FC2ブログ

我が家の無用の長物113=温泉で撮った親戚の写真つき

さて、今日の無用の長物は・・・。
カゴの何かです。^±^;…何かってなんだよ

このカゴは、梅干を干したりするのに使います。
無用の長物というほどでないのですが、最近、面倒くさくなって梅干を干さないので。
・・・結局、無用の長物ですかねえ。^±^;
20120916・無用の長物10

まあ、それでも、時々は活躍しますけどね。^±^;

他に、かぼちゃの種、ひまわりの種なども干します。^±^;

これらを干して、乾燥して食べるとなかなかおいしいんですよ。
ひまわりは炒って食べますが、かぼちゃの種はそのまま、外皮を剥いて食べられますよ。
食べる部分は少ないですが、脂分も多く、なかなかおいしいです。
お試しください。^±^ノ
貧乏臭いぞ!(゚Д゚)ノx±x

特においしいのは、かぼちゃの種ですね。
いいおやつにもなります。^±^ノ
癖になる味ですよ、オススメです。^±^ノ
お前はリスか!(゚Д゚)ノx±x…だっておいしいもん

あ、またまたおまけです。^±^:

顔の横のコロンが間違ってるじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x…ああ、ワスレタンコが
ワスレタンコって何だよ!(゚Д゚)ノx±x
このオタンコナスが!(゚Д゚)ノx±x

子供のころ、うちはコロンのことを「ワスレタンコ」と言ってました。^±^
たとえば2:00はの電光掲示板を見ると、
「ニ、ワスレタンコワスレタンコ、マルマル!」
と、わけのわからないことを言ってたそうです。^±^
どうも「.(ドット)」ひとつにつき、「ワスレタンコ」と呼んでたようなんですがね。
その理由はもう、忘れタンコです。^±^;
早く「おまけ」をやれよ!(゚Д゚)ノx±x…ああ、危うくワスレタンコになるところだった

温泉で撮った親戚の写真です。^±^ノ
20130808・親戚のアルバム1

だからどうだってんだよ!(゚Д゚)ノx±x

そのときのネオンです。^±^
20130808・親戚のアルバム2

わざと撮影しただろうが!(゚Д゚)ノx±x
小学生か!(゚Д゚)ノx±x…アメリカンジョークダヨ~

テーマ : 無用の長物
ジャンル : 結婚・家庭生活

ネタがない・・・^±^;=By空倶楽部

空については、ああ、ネタがないです。^±^;

しょうがないので、穴埋めのために、謎かけをひとつ。^±^;

うまくいってる恋人とかけまして、関東地方の雪とときます。^±^
そのこころは?(゚Д゚)ノ
滅多にふることはないでしょう。^±^ノ

・・・。(゚Д゚)ノ

・・・? ^±^

・・・。(゚Д゚)ノ

・・・! ^±^;

・・・。(゚Д゚)ノ

(゚Д゚)ノx±x

・・・。(゚Д゚)ノ

・・・、^±^;

・・・問答か!(゚Д゚)ノx±x
しゃべれや!(゚Д゚)ノx±x

既に、八方塞(はっぽうふさがり)です。^±^;…くだらない問答なんかしてる場合じゃないや
お前の人生そのものが、八方ふさがりなんだよ!(゚Д゚)ノx±x…ああ、八宝菜が食べたい
八宝菜は関係ないだろうが!(゚Д゚)ノx±x 
っつーか!(゚Д゚)ノx±x
何とかネタにしてるじゃんかよ!(゚Д゚)ノx±x…ああ、我ながら、陳腐なネタだなあ

