏は まるで 引き潮のように 
思い出だけを残したまま 消えていってしまったよ 
 
一足遅れだったんだね 愛と気付いたのが 
いいさ僕は 君のことを 決して忘れないから 
 
潮風になびく 君の 長い髪がなんだか 
淋しそうに囁いてる 「楽しい夏をありがとう」
 
 
ありがとう…。君のおかげで素直な僕を見つめることが出来たよ。
この次、恋をするなら、また君のような女の子に、巡り会いたいな…
  
 
焼けた砂地のような恋は 秋には冷めてゆく 
だから僕は 胸の奥に 君をしまっておこう 
 
トパーズ色の 貝を 君は見つけた 
「この夕陽と同じ色だね ふたりの証(あかし)にしようよ」
 
 

 

誰も歌ってくれないってば!(゚Д゚)ノx±xノφ
台詞もくさいなあ。(゚Д゚)ノx±xノφ・・・別ニイイダロ?
あ~。でも、海の画像がないなあ。+±+…アルバムをひっくり返しても20枚しかなかったし
埼玉だからしょうがなかんべや。x±x ←それにしたって、写真なさすぎだってば


トパーズ色のバラード。^±^ノ


てなわけでございやした・・・と、しめたところで。^±^
どうせぉぃらの歌は余興ですようーだ。^±^

余興の「ようなもの」と言っただろっ!(゚Д゚)ノx±x
まだ余興にもなってねえんだぉ!(゚Д゚)ノx±x
芋洗坂係長さんに真の余興を教えてもらえ、だってば!(゚Д゚)ノx±x

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

男子スケートで初メダル

冬季オリンピックがカナダ・バンクーバーで開催されています。^±^

でもって、ついにやりました。^±^ノ

おめでとうございます。^±^ノ

^±^ノ(^o^)丿^±^ノ(^o^)丿^±^ノニッポン、チャチャチャ・・・

スピードスケート男子500メートルで銀・銅メダルです。^±^ノ
しかも金メダルの韓国のモ・テボム選手も、韓国では注目されなかった選手なのですからすごいっす。とにかく1位から4位まで、全部アジアです。これもすごいです。

しかし、サプライズでした。まさか男子のスピードスケートでメダルを取るとは思ってもいませんでした。
で、長島選手の銀メダルにいたってはさらにびっくりで嬉しかったのでした。下馬評でもメダルは加藤選手か及川選手かのどちらかではないかというのが大方の見解でしたからね。
しかも、メダルは女子のほうが取れるんじゃないかとも思ってましたから、明日のスピード・スケート女子500メートルも期待が大ですね。

大会前、清水宏保選手が代表に入れなかったのは、清水選手の調子でなく、単に層が厚かったっていう事であったのですね。

ではまずは、銀メダルを取った長島圭一郎選手から。
スケートのゴールを決めてからすっころんでしまい、その状態で二度三度、手を天に突き出してガッツポーズしてました。
嬉しさがにじみ出てましたね。^±^ノ
1本目は多少硬さがあったそうなんですが、2本目では、「ダメならこの競技が最後になるかもしれないので、これが泣いても笑っても最後だから思い切り滑ろう」と思ったそうです。確かに27歳。今が一番というより、力が蓄えられた年令ですからね。
それであの滑り。最後のほうでコースが膨らまなかったら、金メダルだったかもしれませんでしたが、1分9秒98。
充分すぎるほど充分な走りです。^±^ノ

2本目のスタート、よかったです。
追加バンクーバー男子スケート1
長島選手、ゴールの瞬間は嬉しかっただろうなあ。^±^

しかし、2本目の最後で、長島選手以上に飛び出しがよかったのが加藤条治選手でした。
一時期は、「すわ、金メダルか?」と思ったほどです。1分10秒01。
堂々たる記録です。
追加バンクーバー男子スケート2
加藤選手本人は悔しそうでしたが、いやいや立派な記録です。堂々と胸を張ればいいです。一時期は清水選手の持っていた世界記録を塗り替えたことがありましたが、その片鱗を充分に見せてくださいました。
感謝です。^±^ノ

さて、明日は女子のスピードスケートですね。
これまた楽しみです。^±^ノ


さて、今日のメダルは?
長島圭一郎選手=銀
加藤条治選手=銅


これで、メダル総数は?

