FC2ブログ

早春の野山北公園にカタクリを見た

野山北公園をちょっと散策してみましょう。^±^ノ
どうせなら、山の上を歩きましょう。・±・
歩いたルートが悪かったのか、結構、急坂です。+±+
公園の山の上に登ってしばらく歩くと、変な名前の公共施設が。

それがここ。(゜∀゜)ノ
登山・街歩き81-1
近づいてみましょう。^±^

で、であいべんじょ?
登山・街歩き81-2
出会便所って・・・^±^

なるほど。それで「臭い仲」ってことですな。^±^;
デアイベンジョデ、クサイナカ・・・。^±^
カタイナカデ、クサイナカ・・・^±^
片田舎で、臭い仲。^±^
くだらねえ!(゚Д゚)ノx±x←こいつと出会ったのがウンのつき(運の尽き)

クサイナカキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

来ねえんだってば!(゚Д゚)ノ(+∀+) バゴン!←レッドカード明けなのに暴れるなあ

クサイナカコネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!

気が済んだので、山を降ります。^±^・・・なんだ、もう降りるのか←ダメジャン、軟弱ジャン
程なくして、公園まで戻れます。
すると、こんな花が咲いていましたぞ。^±^ノ

なんと、ミズバショウでした。
ミズバショウ。サトイモ科。ミズバショウ属。水芭蕉。
登山・街歩き81-3
ミズバショウキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

そしてもう少し歩くと、こんな看板が。(´∀`)ノ
登山・街歩き81-4
カタクリ園ですって。^-^*

で、肝心のカタクリは・・・と。
咲いてました。(゜∀゜)ノ
カタクリ。ユリ科。カタクリ属。片栗。
登山・街歩き81-5
カタクリキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

てなわけで、おらが「ひとりカタクリ月間」です。花を拡大します。^±^
登山・街歩き81-6
拡大キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

こちらは蕾ですね。
登山・街歩き81-7
ツボミキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

じき咲くでしょう。^±^ノ
登山・街歩き81-8
ジキサキキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

いちいちうるせえぞ!(゚Д゚)ノ(+∀+) ガン!

「(゚Д゚)ノ」には幸せ、コネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!

何をコンニャロ!(゚Д゚)ノ(+∀+) ドガッ!

イズ・ハコネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!

「伊豆・箱根」だろ!ただのダジャレかよ!(゚Д゚)ノ(+∀+) ガン!

カタクリは土と保護色に近いので一見すると目立たなかったのですが、凝視すれば蕾の多いことといったら。
ざっと数えただけでも30株くらいは見つかりました。

そうか。(゜∀゜)ノ
それでこの場所の温泉を、「カタクリの湯」というんだな・・・と。
妙に納得してしまいましたとさ。^±^

さて、このカタクリ園の看板から少し歩いた場所にもミズバショウが。
登山・街歩き81-9
見事に咲いてますね。

公園周辺の花はまだあります。
ユキヤナギ。バラ科。シモツケ亜科。シモツケ属。雪柳。
登山・街歩き81-10

こちらはまだ蕾ですが。膨らみかけてきましたよ、ソメイヨシノが。
ソメイヨシノ(サクラ)。バラ科。サクラ亜科。サクラ属。染井吉野。
登山・街歩き81-11

公園の雰囲気もなかなかいいものですね。
登山・街歩き81-12

池のほとりに咲いているのは。
カワヅザクラ。バラ科。サクラ亜科。サクラ属。河津桜。
登山・街歩き81-13
大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)との自然交雑種です。

もう1枚。^±^
登山・街歩き81-14

春の陽気がポッカポカです。^±^ノ←こいつの脳みそはいつもポッカポカ
登山・街歩き81-15

のどかな雰囲気です。
登山・街歩き81-16

公園の看板です。^±^
登山・街歩き81-17

太鼓橋もありました。
登山・街歩き81-18
ちなみにこの公園は、釣りも出来ますよ。^±^
でもお魚さんは逃がしてあげてね。ここは空堀川(あきぼりがわ)の水源でもあります。

池の下流ではフナが死んでました。+±+
フナ。コイ科。コイ亜科。フナ属。鮒。
登山・街歩き81-19
体調20センチはありました。ちょっとかわいそうです。x±x
鮒、コネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!
最後まで、このでしゃばりめ!(゚Д゚)ノ(+∀+) ガン!