そんな空です。^±^

我が家の近所のカーブミラー。
20130909・病院の日の前に01

近づいてみると。
20130909・病院の日の前に02

明らかに左右の天気が違う・・・。
20130909・病院の日の前に03

太陽光降り注ぐ空。
20130909・病院の日の前に04・太陽光降り注ぐ空

何かありますね。
20130909・病院の日の前に05

古代蓮・原始蓮のようです。大賀蓮ですかね。
20130909・病院の日の前に06

本当に花が古くなってるし。^±^;
オオガハス。ハス科、ハス属。大賀蓮。
20130909・病院の日の前に07

こちらはナスの花ですね。
ナス。ナス科、ナス属。茄子。
20130909・病院の日の前に08

で、この日は散歩してから病院の日です。
1年前に比べて、3キロやせました。
昨日から何も食べてない状態ですが、それは前回だって条件は一緒。
血圧は、MAX140、MIN90。やや高いですが、最初、病院の門をたたいたときは最低が110でしたから。

子供たちが遊ぶ、公園の空。
20130909・病院の日の前に09

天気は微妙ですがね。^±^;
20130909・病院の日の前に10

竜のいる空。
20130909・病院の日の前に11・竜のいる空

フェニックスのいる空。
20130909・病院の日の前に12・フェニックスのいる空

雲をよく見ると。
20130909・病院の日の前に13

鳥が何羽も飛んでいるように見えます。
20130909・病院の日の前に14

カーブミラーがまたありました。
20130909・病院の日の前に15

右は晴れ、左は完全な雲。
晴れのち曇りの、女心は、秋の空。
20130909・病院の日の前に16

病院で、コルゲンのカエルをもらいました。^±^;
20130909・病院の日の前に17

武甲山とコルゲンガエル。^±^ノ
20130909・病院の日の前に18

コルゲン、長瀞の水かかき回せて、洪水を起こす。^±^
名物の船が、ひっくりカエルぞ!(゚Д゚)ノx±x
乗客がコルゲ落ちるだろうが!(゚Д゚)ノx±x
20130909・病院の日の前に19

コルゲン、ロープウェイを揺らして、悪さする。^±^
だったら、足はどこに着地してるんだよ!(゚Д゚)ノx±x
20130909・病院の日の前に20

コルゲン、無許可で秩父夜祭の屋台に乗る。^±^
屋台、4台しかないんだぞ!(゚Д゚)ノx±x
20130909・病院の日の前に21

コルゲン、龍勢祭りでロケットに乗って地の果てに飛ばされる。^±^
どうせ重みですぐに落ちてくるだろうが!(゚Д゚)ノx±x
20130909・病院の日の前に22

「衝撃の事実! パレオパラドキシアの頭はコルゲンだった!」
そんなわけねえだろが!(゚Д゚)ノx±x
20130909・病院の日の前に23

秩父めーぶつグルメ。わらじかつ瞬間、コルゲおちる丼。
たちまちにして、縁起悪くなるだろうが!(゚Д゚)ノx±x
20130909・病院の日の前に24


充分すぎるほどのネタだったじゃんか!(゚Д゚)ノx±x…結果的にはね

勘違いするなよな!(゚Д゚)ノx±x
思い切りくだらなかったと言ってるんじゃ!(゚Д゚)ノx±x

空倶楽部は毎月、9のつく日に行っております。
詳しくは、かず某さんchacha○さんのところへどうぞです。^±^

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

2013年名古屋場所、蒼国来関、疑い晴れて出場

2013年名古屋場所です。
2013年7月の番付表です。

蒼国来(そうこくらい)関、疑いが晴れて出場したときの番付です。^±^

ここの倉庫、電気がないの? 懐中電灯持ってきて!^±^ノ
「倉庫暗い」のか!(゚Д゚)ノx±x
そのダジャレ、出ると思ってたぞ!(゚Д゚)ノx±x…見透かさないでよ~
お前がみえみえなことを言うから見透かされるんだぞ!(゚Д゚)ノx±x