金0個

銀1個
長島圭一郎(男子スピードスケート500メートル)

銅1個
加藤条治(男子スピードスケート500メートル)

(2月15日=日本時間2月16日現在)

テーマ : ちょっと聞いて
ジャンル : ブログ

永源寺で雪割草が咲きました・・・^±^ノ

2月14日、永源寺雪割草が咲きました・・・^±^ノ
正確にはミスミソウといいますがね。^±^
では、とくとごらんあれ~。^±^ノ

まず最初は梅です。
ウメ。バラ科、サクラ属。梅。
植物29-1
立派に咲いておりました。

そして、お待たせいたしました。^±^ノ
ミスミソウ(ユキワリソウ)。キンポウゲ科、ミスミソウ属。三角草(雪割草)。
植物29-2
葉っぱが三角形に近く、3裂なのが特徴ですね。^±^

福寿草、雪割草、それぞれ数枚アップしてますので、お楽しみくださいね。^±^ノ
植物29-3

そして福寿草も。
フクジュソウ。キンポウゲ科、フクジュソウ属。福寿草。
植物29-4
土から花だけ顔を出してるのは、相変わらずです。

まだまだ続きますよ。雪割草(三角草)。
植物29-5
三角草は、にきび、気管支炎、痛風などの治療にも使われます。

もう、春ですね。^±^ノ
植物29-6
ミスミソウの近隣種にスハマソウがあります。
ミスミソウは葉っぱが三角、スハマソウ(州浜草)は葉っぱが丸いといわれてます。さらに毛の多い、ケスハマソウというのもあります。
ミスミソウもスハマソウも見分け方が難しいそうです。
この写真の通り、ミスミソウでも葉っぱが丸っぽい三角のがあったり、それぞれの「中間種」のような種類が出来ているのでなんともいえません。詳しく調べるには染色体まで調べないと線引きが出来ないそうです。
そこで、植物学者の中には、分類の必要はないという方もいるくらいで、区別しない方もいらっしゃるようです。

福寿草と雪割草。
植物29-7

白と紫の雪割草です。
植物29-8

紫の花。
植物29-9

白い花。
植物29-10

最後に、福寿草です。
植物29-11

いかがでしたか?
ご堪能されましたか?^±^ノ・・・ジャーネー

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

モーグルは大健闘

冬季オリンピックがカナダ・バンクーバーで開催されています。^±^

メダルこそ逃したものの、モーグルは大健闘でしょう。^±^ノ

入賞が2人出ましたからね。
モーグル団体、作ってくれたらメダルは確実なんですがね。^±^ノ・・・銅メダルですが
惜しい。実に惜しい。^±^
JOC、こうなったら「モーグル団体を作ってくれなかったらオリンピックの費用出さないよ」って、ごねちゃえごねちゃえ~(メダル0に終わったら日本の人気がやばいですもん)。
ゴネチャエ、ゴネチャエ~。^±^ノ←ごねるなよ

上村愛子選手の4位は、最近の世界大会で燻って(くすぶって)いたものの今回のオリンピックで、近年で一番いい成績を残せたと思います。
スピード、安定性共に、ほかの日本の選手とはまだひとまわりもふたまわりも違います。圧倒的に凌駕(りょうが)しています。貫禄の差でしょうか?
しかし如何せん外国との差はありますね。僅か、1ポイントの差・・・。でもこれが一生越えられない壁なんですよね。こればかりはしょうがないです。だけど選手も人の子。転倒することもあるわけで、そこがわからないところです。
しかし、なんちゅうジレンマ。6位、5位、4位。順位も一段ずつ上がるとは。

思わぬ健闘は8位入賞の村田愛里咲(むらたありさ)選手でしょうね。^±^ノ
まだ19歳の学生です。なのに堂々とした演技。今後伸びそうです。
決勝でのタイムも、もう少しで30秒を切る所でした。課題は、まずはいかなる状況でも30秒(出来れば28秒)を切れる安定したスピードでしょうけど、これを克服すれば今後の活躍は上村選手以上に面白いかもしれませんよ。これがなかなか難しいんですけどね。注目したい選手です。
とにかく、これでスピードと緻密(ちみつ)さとが備われば、鬼に金棒です。^±^ノ
緻密さ?(゚Д゚)ノ

♪ハーチミツキンカンノドアメ・・・φ^±^ノ

ふざけんな!(゚Д゚)ノx±x
ぉまぃはえなり君か!(゚Д゚)ノx±x
「はちみつキンカンのど飴」はいいんだってば!(゚Д゚)ノx±x…苦しい洒落

それから伊藤みき選手もまだ学生、頑張りました。
今後、村田選手と伊藤選手は切磋琢磨していくのでしょうね。
ノーマルヒルジャンプと違って、世代交代はうまくできたので、次回のモーグルの日本のメダル争いはちょっと面白くなるかもしれないです。
里谷選手も決勝で転倒するも、最下位でなかったわけだし。^±^
なんと言っても、全員決勝進出だけでもすごいです。^±^ノ

メダルを取らなくも、夏のオリンピックのカヤックのように、複数入賞など、感動させたり健闘したりすれば、コラムを書きたくなりますね。

さて、現在スノーボードの國母選手の問題が取り沙汰されてますが、彼のいる大学に、「殺すぞ!」とか「帰るな!」とメールをしてる人がいるようです。だけど、そういう行為もまた「同じ穴の狢(むじな)」か、寧ろそれ以下の、もっと最低で劣悪で非道な人間だと思うのですが・・・。
第一、それ以前の問題として、まず大学には責任がないわけだし、それを大学に向けて汚く罵る(ののしる)のはお門違いだと思いますが。
なんか、國母選手の行為より、そっちのほうがもっと見苦しいや。^±^;