今回の散歩は、これでおしまいであります。^±^ ←鮒侍みたいなやっちゃなあ
で、余談ですが、この公園には日帰り温泉施設、「かたくりの湯」があります。^±^

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

桜沢の沼にいたのは・・・。

では、前回に引き続き、桜沢の沼から。^±^
そこにいた動物・・・。
それは・・・。

きれいなカモでした。マガモですね。^±^ノ
マガモ。カモ科。真鴨。
動物27-1
きれいな色をしています。
近くにはメスもいましたよ。

そして、この方もいらっしゃいました。カメ先生です。
カメサンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
・・・と思ったけど、ミドリガメだし。x±x
クサガメコネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!
それでもてくの遠い親戚ですが。

アカミミガメ(ミドリガメ)。ヌマガメ科。アカミミガメ属。赤耳亀。
動物27-2
杭の上で、のんびりと日向ぼっこです。

カメさんの向こうに、カモさんです。
動物27-3

つがいでカモさんです。^±^
動物27-4

後ろからごめんなさいです。
動物27-5

おおらかな眼をしてます(手前味噌で、うちのてくもそうですが)。
動物27-6
納豆みたいな眼です。^±^

ちなみにうちのカメさんは、クサガメ(ミドリガメ)。イシガメ科。クサガメ属。臭亀。
クサガメは成長すると、メスのほうが大きくなります。
オスは大人になると黒くなります。これを「黒化」(メラニスティック)といいます。
で、クサガメは草の亀の「草亀」ではなく、臭い亀が語源の「臭亀」なのです。
警戒すると、四股のところから匂いを出すのですが、その匂いは強烈です。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

早春の里山民家にて。花もちらほら

3月14日、天気がよかったので、久々に散歩に出ましたよ。^±^

今回は狭山湖南部の里山民家へ。^±^ノ
そうです。東京都武蔵村山市岸にあるんですが、東京都に見えない、のどかなところです。
所沢もこういう場所がないかなあ。狭山湖周辺のトトロの森でさえ、こんなにゆったりとしてないです。
とにかく、春らしくなったところで、散歩を決め込もうかと思いまして・・・。^±^…今更説明するほどでもなかったかな?

早速、花が咲いてましたよ。
タチツボスミレ。スミレ科。スミレ属。立坪菫。
植物33-1

そして、なかなか珍しい・・・シュンランです。
シュンラン。ラン科。シュンラン属。春蘭。
植物33-2

アップでもう1枚。
植物33-3
古くから親しまれてきた植物であり、ホクロ、ジジババなどの別名があるそうです。
ジジババって・・・^±^
昔、小学校の頃、「ジジババ」っていう渾名の駄菓子屋があったなあ。^±^
じいさんとばあさんが経営してて、どっちもせこい人だったというお店なの・・・。^±^;
で、そのジジババの由来とは、蕊柱を男性器に、唇弁を女性器になぞらえ、一つの花に両方が備わっていることからついたものとも言われてるそうです。

こちらはご存知、ウグイスカグラの花。この付近のところどころで咲いてましたよ。
ウグイスカグラ。スイカズラ科。スイカズラ属。鶯神楽。
植物33-4

で、ここから丸山に登ってその降りたところに・・・。
またもや、シュンランの群落が。
植物33-5
出た。ジジババ。^±^

ジジババキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
別に、来ねえぞ!(゚Д゚)ノ(+∀+) ガツン!
ジジババコネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!

真正面から1枚。
植物33-6
つくづく、「ジジババ」って・・・。^±^

天気もよくて、散歩日和でした。^±^
植物33-7
トトロが出て来そうです。(^o^)丿

出るわけねえだろ!(゚Д゚)ノ(+o+)丿 ガツン!  ←八つ当たりが甚だしいな(イエローカードだぞ)
^±^ノ 警告! (゚Д゚)ノ
ヒイラギナンテン。メギ科。ヒイラギナンテン属。柊南天。
植物33-8

もう1枚です。^±^ノ
植物33-9

散歩はまるきり足任せ。
足尾向くまま、気の向くままです。^±^ノ
「旅がらす」か!(゚Д゚)ノx±x・・・カアー、カアー ←また八つ当たりだ(レッドカードだぞ)
^±^ノ 退場! (+Д+)ノ←人を貶める(おとしめる)ことばかりやるからだぞ
・・・という、くだらないブログを目指しております。^±^ ←充分くだらねえよ

話を戻しましょう。^±^
丸山から降りたら、再び里山のミチと合流します。
で、岸田んぼの「池田」から西の尾根に登り、尾引山に出て六道山方面にしばらく進み、「桜沢」方面に降ります。
降りたところが小さな沼です。
植物33-10

ヒメオドリコソウとオオイヌノフグリが咲き乱れてました。
植物33-11
グフリ先生、ご健在です。^±^
てか、組んず解れつ(くんずほぐれつ)の、乱れ咲き。^±^;
ナンダカヤラシイ表現ダナア・・・。^±^
お姫様の背の高さに、背の低いグフリ先生もたじたじ、といったところでありましょうか?