出場しても、この成績では十両落ちだぞ!(゚Д゚)ノx±x

2013年名古屋場所の番付です。
クリックしてご覧下さい。^±^
20130914・大相撲12-01

十両の成績です。
20130914・大相撲12-02

次場所の予想番付です。
20130914・大相撲12-03

番付の東、上位です。
20130914・大相撲12-04

東番付前頭上位です。
20130914・大相撲12-05

番付の西、上位です。
20130914・大相撲12-06

西番付前頭上位です。
20130914・大相撲12-07

そのほかは、全体の番付をご覧下さい。^±^
やだね!(゚Д゚)ノx±x

優勝と三賞です。
20130914・大相撲12-08

十両以下の優勝者です。
20130914・大相撲12-09

遠藤関は新入幕も決まりました。
新十両でこの成績から、わずか1場所で幕内新入幕。
そもそも、新十両での14勝は1950年9月場所の米川(後の横綱・朝潮)以来史上2人目で、実に63年ぶりのことだとか。
幕下通過もわずかに2場所。
さらに言うと、幕下付け出し初土俵から所要3場所での入幕は、昭和以降では最速記録です。

石川県の穴水町出身。和倉温泉の少し北にある町ですね。
日本大学から鳴り物入りで角界へ。
期待の大型新人ですね。^±^ノ
久々に応援したい力士が出ました。^±^
目標は、学校も郷里も同じの、輪島関だとか。
今後は、相手も強いですから、挫折も色々とあるでしょうけど、将来は、ぜひぜひ、黄金のまわしをしめてもらいたいですね。
がんばってもらいたいものです。^±^ノ

稀勢の里は今回の11勝ではダメですね。
一から出直しです。+±+
直近の3場所は、10勝、13勝、11勝で合計34勝ですからね。
でも皆が期待しているのは、優勝でしょうね。
全勝か、悪くても14勝1敗で優勝でもすれば、その場で横綱になれるかも。
日本人の優勝者が出なくなって久しいですからね。優勝が縁遠くなりましたからね。
日本人力士が優勝しない限り、人気は戻らないと思います。
やはり無冠はちょっとなあ。^±^;

てくっぺ場所、目次です。^±^ノ
こちらに、それぞれの番付表がありますので、どうぞ。^±^ノ

てくっぺ場所

では、ごっつあんです。^±^ノ

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

大阪ちょいとマップ・北区

今日は北区です。^±^

1889年、大阪の4区にあった区です。
1925(大正14)年、此花区を分区、1943(昭和18)年に福島区、大淀区へ一部区域を分離編入。
1989(平成元)年、旧北区・大淀区が編入し、現在の北区に。
但し、当時の「北区」としてこのブログでは扱ってます。旧「大淀区」は「大淀区」のコラムを別に設けます。
後日をオタノシミニ~^±^ノ

以下の2枚は1963年頃の地図です。

梅田・大深町・・・梅田は「埋田」であります。下原と呼ばれる低湿地帯でした。その泥を埋めて畑にしたのが由来ですね。
また、大深町の町名は旧「大フケ」から来ています。フケは深田(泥田)を意味するそうです。
いずれにしても泥の田んぼであった地帯なんですね。

天神橋・天満・・・天神橋は豊臣秀吉時代に架けられました。天神も天満も、両地名とも大阪天満宮があることに因みます。
かつて、天神橋筋は1丁目から8丁目まであり、それぞれ天一~天八と言ってました。現在は住居表示され、「筋」が取れて「天神橋」という地名になってます。
特に天六(天神橋筋6丁目)は地下鉄駅でもあり有名ですね。^±^

大阪天満宮のWIKIです。^±^ノ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE

堂島・・・江戸時代の代表的な豪商、淀屋(淀屋橋もここに因む)が北浜で開いた米市場が、1697年、時は元禄時代に対岸の堂島に移ったことに由来します。
ここを堂島米市場とし、発展したといいます。なお、ここが世界初の商品先物取引の場所の「堂島所」となりました。
ちょい144-1

さて、大深町辺り。
1963年の地図です。
ちょい144-2

以下の地図は、1956~7年のものです。
ちょい144-3
中津南通の地名が入ってますね。

よく見ると地名がちょっと違うのが楽しいですよね。^±^ノ

次回は天王寺区です。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

大阪ちょいとマップ・南区(現・中央区)