確かに、國母選手の態度はまずかったけど、人間、腹の据えかねることや過ちだって誰しもあるもの・・・。それを、いつまでも、鬼の首を取ったように、取り返しがつかないぞと言わんばかりに呵責(かしゃく)し続けるのもどうなんでしょうか・・・。ましてや、何度も過ちを繰り返してるって訳でもないわけで・・・。
それを言うなら、元横綱はもっと乱暴、狼藉(ろうぜき)ではなかったでしたか?
マスコミも舌打ちをされたからといってこぞって目くじらを立てて問題視しすぎると、「器の小ささ」を露呈しますよ。
まあ、マスコミの器の小ささは、今にこしたことはないですがね。^±^・・・ハイエナだもの
それに、これでメダルでも取ったなら掌を返すんでしょ?どうせ・・・。^±^・・・しらじらしい
白々しいのも今に限ったことではないんですがね。^±^・・・みえみえだぉ
逆に「取っても認めねえよ」っていう人がいるなら、それはそれで潔いし、合点がいきますけどね。ありえない、直ぐ日和る(ひよる)。
たとえ英雄でも祀り上げておいて落とす!(゚Д゚)ノ・・・これがマスコミ
吊るし上げた者も勝者になれば祀り上げ!(゚Д゚)ノ・・・これもマスコミ

特に祀り上げておいて何かあったら知らぬ存ぜぬ。この裏切りは巧みですからね。
皆様の御意見はいかがなものでしょうか?

金メダル0個
銀メダル0個

銅メダル0個

モーグル団体、もし出来てたら、銅メダル!^±^ノ ←やけくそ川柳(しかも字余り)

^±^ノ(^o^)丿^±^ノ(^o^)丿^±^ノニッポン、チャチャチャ・・・

・・・ところで、坂本龍馬もよかったけど。^±^
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク。面白かったなあ。^±^ノ
まあ、カメ先生の親戚みたいのが多数出演してよかったし。^±^;
前半のポイントは、恐竜の子供の手術で血のついたTシャツですかね。^±^ノ
それにしても子役、過呼吸すぎ・・・。x±x
ほぼ最後に、恐竜が信号をかじるのには、ワロタ・・・。^±^…そんなもんかじるなぉ
動物は、弱肉強食などの自然淘汰(しぜんとうた)はあれども、人間が干渉することなく、すくすくと育っていくのが一番いいのかもしれないですな。
おちゃめで偉大なる子供だまし(賛辞です)だったなあ・・・^±^…ああ、おもしろかった

さて、モーグリの決勝を見た後、例の永源寺に行ってきました。^±^ノ
そしたら、ついに咲いてましたよ、ユキワリソウ(ミスミソウ)が・・・。^±^
たくさん写真撮って来ちゃった・・・^±^
明日メダルを取らなければ、その特集をします。^±^
メダルを取ったら延び延びになりますが。x±x
てか、モーグリってなんだぉ!(゚Д゚)ノx±x…単なる打ち間違いなのに
ぉまぃはモグリか!(゚Д゚)ノx±x…モーグルの間違いだってば

テーマ : スポーツへの純粋な想い
ジャンル : スポーツ

さてと・・・^±^
今日はネタがないときの「ジャイアンの前座」です・・・^±^;…く、苦しい
まあ、本当は「地図の小ネタ」もあるんですがね。^±^ノ
だったらそれを出せよな!(゚Д゚)ノx±x
でも、そうすると、うちの歌ばかりがたくさん残るぉ。^±^…いっぺんにアップさせるぞ←脅迫か?
いや、確かにそれは困るなあ。(゚Д゚)ノ…いっぺんにアップさせられるのも迷惑な話だしなあ

・・・てなわけで、アップしますた。^±^ノ
誤解しなさんなよ! 「しぶしぶ」だかんな!(゚Д゚)ノx±x・・・しぶしぶとはひどいなあ

詞・曲/ぉぃらです。^±^ノ
続いております、ジャイアンの前座。^±^・・・どうせしぶしぶだぉ
すねるなよな!(゚Д゚)ノx±x・・・だってしぶしぶなんだろ?
そもそも前座だったらおとなしくしてろっての!(゚Д゚)ノx±x←もはやぐうの音も出ない
 
 
 
 
 
スカートにまつわりついた 雪を片手で振り払う 
君の仕草にくすっと笑った 僕でした 
ストーブにあたっていても 寒いといってベソかいた 
君の素朴なかわいらしさが 好きでした 
外は冷たい雪なのに 2月最後の雪なのに 
君の姿はもう見えません 
三文芝居のフィナーレのように 
君はどこかへ行ってしまったのです 
 
いつまでも積もる雪を 見ながら君は涙ぐみ 
愛が深くて捜せないわと 言いました 
さよならの寸前だとも 気付かず僕はハンカチで 
いつもどおりに君の目頭 拭きました 
冬はそろそろ終わるのに 春はそこまで来てるのに 
君の姿はもう見えません 
三文芝居のフィナーレのように 
君はどこかへ行ってしまったのです
 