で、ヒメオドリコソウ。
ヒメオドリコソウ。シソ科。オドリコソウ属。姫踊り子草。
植物33-12
かわいいです。(´∀`)ノ

もっとアップで。^±^ノ
植物33-13
お姫様ですね。^-^*
でも意外と毛深い・・・^±^
しかもよーく見ると中まで毛深いし。^±^・・・幻滅だぉ
せっかくのお姫様が・・・。^±^;
お姫様、コネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!
毛深い踊り子って・・・^±^
お姫様というよりも、場末の温泉場のストリップ劇場の踊り子みたいだし。^±^
場末って・・・。^±^←こいつはそのかぶりつきのくせに
場末踊り子、コネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!
こちらはご存知、フグリ先生。
オオイヌノフグリ。ゴマノハグサ科。クワガタソウ属。大犬の陰嚢。
植物33-14
グフリ先生、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
でも、グフリ先生、ツルツルです。^±^
お姫様は毛深いというのに、こっちはツンツルテンかよ。^±^;・・・貫禄がないなあ
グフリ先生、ツルツルコネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!
まるで大人のおねえさまにあこがれる、少年のようです・・・。^±^
コレモヤラシイ表現ダナア。^±^

で、フキノトウもちらほら。
フキノトウ。キク科。フキ属。蕗、苳、款冬、菜蕗。
植物33-15
花も咲き始めてますよね。

だけどこちらは花粉症。スギ花粉、いやですね。直らない限り春が来ないです。x±x
スギカフン、ハルガコネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!!
まずほっぺたから顔がかゆくなります。
アレルギーかなあ。つらい季節です。まだ春が来ないです。+±+
アレルギー、マダハルガコネエ━━━━(+∀+)━━━━ッ!! ←こいつ天敵の「(゚Д゚)ノ」がいないからノビノビしてるなあ
ところで、この沼に、かわいらしい動物たちがいましたよ。
どんな動物かって?
それはまた明日のお楽しみ~。^±^ノ 見なきゃ損だぉ ←誇大広告だなあ

で、里山民家に戻る際、この花が。
ミチタネツケバナ。アブラナ科。タネツケバナ属。道種漬花。
植物33-16

もう1枚です。
植物33-17
近似種に「タネツケバナ」もありますが、タネツケバナはおしべが6本で有毛です。またタネツケバナはもっと湿った場所に生えます。タネツケバナは広がった感じで花を咲かせます。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

お家寄席86・そば清

さて、今日は「そば清」の一席です。
そば清にしろ、あたま山にしろ、時空を超えた作品も少々ありますね。
うちは、学生のころから落語が好きだったので、随分と「酔狂だ」といわれてました。中でもこういうタイプの、不思議系おもしろ落語を好んでました。
・・・ではこちらは、平成18年3月18日の作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3月18日 そば清(せい)・・・こんな一席を

日本人が好きな食べ物、まず第一に「御飯」でしょうな。
海外旅行をして、日本人が何を食べたいか!
まず、米だそうですな。
まあ、それでももう世界全国に米を改良しておりやすから、そういった杞憂(きゆう=取り越し苦労)は昔に比べて改称されたと思いやすが、それでも、日本で食べる米、これは最高ですな。
世界のどんな国にも真似できないでしょうね。確かにカリフォルニアの米も改良され、なかなかうまい米になったんですがな。でも、どうしても日本のような海に近い高い山の地形を作れと命令しても、どうしようもないですし、それを仮令(たとい)、人工的に実行したとしても、そこにある四季ですとか、風ですとか、微妙な部分はどうにもならないですからな。

それともう一つ、蕎麦(そば)も、米と同様に、外国には真似が出来ない作物と思いやすな。

まあ。これらが共通するのは、ある程度のドカ雪と、特殊な地形がさせる代物だと思いやす。っていいますのも、おいしい米や蕎麦は厳しい寒さが育(はぐく)ませるものなんですな。暖かいところでは到底無理、かといって、大雪が降るところでも、山に囲まれてそこに吹く風の加減とか、沢の水、全部そろって、初めてこういういい作物が出来るんですからな。
これは同じ日本でも沖縄ではどうにも作れやせんな。また、北海道で作れといってもそれも無理なんですから、非常に繊細な部分で、限られた条件でしか作れねぇ、ってことが言えると思いやすよ。

それだけに、日本で手を抜いて人工的なものを作っちまうってぇっと、その自然の恵みさえも遠のく気がするんでございやすが、いかがでしょう?

いえいえ、こんな噺をしに来たんではないんですがな。

えー、江戸の頃の話ですがな。蕎麦(そば)好きで有名な、清兵衛(せいべえ)って男がおりやしてな。

この清兵衛さん。おまけにかなりの大喰らいで、「二十皿以上無料、二十五皿以上賞金進呈」などの蕎麦屋の看板を掲げるのを見るやいなや、店にぶっ飛んで行き、賞金を荒稼ぎしやすから、なかには清兵衛を出入禁止にしている所もありやして。