今日は南区です。
南区も大阪市の最初の4区(北区、南区、東区、西区)に入ってました。
こちらは1989年、東区と合併、中央区となりました。

宗右衛門町・・・この地図では「宗右エ門町」となってますが。^±^
「そうえもんちょう」が正式ですが、大阪では「そえもんちょう」と。
地名の由来は、江戸時代初期、道頓堀川の開削に関わった人物のひとりの山口屋宗右衛門の名前から来ているそうです。

道頓堀・・・道頓堀は1612年に安井道頓(剃髪前は安井成安)が、資材を擲って(なげうって)堀を通したのでこの名前がつきました。が、道頓、安井の姓でなく、成安姓であったのではないかという説もあり、「安井道頓」か「成安道頓」かは定かではないそうです。
ちょい143-1

千日前・・・この町には元々法善寺と竹林寺がありまして、千日念仏を唱えていたことが町名の由来です。従いまして、どちらの寺も「千日寺」といいます。
そこの寺の門前町だから千日前、というわけですね。^±^

難波新地・・・このあたりは武士の住んでいた町だったのかもしれませんね。
「○○丁」とつく場所は、基本的には武家屋敷の跡地が多いと耳にします。商人の町は「○○町」なんですと。
ついでに、「新地」とは新しく開かれた土地で、遊郭の多い土地だそうです。
難波新地のほかにも曽根崎新地などがあります。
う~ん。相反するような。
「武士」と「遊郭」の町って・・・^±^
更にこの下の地図にも、「高津町一番丁」、「瓦屋町三番丁」なども。
こちらはなんだか矛盾しますよね。
「○○町○○丁」って・・・^±^
あるいは、「丁目」の略したのを「丁」としたのでしょうか?
ちょい143-2

高津・・・「こうづ」と読みます。^±^
「高津の富」という落語がありますが、上方落語ではおそらくご当地です。船場の宿に泊まって富くじが当たります。
なお、ちなみに江戸の落語では「高津」とは湯島天神のことです。江戸落語の場合、そのお題目は一般には「宿屋の富」です。湯島天神もまた、高津神社(こうづじんじゃ)と呼ばれてます。
ちょい143-3

それでは~^±^
次回は北区です。^±^ノ

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

大阪ちょいとマップ・西区

今日は西区です。

地図は、色つきのものが昭和38(1963)年で、色がついていない地図のほうは昭和31~32(1956~57)年ごろと思います。

西区は1889年、大阪市の区の発足から、この区はあります。1925(大正14)年、港区を分離し、現在に至ってます。

靱・・・「うつぼ」と読みます。難読ですね。x±x
豊臣秀吉がお供とともに市中を巡視した際、ここを通ると魚商人たちが「安い、安い」と威勢のいい掛け声で売っていたので、秀吉が「安いの安(やす)とは、靱(矢を入れる道具)のことじゃな」としゃれたことから名前がついたそうです。
また、昔ここにあった「永代浜」の形がこの「やす」に似てたのでついたとも。
あやふやな由来だな~x±x…なんだかなー

阿波座・・・「あわざ」ですね。
阿波座は、阿波の国の商人たちが移り住んだという説と、阿波屋西村太郎助の所領だったという説とがあります。
この辺りは新町にあった遊郭の町で、遊女が氾濫する下等な場所だったとWIKIに・・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E6%B3%A2%E5%BA%A7

下等な町とはひどい書き方だな~x±x←こいつは下等な人
ちょい142-1

さて、もうひとつのお楽しみ・・・。^±^
新旧の地図(どっちも古いけど)を見比べてみましょうか?^±^ノ

1963年ごろの九条周辺。
ちょい142-2

1956~7年の九条周辺。
ちょい142-3
九条の条の字が「條」と古いですね。^±^
番地も整理されてます。
また現在の地図とも違っているようですが、あいにく持ってません。x±x

九条・・・元淀川河口の中州でした。江戸時代初期に農地として開発されて、衢壌島(くじょうじま)と名づけられたのが由来だそうです。農地ということなので、本田(ほんでん)も関連してるんでしょうね。