 



誰も歌ってくれないってば!(゚Д゚)ノx±xノφ

雪の画像、なかなかなくって・・・。
特に昼の画像は全くありません。x±x
雪、積もらないので。+±+

雪。^±^ノ

この画像は2月1日の夜に降ったうちの近所の雪の模様です。
結構寒く、最終的にはデジカメが結露してしまいました。x±x
ざまあみろぃ!(゚Д゚)ノx±x


てなわけでございやした・・・と。^±^

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

バンクーバー冬季オリンピック開幕

冬季オリンピックがカナダ・バンクーバーで、2月12日、開催されました。^±^
但し、日本時間では13日の朝11時からになります。

メダル、せめて1個は取って欲しいですんですがね。
何で取れるでしょうかねえ。フィギュアスケートか、もしくはスピードスケートのリレーあたりかと。
てか、世界の壁、きつすぎます。夏のオリンピックと違い、これは絶対取れる、と断言できるものがありません。
特にそのなかでも、比較的得意とされるスケートがダメだとつらいですよね。+±+

根拠はないんですが、オリンピックのメダルの予測いきましょう。^±^ノ

金メダル0個
銀メダル0個
銅メダル2個

・・・ってことで。^±^

少なすぎる?(゚Д゚)ノ
でも、厳しい見方かもしれませんが現実はこんなものでしょう。
本当は銅メダル1個と思ってるんですが、期待を込めて2個にします。
金、銀メダルですと、優勝に絡む成績なのでこれは全種目において難しそうです。
それに何よりも大きな敵は「地の利」です。
フィギュアですが、地元のカナダか一番近いアメリカあたりがそれを利用してメダルを取る気がするんです。
夏のシンクロもそうですが、フィギュアもまた得点の基準がいまいちわかりません。
つまり、えこひいきすれば何らかの理由付けで採点をコントロール出来ちゃう曖昧な競技で、あんまりすっきりしないこともありますよね。
それでも日本の選手(女子)は層が厚く、誰かが上位に行く安定性はあるので、メダルの取れる種目はフィギュアスケートと、スピードスケート・リレーとを予想しておきましょう。

個人的には上村愛子選手を応援してますが、今回のこの現地の雪不足という天候は、上村選手にとって逆風で厳しいみたいです。

ただ、オリンピックは生ものです。^±^
夏のフェンシングのように取れないと思ったものが取れることもありますよね。あきらめは禁物です。
それに「オリンピックには魔物が棲んでる」といいますが、日本の選手は魔物を怖がる心配はないでしょう。
なにしろ、記録更新の話もあまり聞かないし、プレッシャーに臆することなんてないんですからね。この際、記録を作ってやろうと挑んでいけばいいんじゃないかな?
寧ろその魔物を味方に出来るんじゃないでしょうか?^±^ノ ←こいつが一番魔物

まあ、毎回、冬季オリンピックでは日本はメダル1~2個ですからね。
参考までに、札幌以降の、過去のメダル数も入れておきますね。

 年号 開催地 金-銀-銅 

1972 札幌 1-1-1 
1976 インスブルック 0-0-0 
1980 レークブラシッド 0-1-0 
1984 サラエボ 0-1-0 
1988 カルガリー 0-0-1 
1992 アルベールビル 1-2-4 
1994 リレハンメル 1-2-2 
1998 長野 5-1-4 
2002 ソルトレイクシティ 0-1-1 
2006 トリノ 1-0-0 

毎回こんなものなのです。インスブルックではメダル0だったし。
ロボコン、0点! ^±^ノ回・・・ウララ~ 
銅メダル2個いけばなかなかなものでしょう?
3個取れれば御の字、出来すぎってことで見守っていきたいです。
メダルを取ったら即ブログに入れますよ。^±^ノ
波に乗れれば、案外思わぬもので取れたりすることもありえますよ。^±^ノ

^±^ノ (^o^)丿 ^±^ノ (^o^)丿 ^±^ノ ニッポン、チャチャチャ・・・

期待としてはジャンプ復活なんですがね。^±^;・・・ダメカナア
ジャンプで銅メダルを1個でも取れれば、のちのちにつながるんですが。

せめてメダルを取って、今年の重大ニュースの一角を誰か賑わせておくれ。^±^

テーマ : ちょっと聞いて
ジャンル : ブログ

下関・中関・上関

山口県の大都市、下関市。

九州へつながる関門海峡の入口です。^±^
ちなみに下関市、最初は明治22年、赤間関市(あかまがせきし)だったそうです。
現在の下関市になったのは明治35年のこと。
その間明治34年、鉄道も敷かれて、最初は馬関(ばかん)駅だったんですが、市名の改正にあわせて駅名も改正しました。
馬関といわれるのは、赤間関を赤馬関と表記したためです。