ある日、清兵衛がある蕎麦屋に入って行き、いつものように十皿・・・十一皿と、お変わりを重ねておりやすってぇっと、ある客たちが・・・、
「お、あの方。粋だねぇ・・・。蕎麦がズルズル入って行きますな」
「そうですな。喰いっぷりがいいですな」
「・・・で、どうでしょう? 賭けをしてみねぇか? あの方と・・・」
「へぇ、どんな賭けを?」
「もしあの方が二十皿食べられたら、ここに一両あるからよ、これをあの方に差し上げるってことで・・・」
「で、二十皿食べられなかったら?」
「この一両は取り消し・・・で、あっしたちの食べた蕎麦代を払っていただくってことで・・・」
「・・・そんな、はじめてあった方なのに・・・すんなりと賭けを引き受けてくれやすかねぇ・・・」
「・・・まあまあ、断られたらそれまでの話ってことで・・・。おい、そちらさん・・・」
客が清兵衛に向かって話を仕掛けやすと、清兵衛、ちょいととぼけて、
「へぇ?」

「そちらさん、お名前は?」
「へぃ。あっしは清兵衛って言いますが、いいでしょう。ちょいと自信がねぇが・・・、その賭け受けやしょうか・・・」
「へ? あっしらの話、聞いてたのかい? じゃ、話が早い、やってみますか・・・?」
「ちょいとお客さん・・・で、あっしが食べたら食べたお足もお客さん持ちで?」
「・・・え、ええ、いいでしょう、な? その場合はみんなで出し合おうな。・・・そんな渋い顔するねぃ! どうせ全部喰えねぇってば・・・。勝ったら蕎麦代をただにしてもらえるんだからよぅ・・・」

そうごねてるうちにも、清兵衛、
「ええ、まあ、ズルズル・・・ちょいと・・・ズルズル・・・自信は・・・ズズー・・・ねぇけど・・・ズズ・・・二十皿も・・・ズズ・・・食えるかな・・・ズズズ・・・ズルズル・・・ご馳走様!」

いつの間にか、二十皿全部平らげちまいやして。
「あれ? あっという間に平らげちゃった。いい喰いっぷりだ。へぇ・・・」
「ほら、負けちまったじゃねぇか!」
「悔しいねぇ・・・。ちくしょう・・・。じゃ、明日また、ここに来て賭けをしようぜ。・・・今度は二十五皿で二両だ!」

そんな約束をして、翌日。
これも、客の完敗でして。清兵衛、まんまと二両をせしめやしてな。

そこで、見かねた蕎麦屋の旦那、
「お客さん・・・。取られっぱなしかい? お気の毒だが、そりゃ無理ねぇって・・・あの方は三十皿くらいは普通に食える大食いで有名だからな」

客、唖然(あぜん)としやして、
「へぇ? そんなに有名な方? 畜生! 旦那も人が悪いねぇ! そうとわかってるんなら早く言ってくれりゃいいじゃねぇか」

翌日、また客が蕎麦屋に入りやすってぇっと、清兵衛がズルズル、蕎麦をすすってやして・・・。

「おい、清兵衛さんとやら・・・」
「へぇ?」
「お前さんも人が悪いねぇ!・・・蕎麦っ喰いの有名人って言うじゃねぇか」
「はは・・・ばれたか・・・」
「ばれたかじゃねぇよ!」
「じゃ、今日はいくら賭ける? 三十杯で三両か?」
「何を? ふざけんなぃ! 蕎麦屋の旦那から情報は聞いてるんでぃ。普通でも三十杯は食うって言うじゃねぇか!・・・三十杯、四十杯は・・・ダメでぃ! 取られっぱなしは悔しいから、五十杯ってことにしよう! 五十杯で十両! これでどうだ! その代わり、今度は喰えなかったらお前さんから十両いただく・・・ガチンコ勝負でぃ!」
「何? 五十杯も?・・・わんこそばじゃねぇんだから、そんなのは・・・。で、負けたら今度は十両払うのかぃ?・・・じゃ、ちょいとだけ信州に修行して来るから、ちょいとだけ時間をくれねぇか?」
「おぅ。いいともよ。じゃ、賭けをする気になったらいつでも待ってるから、ここの蕎麦屋に来てくれ」

で、清兵衛は蕎麦の里、信州に武者修行に行くことにしやして。
・・・蕎麦をムシャムシャ喰うから武者修行・・・なんてばかりじゃありませんですが、とある峠をブラブラ歩いてるってぇっと狩人が熊を捕るべく、銃を構えてる姿が目に入りやしてな。
で、清兵衛が樹の陰からその様子をじっと見てるってぇっと、突如、後ろから大きな「うわばみ」が近づいて来やして。
で、危ねぇ!・・・と思ってる間に、その狩人はうわばみにみるみるうちに飲み込まれてしまいやしてな。
最初っこそ、腹の中で七転八倒(しちてんばっとう)してた狩人でしたが、うわばみがある草をチロチロ、チロチロ・・・と舐めるってぇっと、すっと胴は痩せ、うわばみは元どおりの姿に・・・。

これを見た清兵衛、
「これだ!――食べ物を何でも消化する草を見つけた・・・! これさえあれば!」
と思い、その草を摘んで江戸に韋駄天(いだてん)で帰ってまいりやす。
で、取るものも取り合えず、例の蕎麦屋に直行。