川口・・・文字通り、川の口なのですが川底が浅く、大きな船が入らないのでした。
そんなわけで、大型船に乗って来た外国の商人たちは、神戸に移っていきました。
代わって中国商人の町となり、日中戦争中までは、中華街があったそうです。

次回は南区です。
南区は1989年、東区と合併し、中央区になりました。

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

大阪ちょいとマップ・東区(現・中央区)

今回から始まりました、大阪ちょいとマップ。

地図は、色つきのものが昭和38(1963)年で、色がついていない地図のほうは昭和31~32(1956~57)年ごろと思います。
どちらの地図も発行日が書かれていませんが、①色つきが新幹線開業前(工事中)ということと、市電廃止箇所を調べてみてどうやら昭和38年代、②門真市が全体図を見ると市になっているのに、地図内ではまだ「町」なっていることで市になりたてと推測し、また、新幹線の計画さえも書かれてないこと、市電の運行状態から、どうも昭和31年から、せいぜい32年ごろと推理されます。

さて、能書きはここまでとして、早速東区から。
大阪市東区は、1889年、つまり明治22年に発足、そして、ちょうど百年後の1989年に南区と合併し、現在は中央区の一部です。
大阪市電が走ってますね。^±^

森之宮・・・森之宮は城東区にもあります。その由来は、鵲森宮(かささぎもりのみや)から来ているそうです。森之宮神社のことです。
ちょい141-1

北浜は東京でいえば兜町のような金融街ですね。
江戸時代の初期、淀屋辰五郎にまつわる米市場があり、これが後に「北浜会所」となり、これが起源でしょうか。淀屋橋は淀屋辰五郎の名前から来てるんですね。

中之島は、旧淀川が二手に分かれ、堂島川、土佐堀川となりますが、その中州ですね。
ちょい141-2

(追記)
高麗橋は、古代に朝鮮半島諸国の使節を迎えた「高麗館(こまのむろつみ)」があったからという説と、豊臣秀吉の大坂町割りの際、この辺に朝鮮との交易の拠点があったという説などがあります。
船場は、しばしば戦争があった場所で、「戦場」と呼ばれた説、大坂城の馬を洗った場所で、「洗馬」と呼ばれた説、砂浜であったため「砂場(さば)」と呼ばれ、これが転訛して「センバ」となった説、古代は船着き場であって、着船場の「着」の字を省いて「船場」となった説とがあります。

渡辺・・・現在では久太郎町4丁目の一部ですが、番地が変わっていて、1、2、3番地のあと、「渡辺」という番地になります。
これは地元住民が「地名を残してくれ」という要望が強かったため、それではと、4番地の変わりに「渡辺」にしたそうです。
それにしても、町全体が番地1つ分とは・・・^±^
でもこれは重要なんだそうです。なんと、全国の渡辺さんの姓名の発祥でもありますから。
またここは、中世には「渡辺津」といわれ、古いのです。その守護神が坐摩神社(いかすりじんじゃ)です。一般には「ざまじんじゃ」といわれてます。
ちょい141-3

さて、大阪城の北側。弁天町は、昭和38年と31~32年と若干違います。
後者は「弁天町、鴫野(しぎの)町」だったようです(あるいは混在か)。

昭和38年頃の地図。
ちょい141-4

昭和31年32年頃の地図。
ちょい141-5
鴫野は古くは志宜荘(しぎのしょう)という荘園があるからついたとか、この辺りは沼地で、鳥の鴫(しぎ)が多く見られたのでこの地名がついたともいわれてます。

それでは、次回は西区です。^±^ノ

テーマ : 古本
ジャンル : 本・雑誌

ローカル路線バスの旅、第3弾は北海道

ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の第3弾は北海道縦断でした。^±^
テレビBSジャパンで、9月5日18時に放送してました。
函館の駅から、いつもどおりの太川陽介さんと蛭子能収さんとの珍道中。
今回のゴール地点は宗谷岬。
県境声がないのですが、距離が長いので移動が大変。
しかし、歩くことは余りないでしょうから、その点は楽ともいえます。
マドンナは伊藤かずえさん。
函館から長万部(おしゃまんべ)まで行き、ここまでは順風満帆。