♪イヤンバカンウフン、そこはお乳なの・・・φ^±^ノ

林家木久蔵(現・木久翁)さんですかぃ。(゚Д゚)ノ
そんな笑点ネタ、誰も知らんぉ!^±^ノx±x

そして関門トンネルが出来たのは昭和13年。
また大正3(1914)年に山陽電気軌道(当初は長州鉄道)が出来て、昭和46(1971)年まで「東下関」という駅があったところから、「東駅」という通称地区が未だにあります。

山陽電気軌道のWIKIはこちらへ。^±^ノ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E9%99%BD%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%BB%8C%E9%81%93

下関の地図です。^±^
地図雑学34-1

そんな下関ですがこのほかにも中関(なかのせき)、上関(かみのせき)もあります。

中関・・・ここは防府、三田尻港の近くにあります。
今は一つの集落になってしまったようですが。
地図雑学34-2

上関は町としてもちゃんと残ってます。^±^
地図雑学34-3
長島も含めて上関ですね。

かつて瀬戸内海西部には船の荷を検査する番所が設置されていたことから、都に近いほうから設置されたのが、上関、中関、下関だったそうですよ。

へぇ~、船の荷積みの関所だったのか。(゜∀゜)ノ!☆

ほんじゃ~ね~^±^ノ

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

お家寄席83・酢豆腐

さて、今日は「酢豆腐」の一席です。
グルメ・・・食通ぶっても、付け焼刃ですと失敗しますね。
・・・ではこちらは、平成18年2月12日の作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月12日 酢豆腐・・・を一口

えー、毎度ばかばかしい一席ですが、今日は珍味といえば珍味、かといって普通の人なら絶対口にしねぇ食い物がテーマです。

まあ、今でも好き嫌いがはっきりしているもので、最初に、
「これは食える」
って食ったやつ。すごいですな。
たとえば、ホヤ。あんな変な形をしたもの、誰が最初に口にしたんでしょうかねぇ。
それから、クサヤ。納豆。ドリアン。
ドリアンなんか、第一印象は臭いだけですからな。でも食ってみるとうまい。随分と勇気が要ったでしょうな。

これは夏の盛りの噺(はなし)ですがな。

「おぅ。せっかくみんな集まって一杯やろうって言ったのに、あるのは酒ばかりで、つまみは何も無しかい?」
「そうよ。こちとらあいにく銭がオケラなんでぃ・・・。しょうがねぇじゃねぇか」
「まあ、でもねぇ・・・新蔵兄ぃ。そうは言われてもなんか一つでもつまみがあればいいんだけどなぁ・・・なあ、兄ぃ」
「あ、そうかい? じゃ、鼻でもつまんでな」
「鼻なんかつまんで飲んでも面白くねぇって。ほかに何でもいいからさぁ。ちょいと出してくれよ、つまみ出してくれよぅ」
・・・って言ってるってぇっと、この舎弟、とうとう新蔵兄ぃに外につまみ出されたってぇお話で・・・。お後がよろしいようで・・・って、嘘、嘘ですよ。お客さん、帰らねぇでくださいまし。

・・・しょうがねぇんで、いったんつまみ出した舎弟を連れ戻して、もう一度・・・。

「しょうがねぇなぁ。それにしても何もねぇや。まるで干上がったどぶ川だなぁ」
「・・・魚(肴)はどこにもねぇってか? そんな誰でもわかるバレバレの問答、やるなっちゅうの。しょうがねぇから塩でも舐めるか?」
「塩? いらねぇ・・・」
「塩ならたんとあるぜ。ナメクジだったらすぐとけちまうぜ」
「本当に、つまみ、ねぇのかい?」
「・・・お。あるある。台所の糠(ぬか)味噌の中にナスの古漬けが・・・」
「へぇ、気が利いてるねぇか。そいつで充分だ。じゃ、兄ぃ。早速持ってきて、そいつで一杯やろうや」
「ただ、問題がある・・・」
「なんでぃ、その問題ってぇのは・・・」
「その古漬け、十六年前に漬けたんでぃ。で、誰が、その糠(ぬか)かき回す? 源公、お前が言いだしっぺだからな。お前が行くか?」
「いえいえ、十六年って、五回も法事をしてるんですよね・・・。あっしは、遠慮させていただきます」
「じゃ、八(はち)公。お前やってみるか」
「いや~。十六年ってぇっと、完全に時効成立ですよね・・・。あっしもご遠慮させていただきやす」
「じゃ、与太郎」
「い・・・いやいや。あたいもね・・・イタタタ、ちょっとおなかが痛くなってきた・・・」
「誰もかき回したがらねぇのか。意気地がねぇ野郎どもだ」
「じゃ、兄ぃが、やってくれるんですかぃ?」
「馬鹿野郎! おいらがやれるぐれぇだったら誰にも頼みゃしねぇよ。お、外を見てみろよ。遠くっから半公がこっちに向かってるぜ。そうだ。おいみんな。確か彼は誰かにベタ惚れだっていうよな」