「じゃ、約束どおり、勝負しやしょう。十両はいただきやすよ・・・」

・・・十皿、二十皿、三十皿・・・四十皿、普段の大喰らいに加えて武者修行のお蔭で、ここまでは清兵衛の口に自信があったんで、すんなりとことが運んだんですがな・・・。
清兵衛、四十八皿目に手がかかろうかとしたとき、ちょいとペースが落ちやしてな。

それでも、客はその変化に気づかねぇで、
「へへ・・・、あと二皿・・・いや、一皿半ですかぃ・・・。ああこれは清兵衛さんの勝ちかな・・・。でもまぁ、敵ながらあっぱれだ」
呷(あお)りながらも、仲間がもうあきらめかけやした途端・・・。

・・・いよいよ最後のおかわりをして、あと残り一皿ってぇところで、清兵衛の様子が突然おかしくなりやしてな。

彼自身も、
「このままではやばい!」
と、察したんでしょうな。

「ちょいと、外の空気を吸わせてくれぃ」

そう言って、清兵衛、外の戸を開け、誰も見ていないところで、隠れて例の草をペロペロ・・・。

ところが――。
清兵衛、その草を舐めたっきり、うんともすんとも言わねぇんで、皆、変に思いやして、

「おい、清兵衛さん。ちょいと開けますよ」
なんて言って、ガラガラと戸を開けたんですがな・・・。

それでも、あまりにも清兵衛が静かなんで、周りの連中、さらに心配になりやしてな。羽織を揺すって、
「おい! 清兵衛さん。どうした!」

・・・でもって、そーっと、仲間が覗き込みやすっと・・・。

清兵衛、そのまま、コトって前のめりに倒れこみやして、前に回った皆はいっせいにギョッ!

なんと、羽織の下は全部蕎麦(そば)だったってぇ、「そば清」の一席でして・・・。

うんうん・・・。

種明かしをしますってぇっと、あのウワバミが舐めたのは、食べたのを消化させるもんでなくって、人間を溶かす草だったそうで・・・。

アチャ~!

・・・「そば清」の一席でした。

m<●>m!

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

3月7日、深夜の越生梅林

なかなかよかったのが、こちら越生梅林
「おごせばいりん」と読みます。^±^

群馬の藤岡の田舎から帰るときは必ず通過するんですが、季節柄、梅はどうなったかなと思いまして。
ちょっと深夜の寄り道をすることに・・・。
雨に、時折霙(みぞれ)が混じってました。x±x

車のヘッドライトで照らしました。^±^ノ
旅73-1

梅の季節はもう最後に近いです。
旅73-2

白梅が、名残惜しそうに咲いてました。
旅73-3

枝垂れ梅ですね。
旅73-4

枝垂れの紅梅もきれいですよね。^±^
旅73-5

見事な枝ぶりです。^±^←こいつはごきぶり
旅73-6

白梅枝垂れと紅梅枝垂れと。
旅73-7

ヘッドライトが強すぎたかな?^±^;
旅73-8

よく見ると草の色が、もう春です。
旅73-9

明るければ、また違った良さがあったのでしょうけどね。
旅73-10

氷雨の中(霙混じりになってましたが)、ちょっとぼやかして・・・。
旅73-11

白梅です。
旅73-12

紅梅です。
旅73-13

いかがでしょうか?
旅73-14

最後に、暗くして1枚、パチリと。^±^ノ
旅73-15
最後の梅を、堪能しました。^±^
香りもよかったですよ。^±^ノ

いかがでしたか?^±^

では、また来年をお楽しみに、ってことですね。^±^

テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

八高線沿線駅探訪13・夜の群馬藤岡駅

群馬藤岡駅の駅撮り、してきました。^±^

群馬藤岡駅は最初は駅前にバスが入って来なかったのですが、いつの頃からか、バスが駅前を通るようになりました。

そのひとつが日本中央バスです。^±^
鉄探訪41-1
高崎線の新町駅から上野村まで走ってるこの路線は、古くは「上信バス」でした。
当時は、鬼石か万場で乗り換えでしたので、不便この上なかったのです。^±^
現在は上野村まで直行してます。^±^ノ

もうひとつは上信小型バスです。^±^
鉄探訪41-2
三ツ木から二千階段(高山)までの便と、藤岡営業所から小柏までの便とがあります。

幼少の頃、当然、藤岡駅前からはバスが出てなくて、バスは「上信ハイヤー前」か「藤岡営業所」(後に、旭町~いせや前~東和銀行前に変更)まで歩かなくてはなりませんでした。まあ、近いことは近いんですが。
ちなみに、幼少当時は営業所が、現在とは別の場所(もっと街中)にありました。
また、そこから上信バスも四通八達してまして、北は新町駅、高崎駅(飯塚車庫行きもあり。森経由と新町駅経由とがあった)、前橋駅(すべて森経由)、西は富岡(のちに吉井まで縮小され廃止された。西平井経由と本動堂経由とがあった)、万場、鬼石(鬼石乗換えで、鳥羽、妹ヶ谷行きもあった)、高山(現在の二千階段手前)、小柏、東は本庄駅(東武橋経由。新町駅からは本庄行きの東武バスが走ってたが別ルート)、南は児玉駅(東武バスだったかも。昔は寄居行きもあったとか)まで・・・。