長万部で時間があり、温泉(太川さん、蛭子さんだけ入浴)と食事をすることに。
さて、蛭子さんは、いつもマイペースといいますか、地のものがあってもほとんどそれを口にしません。
長万部で食事をしても、太川さんも伊藤さんも海鮮丼を注文するのに、蛭子さんは味噌ラーメンとオムライスです。

また、蛭子さんのジャンケンの弱いことも判明。^±^;
「最初はグー」と言ってるのに、パーから出すし。
しかも、必ずパーを出してしまうので、チョキさえ出せば勝てるわけで。
長万部から寿都、岩内と走り、盃温泉(さかずきおんせん)が1日目の宿泊が決定。
その際、どこで降りればいいのか、誰が運転手に聞くかを決めるのに、じゃんけんをしたのですが。
そういうわけで、当然蛭子さんが聞き役に。^±^;…パーばかり出すんだもんな
盃温泉の宿泊地に行くには、「盃海水浴場」で降りることがわかり、降りてみると真っ暗。
海水浴場とは言っても、暗くて何も見えず。暗い岩が遠くに見えるだけ。
「怖いよ」と一行は不気味がります。

2日目は、盃海水浴場から一路、神威岬(かむいみさき)へ。
終点の時間を運転手さんから聞きだすのに、またじゃんけん。
案の定、蛭子さんはパーを出して負けます。^±^;
神威岬に到着して、伊藤さんは食事からしたいと言いますが、まず最初に岬に行きたがる太川さんと蛭子さんに対して逆らわずに、ついて行きます。
蛭子「だから、この道歩かないとバチが当たるって」
どんな罰なんだか。^±^;
食事は、相変わらず地のものを頼む太川さん、伊藤さんに対して、蛭子さんはカレー。
キートン山田さんに、ナレーションで一言チクリ。
キートン「心も舌も少年のような蛭子さんです」

神威岬から小樽まではバスで2時間ほど。
バスの中で上野の話になります。
蛭子「不忍池ね、あそこの蓮がすごく気持ち悪かった、すごいどでかいんだよ」
普通、どこがきれいとか、そういう感想を言うのが一般というのに。
蛭子さんったら。^±^;

小樽に着いて時間があるので小樽運河に向かいます。
途中で似顔絵を描く商売してる方と出会い、
伊藤「蛭子さん、描いてもらったら?」
蛭子「だったら俺が似顔のおじさん描くよ」
伊藤「そうか、漫画家だったこと、忘れてた」
・・・まあ、空耳アワーの安斎肇さん程度の絵ですがね。^±^;
伊藤かずえさんも失礼だけど、お前はもっと失礼だな!(゚Д゚)ノx±x

小樽からは直接、札幌まで行けず、宮の沢で乗り換えることが判明。
バスを待っていると、たこ焼き屋を発見。
ソフトクリームをその場で買って食べていると、さらに、「バクダン」という大型のたこ焼きらしきものを見つけ、それをバスの中で食べるべく、買うことに。
ところが、バスは混んでいて食べることができず、蛭子さんはしきりに食べたがりますが、車内ににおいが充満するのも迷惑だからと、お預け状態。

札幌に到着すると、その次は江別へ向かって下さいといわれ、さらに、「大通りのバスセンターに行かなくてはない」といわれます。
ところが、「大通バスセンター」の停留所がなかなか見つかりません。
積極的に、一早く探そうとしたのが、なんと蛭子さん。
太川「走るエビス」
蛭子「大通り、大通りといわれてもねえ。都会はちょっと難しいね、バス停がありすぎて」
1時間のロスを余儀なくされ、やっと見つけ、江別行きも発見。蛭子さんは、その間、トイレへ。
ここで、ようやく「バクダン」を食べる時間があると思って箱を開けてみるとドロドロに溶けた状態。
太川「バクダン、食べよ」
伊藤「形、ないじゃない」
太川「丸いのが、四角になってる」
ここでようやく蛭子さんがトイレから戻って、
太川「バクダンが不発弾になってる」
蛭子「だから早く食べようって言ったのに」
太川「あの状態じゃ食べられなかったでしょ」
蛭子「でもおいしい・・・。あったかかったらおいしいよ」