すると与太郎が、
「あたい知ってるよ~」
「誰だい?
「うん。小間物屋のみーちゃん」
「へぇ。小間物屋のみー坊かい?」
「でも、足袋(たび)屋の看板だって言うの」
「なんでぃ、それ」
「かたっぽしかできてねぇんだって」
「そうか、じゃちょいと野郎を騙(だま)して古漬けを出させようぜ・・・お~い、半ちゃん!」

ちょうど半次が長屋の外を歩いてたところを呼び止めやしてな。

「まあまあ、こっち上がれや。半ちゃん。おめぇ、もてるんだって?」
「へ? 何の話でぃ」
「小間物屋のみー坊よ」
「へ? 何でその話・・・ハハァ、さてはおしゃべり野郎の与太郎だな?」

拳固(げんこ)で与太郎の頭をはたこうとするところ、また新蔵が一言。

「でも、みー坊もお前さんのこと、べた惚れだったようだぜ」
「へ?・・・へへっ、そうかい? 弱ったな~」
「半ちゃんは男っぷりがいいって」
「へへ、本当かい? それ・・・」
「でな、相談なんだけど」
「なんだい? 男半次。なんでも引き受けるぜぃ!」
「台所に行ってナスの古漬け、持って来てくれねぇか?」
「へ? ナスの古漬け?」
「うん・・・十六年物だ」
へ? 十六年ってぇことは時効がとっくに・・・」
「半ちゃん、その話出てるよ。八公がさっき言ってたよ」
「いやだよ~。そんな古い漬物、猫なら化けて出るや・・・。じゃ、しょうがねぇ。ここにお足が二分ほどありやすから、それでなんか買ってつまみにしろや」
「悪いね半ちゃん。みー坊が男らしいって・・・」
「うるせぇや。ちくしょうめ」

ぷいと半次が帰り、このお足でみんなでつまみを買おうと考えた矢先――。
新蔵、思い出したように。
「そうそう。もうひとついいのがあった。豆腐があったんだよ」

「あ。それだ。あたいも思い出した」
与太郎がぼうっとした頭をなでながら新蔵の後につきやして。

「新蔵兄ぃ。ちょ、ちょ、ちょっと持って来るね~」
「おぅ。悪いなぁ。持って来てくれ。豆腐なら水の中に付け込んであるだろう」
「い、いえ、いえね。あ、あたい。泥棒さんが盗むとまずいって思ったわけ・・・」
「なんでぃ。与太郎。で、どこにしまったんでぃ」
「で、で、でね、お豆腐をそのまんま、お釜の中にポンと入れといたの。ほめて・・・」
「水につけて・・・だろうな?」
「ううん・・・つけないの~」

新蔵、
「頭出しな!」
というが早いか、与太郎の頭をポカッ!

案の定、豆腐はものすごい臭気でして。
当たり前ですな。
夏場というのに、ただでさえ腐りやすい豆腐を、水に浸さずにそのまんま丸一日釜の中に入れて、さらにご丁寧にふたまでして蒸らしちまいやして・・・。
その臭気たるや狂気の沙汰でして。靴下を一年も洗わねぇような、すっぱい臭いがツ~ン・・・。

「・・・く、くっせぇ~。こいつは食えたもんじゃねぇ。・・・お。ちょうど向こうから若旦那が来るじゃねぇか。あの若旦那がキザな野郎でさ、キザの国からキザを広めに来たようなやつだぜ。
『みなさん、こんつわ~』
だってさ。
こんにちはを『こんつわ』と来るんだぜ。まったくやな野郎だぜ。
こないだなんて、
『わちきは、おフランスのおヒレ肉を食したでげす・・・』
なんて通ぶりやがるしよ・・・とっちめてやろうぜ・・・この腐った豆腐、食わしちゃおう」

悪い話が持ち上がったもんで・・・。

ちょうど若旦那が通りかかる所を、
「これはこれは若旦那・・・」
呼び止めやして。

若旦那、早速、
「これはこれは皆さん。こんつわ~」

「若ダンさん。お噂はかねがねですよ。町内で色男って、もっぱらの評判ですよ」
「お色男? ホホホ。皆さん、わちきのことよくご存知でいらっしゃる・・・」
「で、どうなんです? 若旦那さんぐらいにもなると、遊女にモテモテなんでしょう?」
「ホホホ。もう、たいしたことじゃ、ございませんの。ご遊女には十人ほどしかつきませんでげすよ」
「へぇ、十人。言ってくれるねぇ・・・憎いねぇ。このこの~」
「・・・たえず」
「へ? たえず十人って、全部で十人じゃねぇのかい?」
「ホホホ。たいしたことじゃありませんでげすよ」
「じゃ、若ダンさんの舌なら『珍味』も数知れねぇんだろうなァ・・・」
「ホホホ。予期に計らえでげす。世界のいろんな珍味をいただいておりますの~。トリュフ、皆様はお召し上がりになられましたでげすか~」
「へぇ~。そうかい。じゃ、ちょうどいいや。親類から豆腐が送って来られたんでぃ。
『世界最高の珍味だから心して食え』
なんていわれてるんだけどよ、若ダンさんには失礼な話かも知れねぇが、食ってみるかい?」
「ほうほう。お珍味を・・・。どれどれ」