バスの下車の際は、ブザーの代わりにビニールの紐を引っ張って降りることを知らせました。
降りるときに「チン!」と音がしたのを覚えてます。^±^

また、バスの本数が極めて少ないので、しょうがなくタクシーで行ったのですが、このタクシーが高い・・・。
4キロほどなのに、1500円もかかり、東京から藤岡までの電車賃より高いと、悪評でした。

現在では、二千階段まで行くバスは昔の「東平井まわり」、小柏まで行くバスは昔の「西平井まわり」を経由してますが、ぉぃらが子供の頃は、全部小柏行き(もしくは芝平・金井止まり)で、そのなかで東平井か西平井かを経由するのでした。ですから本数は少ないです。もっとも終点小柏まで行くバスも少なく、半分は金井どまり(東平井・西平井からの分岐付近)でしたがね。

さて、これは正体不明のバス停でした。x±x
鉄探訪41-3
病院か学校か忘れましたが、なにかの専用バス停です。+±+

群馬藤岡駅です。
鉄探訪41-4
駅も少し大きくなったのですね。

群馬県藤岡市は瓦で有名な街です。^±^
また、藤岡市は関孝和の出身地とも言われてます。
上毛がるたでは、「和算の大家、関孝和(せきこうわ)」と読まれてます。
関孝和は、本当は「せきたかかず」ですが、かるたでは75調ですので「せきこうわ」なのです。
東平井に「秋葉神社の算額」があります。秋葉神社は田舎に近いんですよ。

もう1枚、駅舎外観です。^±^
鉄探訪41-5

改札から中を覗いてみました。^±^
鉄探訪41-6

ちょうど列車がやってきました。非電化単線です。x±x
鉄探訪41-7

駅の切符売り場です。
鉄探訪41-8

上りはこの橋を渡ります。
鉄探訪41-9
まだ八高線は停車してます。

やがてベルが鳴り、ドアが閉まりました。
鉄探訪41-10

群馬藤岡駅の表示板です。
鉄探訪41-11

氷雨の中の群馬藤岡駅です。
鉄探訪41-12

もう一枚・・・。^±^
鉄探訪41-13

群馬藤岡駅WIKIです。^±^ノ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A4%E9%A6%AC%E8%97%A4%E5%B2%A1%E9%A7%85

この後、車に乗って自宅の埼玉へ。
急ぐ旅でもなかったので、一般道で帰りました。^±^

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

白寿の湯に遊びに行く

身内のお葬式の帰り、せっかくなので、白寿(温泉)に寄りました。

久しぶりの訪問ですよ。^±^ノ
旅72-1

癒合・・・いや湯郷白寿さんの看板です。
旅72-2

相も変わらず成分の濃い、いいお風呂でした。
旅72-3
なめるとかなりしょっぱいです。^±^←舐めたのか?
お風呂の成分などは、前回で紹介しましたので、今回はキャラクター商品について、突っ込みたいと思います。

まず、玄関先に・・・。
旅72-4
お食事中の方、ごめんなさいです。x±x
リアルって・・・^±^

でも、ぉぃら、おやぢの生前、よくリアルのを踏んだものなあ。+±+
しかもドッキリでは、ありません。x±x
フンヲフンダ・・・^±^…ダッフンダ!!

そういえば露天風呂にアヒル隊長が浮かんでましたが、これだったのですね。
116個、浮かんでました。^±^
全部数えてたら、のぼせちゃった・・・。^±^←大の大人が数えてのぼせるなよ~
旅72-5

玄関先にも飾られて、売られてました。^±^
旅72-6
アヒル隊長、5匹200円です。^±^・・・かわいいんだけどね~

玄関先には、次のような商品も売ってました。
ケロリンのバスタオルに、ケロリンの洗面器です。所狭しと飾られてます。
旅72-7

これ、欲しかったんですよね。^±^
旅72-8
今回、買いませんでしたが・・・。x±x
何だ、買ってないのか・・・。x±x

ケロリンのキーホルダーもありました。^±^
旅72-9
525円だったかな、こちらは。^±^
こちらも買えばよかったなあ。^±^・・・これも買ってないけど
何だ、これも買ってないのか・・・x±x

そして、こちらの湯の花です。
旅72-10

その下には「ひのき」も売ってました。
そのほかに、おせんべいや、地場産業の製品も売ってましたよ。
こちらは、カラオケルームあり、お食事どころあり、漫画ルームあり、喫煙コーナーあり・・・至れり尽くせりです。
温泉にサウナはありませんが、この温泉に限ってはサウナは邪道です。^±^

ものすごく温まりますよ、奥さん。^±^ノ

神流川(かんながわ)温泉・湯郷白寿
埼玉県児玉郡神川町渡瀬337-1 TEL 0274-52-5585
泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・中性低温泉)