さて、江別行きに乗った先、ここから北に向かいバスがなく、順風満帆には行かないことを悟り始め、途方にくれる3人。
そこに、野幌(のっぽろ)方面に行くバス停を発見。野幌から栗山へ、さらに岩見沢行きのバスが接続できそうだという情報をキャッチ。埒があかないので、とりあえず、野幌まで行って、そこで宿泊。大麻(おおあさ)行きのバスで野幌へ。

まだ半分も辿り着いてないまま、3日目突入。
野幌から、8時15分の岩見沢行きに乗り、岩見沢から、美唄を経て滝川へ。
滝川で、旭川に行けば留萌行きのバスがあり、さらに豊富まで行けるという朗報を知ります。
豊富へ行ければ、さらに稚内まで行けそうな目処が立つと思っていたのです。
その情報にいたく感激した蛭子さん、調子のいいことを言います。
蛭子「一生忘れない、お名前、なんていうの」
案内所の女性「刈田です」
蛭子「あ、刈田さんね・・・」
太川「刈田さん、万歳」
そして、お礼を言ってから、女性が案内所に戻ろうとして、太川さんは蛭子さんに問いかけます。
太川「あの人、誰だっけ?」
蛭子「・・・あ、あ、滝川??」
太川「刈田さん! 一生忘れないと言っておいて・・・」
蛭子「あ、そうね、刈田さんね、刈田さん」
蛭子さんのことだから、またすぐに忘れそう。^±^;

ところが、豊富から先の情報を聞くと、バスはまったくないと言われます。たちまちにして、留萌ルートは断ち切られます。同時に、3人は再び奈落の底に突き落とされます。
伊藤「二転三転するね。ぬか喜び、多すぎるね」

滝川から旭川に向かい、ここで道北バスでルートを確認。
蛭子「どこへ行くといいんだっけ? オウチョップだっけ?」
音威子府(おといねっぷ)が読めず「オウチョップ」と言った蛭子さんって・・・^±^;
旭川で確認すると、明るい兆しが。
旭川から名寄に出て、名寄から興部までバスがあるといいます。
伊藤さんの足は疲れでパンパンに・・・。
名寄まで行くバスを待つ時間が多少あるので、伊藤さんをリラクゼーションに行かせて、太川さんと蛭子さんは、その間、作戦を練り直します。
蛭子「今日はナヨリに泊まる」
太川「後々のことを考えて、もっと先にいったほうがいいと思うんだけど」
蛭子「(地図を指でさして)ナヨリ、ここまで行くんだよ」
太川「名寄(なよろ)!」
蛭子「じゃあ、太川さん、決めて。とにかくリーダーの意見には従いません」
太川「(苦笑)従いません?」
蛭子「(慌てて)い、いや、従いますから」
太川「(蛭子さんが注文したアイスクリームとほっとコーヒーを指でさして)この食べ物と一緒だよ。熱いのと冷たいのを同時に食べて」
口が滑ったか定かはないですが、本音のような蛭子さん。^±^;
結局、名寄に泊まるかどうかは、先送りに。
伊藤さんと合流し、バスに乗り、名寄には18時半に到着。
興部行きの終バスはまだありました。
しかし、すでに蛭子さんの心は泊まることでいっぱい。バスの時刻も、翌日のを無意識に調べてます。
蛭子「興部、5時52分発。ユウタケって何?」
キートン「雄武(おうむ)って読むんです」
名寄発興部行き、5時52分の早朝の始発に乗るのを条件に、リーダーの太川さんも、名寄宿泊の蛭子さんの意見をのむことに。