半蔵、皿の上に例の腐った豆腐を乗せ、若旦那に「献上」いたしやす。

若旦那、これには顔をのけぞらせ、眼をしばしばさせやして。
「うっぷ、これはこれは・・・っぷ・・・お珍味で・・・う、わちきも一度・・・うぷ・・・食したことがあり・・・っぷ・・・ます・・・が・・・ほんでは、わちき自慢の、この・・・うぷ・・・マイ・おスプーンで・・・」

で、一口パクッと。
ところが口には入れやしたが、胃が受け付けねぇようで、なかなか飲み込めませんでしてな。やっとのことで飲み込んだ若旦那が、涙眼で。

「・・・うぷ・・・お、っぷ・・・おつでげすね~」

「ところで、若ダンさん、あっしらは失念(しつねん)したんですが、この食べ物、いったいなんてぇ名前でしたっけ?」

「こ、これは酢豆腐でげす」

「じゃ、若ダンさん。この酢豆腐、たんとどうぞ、おあがんなさいな」

「いやいや。酢豆腐は一口に限ります」

まあ、あっしも賞味期限切れの「牛乳」と、この一席の「酢豆腐」には気をつけたいものですな。
おなかがよろしいようで・・・。

m<●>m!

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お家寄席82・あたま山

すっかりと「高橋さんの写真館」名物になりました「お家寄席」・・・。

さて、今日は「あたま山」の一席です。
これはけちん坊のお噺ですが、四次元空間的な・・・。
・・・ではこちらは、平成18年2月11日の作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月11日 「あたま山」ってぇ小噺を・・・

今日の一席は、この寄席の最初の頃、ちょいとばかりご紹介しやした「あたま山」ってぇ不思議な一席でございやす。

まあ、不思議な噺(はなし)をする前に、ちょいとばかり現実的な前話をさせていただきやす。

これは昔の書物、「徒然草(つれづれぐさ)」にあったんですがな。
ものすごい僧正(そうじょう)がいたんで、ついでにちょいと紐解いてみやしょう・・・。

藤原の公正の兄貴に、良覚僧正ってぇ偉い僧がいたんですが、こいつがえらいとんがりもんだったようでして・・・。つまり怒りっぽかったんですな。
どのくらい怒りっぽいっかってぇっと、このここの寺にはでっかい榎の木があったんですが、それでまわりの人々は僧のことを「榎の僧正」って呼んだんです。
ところがこの僧正、このあだ名が大変気にいらなかったようでして、
「このあだ名、ありえねぇ!(この名、然るべからず)」
なんてこと言って、怒ってこの榎を悉く(ことごとく)切っちまいやして。
するってぇっと、当然切り株が残りやすな。
でもって、今度は「切り株の僧正」ってあだ名になったんですな。
僧正、ますます気にいらねぇ。
またぞろ怒ってこの切り株ごと抜いちまいやして。
ところがその結果、抜いたあとに堀ができちまったんで、「堀池の僧正」ってぇあだ名になったんですな。

・・・お後がよろしいようで、って・・・これで高座を降りたら詐欺ですな。
「不思議な噺はどうした!」
ってな。

・・・まあ、これと似たような似てねぇような話がありやして、それから歳月はだいぶ経って、こちらはこの「怒りん坊僧正」が遠い祖先のようなそうでないような、ある「けちん坊」の話。
ちなみに縁起が悪いのは、三隣亡(さんりんぼう)でして・・・。

とにかく、ただいまのマクラの噺とこの後の落語には、「何かをするたびにドツボにはまってく」
・・・ってぇ共通点がありやしてな。

あるけちん坊が、生意気にさくらんぼを食べてやした。
で、こいつ、けちですんで当然種まで食べちまいやす。
するってぇっと、やがて、頭から桜の木が1本、にゅっと出て来やしたな。
まあ、気にしないでおこうってそのまま放置してやしたら、これがすくすくと育ちに育って、春になると、桜の花が頭一面に、満開に咲き誇りやした。
噂を聞きつけた人が、桜を見ようと花見に来てドンチャン騒ぎ。
やがて、噂が噂を呼び、人が人を呼びやして、わいわいがやがや。

「おーい、おめぇは行ったか? あたま山の桜」
「おぅ、行ったともよ。今年はきれいに咲いてたなぁ。見事だったぜ! ところで熊さんよ」
「なんでぃ、八っつぁん」
「今度あたま山が『日本の桜百選』に選ばれたんだってなぁ」
「はぁ、そいつは知らなかったぜ。いいこと教(おす)わった。そいつは凄いなぁ」

その翌年には場所取りも大変なくらいなほどの人気スポットに・・・。
さすがにあたま山の持ち主、根がけちですからこいつで儲けようってぇんで、入場料を取ったんですがな、ところが桜が散った後の清掃費とか、公園管理費とかもバカにならねぇ。せいぜい儲けはトントンでして。