とにかく、ここの温泉、お湯の色が真っ赤ですごいです。^±^

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

3月なのに雪・・・^±^;

3月になって、暖かくなったなと思ったら、急に寒くなり、とうとう9日に雪が降りました。
東京周辺は、最近の傾向では、2月から3月にかけて雪が降ることが多いんですがね。

啓蟄(けいちつ)も過ぎて、カメさんも起きてきそうだったのに、また首をすっこめちゃいました。

7日に群馬に葬式に行ってきたのですが、その時も夜は霙(みぞれ)まじりでした。

葬式の前に立ち寄った、上里SA(サービスエリア)です。
家9-1

館内で休みました。^±^
家9-2

ハイウェイ情報もこちらからいただきます。
家9-3
その隣はお茶の無料サービスもあります。^±^ノ

葬式はうちの母の兄嫁の母(複雑すぎるし)のでしたが、齢106歳。
長生きされましたよね。なんでも、今年の2月から何も食べなくなって、啓蟄の日にお隠れになられたとか。
お手向け(たむけ)し、ご焼香して来ました。v±v

ところで、この冬一番雪が積もりました。
そこで、自宅周辺を写真に撮りました。
道路にも雪が積もりました。^±^
これほど雪が積もったのは2年ぶりです。(´∀`)ノ
もっとも、去年は雪がほとんど降りませんでしたからね。^-^*
街灯を写してみても、かなり激しい降雪が。^±^
家9-4

雪が深々と(しんしんと)降っております。^±^
家9-5

車のところに行きました。
家9-6
車も雪の中でした。^±^

さて、先ほど申しましたとおり、今年一番の積雪だったのですが・・・。
雪の粒は大きく、「ぼたん雪」でしたね。
2月は「粉雪」だったのですが。
春が近い証拠でしょうかね。

雪質は重かったです。x±x
これで雪合戦したら、明らかに怪我をしそうです。x±x

で、雪かきしましたが、夜は雨になってしまいましたとさ。+±+

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

長野オリンピックかあ・・・。(゜∀゜)ノ

冬季オリンピックがカナダ・バンクーバーで行われましたが、うちは昔、長野オリンピックを見に行ったんですよ。
長野オリンピック、懐かしいなあ・・・。^±^

長野オリンピックにはノルディック複合を見に行きましたよ。^±^ノ
ノルディック複合とは、ジャンプとクロスカントリーですね。
ちなみに、クラスカントリーのことを「距離」といってましたよね。^±^←古いなあ
また、フリースタイルスキーは「回転」でしたっけ?^±^←古いってば
本当は白馬でジャンプを見たかったのですが、チケットを買ったときにはもう売り切れだったのでした。
残ってたのはノルディック複合とクロカンとアルペンスキーとフリースタイルスキーだったと思います。
ボブスレー、リュージュ、バイアスロンもあったってば!(゚Д゚)ノx±x
フリースタールスキーでもよかったんですよね。志賀高原はちょっと遠いけど。
里谷選手、金メダルを取ったし。^±^
チケットの発売日の最初に休日に、軽井沢まで行って、10枚ほど纏め買いをしたんですがね。

確か行ったのがバレンタインデーだったかと。1998年2月14日。
長野まで新幹線で行き、そこからバスで神城の会場へ。^-^*
両親と、いとことで行きましたよん。(´∀`)ノ

メダルは逃したものの荻原兄弟はそろって入賞。すごかったですね。^±^・・・ナチカチー
しかし雪の上は寒かった・・・。x±x
ガタガタ震えながら見てました。長靴はぐちゃぐちゃになるし。雪が深いんだもん。

競技が全部見終わってからは、神城から大糸線の臨時電車で信濃大町まで行って(信濃木崎は止まらなかった)、そこから宿の車で宿泊先に・・・。
宿泊もまたなかなか取れなかったんですが、木崎湖温泉をようやくGETできた記憶が・・・。とにかくどこも混んでましたからね。

で、宿泊先のテレビではその翌日、ジャンプをやってたんですがね、悔しいことに、寝てて肝心なところを見逃しちゃいました。
朝早かったので(始発電車で行ったし)、疲れてました~x±x
案の定、メダルラッシュでしたよ。^±^;
ほかのみんなはしっかりと見たそうですが、ぉぃらだけ。相当疲れたらしく、起こしてもどうしても起きなかった・・・らしい・・・。
「フ~ナ~キ~、フ~ナ~キ~」
船木選手のコール、聞きたかったなあ。^±^
といいますか、もし早めにチケットを取っていたら船木コールをする予定だっただけに・・・つくづく残念。
でも最後のほうは見れましたが(やっと起きてきた)

そのあとのスケートは見ましたけどね。^±^
清水選手か岡崎選手がメダルを取りましたよ。

^±^ノ(^o^)丿^±^ノ(^o^)丿^±^ノニッポン、チャチャチャ・・・

荒川選手も、上村選手も、確か、まだ高校生くらいでしたよ。^±^ノ

てなわけで、ああ、懐かしい・・・^±^

バンクーバーオリンピックも、メダル全滅と思ってたので大健闘と思ってます。^±^ノ
キンメダイを1個欲しかったですがね。^±^ノ
「金メダルだろ!」(゚Д゚)ノx±xノ