で、或る日、大地震があって、あたま山を襲うんですな。
ところがこの「あたま山」、耐震強度を偽造をしてたからさぁ大変。
桜を支える太いはずの柱が思ったより細かったんで、木は根こそぎ倒れちまう。
その責任により設計士は一級建築士の免許剥奪(はくだつ)されるわ、開発会社社長は国会で証人喚問をされ、吊るし上げられているのに立場を考えず、喚問中に怒号を浴びせ、「見苦しい」と世間から顰蹙(ひんしゅく)を浴びるわで、それはそれは大騒動。

ところが、当のけちん坊はってぇっと、意外とあっさりしてやして、
「頭がちょいとうるさかったから、ま、いっか」
って思い、あっさりと桜を払い落とし、再びそのまま放置。

するとそこに今度は水がたまり、大きな池になりやして。
やがて、この池に鳥が住み着きやして、足に藻をからませたまんま、鯉やら鮒やらのタマゴを運びやして、今度は釣りの穴場。

「おーい、八っつぁん。おめぇは行ったか? あたま山に釣りに・・・」
「行ったよ、熊さん。あそこの魚はすれてねぇんで、すぐに釣れるんでぃ」
「おぅ、こないだなんか鮒を30匹も釣っちまった」
「俺なんか、50センチ以上のナマズを釣り上げた」
「どうりで、こないだあたま山に地震があった・・・」
「ところでここの池で事件があっただろ?」
「知ってるよ。子供がおぼれたんだろ? 釣り料金だけは取っておきながら、まったく管理しねぇとはけしからんな。立て札のひとつもねぇんだからな」

それにしてもこのけちん坊、手回しがいいですな。ここでもしっかり料金を徴収(ちょうしゅう)してたんですな。

しょうがねぇんで、間抜けなカッパの絵を書いて、
「このへんはこわいぞ」
と下手くそな字で添えて、池のほとりに立て札を立てやして。

それでも、こんなうちはまだましなほうで、やがて、この釣り場が混んで来るってぇっと、ごみを捨てたまんまにして帰っちまったり、なかには場所の取り合いであちこちで喧嘩(けんか)が始まったりしやす。

けちん坊、いい加減静かにしてくれってぇんで、「釣り禁止」などの立て札を立てたが一切効果なし。
有刺鉄線を設けても、鉄線を潜(くぐ)り入って来る。

桜の件といい、釣りの件といい、あまりにもうるさいんでこのけちん坊、とうとうノイローゼになっちまいやして、この池に飛び込んで自殺しちまったそうな・・・。

でもって現在はってぇ言いやすと、
このあたま山は世界遺産に登録されてるとかされていないとか・・・。


なお、この落語はフィクションであり、ちなみにあっしは今、風邪を引いてハックションであり、登場人物、団体名等はすべて架空のものでござんす。

お後がよろしいようで。

m<●>m!

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

八高線沿線駅探訪12・箱根ヶ崎駅に行ってみた

箱根ヶ崎駅は、八高線ではうちの最寄り駅です。
最短距離は隣の金子かもしれませんが、今回は箱根ヶ崎駅を載せますね。^±^ノ

箱根ヶ崎の駅前広場です。バスもたくさん出ています。^±^
鉄探訪40-1

駅の看板は現代的になりました。^±^ノ
鉄探訪40-2
確か以前は木造のこじんまりとした駅舎だったはず・・・。

エスカレーターも設置されてます。^±^
鉄探訪40-3

こちらが改札です。
鉄探訪40-4

中を覗いてみます。^±^ノ
鉄探訪40-5

なにやら案内板です。
鉄探訪40-6

駅名表示板です。
鉄探訪40-7

もうひとつ、縦型の駅表示板です。
鉄探訪40-8

ディーゼル時代と違って、駅舎も変わりました。
鉄探訪40-9

こちら、東京都西多摩郡瑞穂町。まだ市にはなっていませんが大きな町です。
鉄探訪40-10

箱根ヶ崎駅のWIKIも入れておきますね。^±^
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E3%83%B6%E5%B4%8E%E9%A7%85

でもって、うちはここから西武バスに乗ります。
1日数本しかないんですがね。^±^
その途中のバス停です。

坊って・・・^±^
鉄探訪40-11

「ぼう」・・・なんだかなあ。x±x
鉄探訪40-12

「ぼう」・・・これだけ。+±+
鉄探訪40-13
う~ん。つくづく、「ぼう」って・・・^±^←こいつは頭の中身が「ぼう」のくせに

夜に行っても「ひるま歯科」ですかぃ。(゚Д゚)ノ
鉄探訪40-14
その下の、「みんみょうさま」って・・・。^±^

もうひとつ、こちらは所沢市に入りますが「台」というのもあります。
鉄探訪40-15

う~ん。
坊に台って・・・^±^
鉄探訪40-16

東京近郊の停留所とは思えない名前ですな。^±^

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    01 | 2010/02 | 03
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 - - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部