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

「キャッシュ」から甦らせたかったコラム。「ここからアクタガワ」で昔やってた言葉遊び1

昔、ブログで、「ここからアクタガワ」というのをやってまして。
そこでは、現存する小説いじりのほかにこのようなものもやってました・・・。
その模様を「キャッシュ」から引き続き甦らせました。


Main
「俳句・川柳部門」  ここからアクタガワ
こちら俳句・川柳部門。「続きを読む」をクリックしてください。↓

最初の方は5文字、お次の方は7文字、3番目の方は5文字・・・で1作目完成です。その次の方は2作目になりますので、また5文字から書いてくださいね。
季語を入れて俳句としてもかまいませんよ。^±^ノ
20作品でワンクール。掲載となります。
5・7・5の順で書いてくださいね。


義理チョコも 必要経費と 部下の女子
 (てく&へー・東巴さん・てく&へー共作)

義理チョコも もらってみれば 後がこわい
 (てく&へー・魅亜さん・東巴さん共作)

金メダル 穴があるから トリノくい(取りにくい)
 (てく&へー・らってさん・てく&へー共作)
 
学び舎(や)に 御髪なびかす 枝垂(しだれ)かな・・・
(てく&へー・らってさん・てく&へー・・・共作)

ソメイヨシノ 花弁に透かせ・・・
 (てく&へー・らってさん・・・)


投稿者: てくっぺ
トラックバック(0)
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者

メール

コメント

URL


画像内の文字列(認証コード)を入力してください。
認証コードを正しく入力するとコメントが反映されます。
※大文字/小文字の区別はありません。
 
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:らって
2006/3/30 15:08
訂正

花弁に透かせ・・・

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://orange.ap.teacup.com/latte/
投稿者:らって
2006/3/30 15:07
花弁に透かす・・・

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://orange.ap.teacup.com/latte/
投稿者:てく&へー
2006/3/30 1:19
では、桜の季節に、いきますよ~^±^ノ
字余りですが・・・。

ソメイヨシノ・・・

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://www.hpmix.com/home/mochiie/index.htm
投稿者:てく&へー
2006/3/18 0:45
枝垂れかな・・・

校舎を背に、春のそよ風をなびかせるようにひらひらと咲く枝垂桜(しだれざくら)。
こんな優しく、淡い春の景色って好きだなぁ・・・^±^ノ

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://www.hpmix.com/home/mochiie/index.htm
投稿者:らって
2006/3/14 22:24
御髪なびかす・・・

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://orange.ap.teacup.com/latte/
投稿者:てく&へー
2006/3/5 20:51
では、季節に全く関係のないところから

校舎(まなびや)に・・・

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://www.hpmix.com/home/mochiie/index.htm
投稿者:てく&へー
2006/2/27 12:23
トリノくい・・・(取りにくい)
苦しい・・・^±^


http://web.archive.org/web/20080602225225/http://gold.ap.teacup.com/bungaku/
投稿者:らって
2006/2/24 19:36
金メダル・・・
「穴があるから・・・」

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://orange.ap.teacup.com/latte/
投稿者:てく&へー
2006/2/19 11:51
必要経費の後は・・・部下の女子

会社の部下の女子がいいますた。
「このバレンタインチョコ・・・必要経費で落とせるんですよね。だって、別にあげたくないけど会社とのコミュニケーションだからしょうがないのであげたのですから・・・」
しょうがないんで、「福利厚生費」として計上しますた。

次のお題
金メダル・・・でいかがでしょう?

http://web.archive.org/web/20080602225225/http://www.hpmix.com/home/mochiie/index.htm
投稿者:東巴
2006/2/15 5:04
後がこわい
[義理チョコも もらってみれば・・・]
なんて事がありませんように...

1|2
(2ページ目のアーカイブは消えてました。x±x)

最後の句がここで途切れてますが、なかなか難しいです。
575の、最初の5だけ書いて、次を誰かに書いてもらい、さらに誰かが書く・・・。
思わぬ言葉が出てくるので、機転を利かせなくてはならないのだ・・・。^±^

いちおう結んでおこうかな。^±^


ソメイヨシノ 花弁に透かせ 興の声

・・・っていうのはいかがでしょう?^±^ノ
ソメイヨシノの花の向こう側ではしきりに宴会のにぎやかな盛り上がり。
それを静かに見つめるソメイヨシノの花弁がはらはらと散っていく・・・。


ウンウン、即興デ作ッタニシテハ上出来ダ・・・。^±^ゞ コックリコックリ

このシリーズの続きは下記をクリックしてください。

シリーズ2へ。^±^ノ

戻る場合は下記をクリックしてくださいね。

シリーズの説明へ

テーマ : これってどお??
ジャンル : ブログ

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    02 | 2010/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部