最終日4日目。
早朝からバスに乗ります。のんきな蛭子さんは朝から適当な発言。
蛭子「朝だというのに明るいねえ。昼みたいだねえ」
起きていて寝ぼける蛭子さん。^±^…あんなところに太陽があるわけないって、指摘されてたよね
興部(おこっぺ)からは雄武(おうむ)乗換えで、オホーツク海沿いに枝幸(えさし)まで行けるという情報をもらい、ゴールが成功への希望がぐんと大きくなります。
バスの中で、伊藤さんは、またもや急転して山のほうに行くんじゃないかと心配します。
蛭子「もう山のほうへ迂回ルートはないよ、宗谷(そうや)バスだから」
伊藤「そうやね~・・・。ああ、感染した。4日もいれば蛭子さんの影響が出る」
太川「エビスキン(蛭子菌)、強いでしょ?」
伊藤「強い~」
ふとバスの車内を見ると、スコップが置いてあるのを発見。
なぜ置いてあるのか、運転手さんに聞く役を決めるべく、また、ジャンケン。
もちろん蛭子さん、パーを出して負け。
太川「なんでパーばかり出すの?」
蛭子「とりわけ何も考えてないんだけど、みんな考えてジャンケン出すの?」
そりゃそうだってば。^±^;…この調子なら、カニとジャンケンをやっても負けそうだし
結局、スコップは雪対策だってさ。^±^

8時40分発の枝幸行きの乗ります。
終点の枝幸で降りると、12時20分出発の浜頓別(はまとんべつ)行きを発見。^±^
これに太川さん、大喜び。
とりあえず浜頓別まで行かれれば最終的に宗谷岬へも行かれだろうという、太川さんにとっての最後のネックとなっていた場所だったようで、それをクリアして安堵したのです。
浜頓別まで行けば、宗谷岬がぐんと近まります。
枝幸でオホーツクの様子を見てから、まだまだ時間があるので、昼食に摂ろうということとなり、食堂へ行くも、太川さんと伊藤さんはカニ海鮮、蛭子さんは天丼。
相変わらず、マイペースだなあ。^±^;

お腹を満たしてバスに乗り込みます。
そして、終点の浜頓別では、いよいよ、13時すぎの稚内行きのバスがあるのも発見。
ところがこれも最後まで一筋縄でいかないのでした。
宗谷岬に直接行くバスではなく、終点の稚内から宗谷岬行きのバスに乗り換えてくださいとのこと。
しかも稚内まで2時間半も所要時間がかかります。
15時30分、ようやく稚内に到着。宗谷岬へのバスは、16時20分。
これでゴールが確定しましたが、宗谷岬に到着したのは17時06分。

お疲れ様でした。^±^
まあ、何はともあれ、到着してよかったです。^±^ノ

この3回目で、現在もシリーズ化している「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の屋台骨ができた感があります。

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第15弾は、ハードでした

ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第15弾は2013年8月31日に、テレビでやってました。

山形県の米沢から大間崎へ行くルートですがね。
もちろん一番の楽しみは、蛭子能収(えびすよしかず)さんの素行ですね。
いつも笑わせていただいてます。^±^;

マドンナはさとう珠緒さん。
「人生で一度も一日1万歩を歩いたことがない」と豪語。^±^
万歩計を用意してます。

最初のバスは、米沢から川西(小松)。
さとう珠緒さん。やる気満々で、バスの中で運転手に尋ねる練習をします。
「北へ行きたいんですけど、どう行けばいいんでしょうかね?」
「小松まで行ったら、小松から先はどう行ったらいいんですか?」
意外や意外、まともです。^±^

実際に聞いてみると、川西からは長井方面のバスはなく、長井から歩くと10キロかかるとか。
それはきついのでもう一度、川西町役場で聞いてみますと、今泉まで、4~5キロ歩けばそこから長井に行くバスがあり、さらにそこからは山形までバスが通じるといわれます。
川西町からいよいよ歩くことになり、さとうさんは酒蔵を見て、ちょっと寄りたいと提案。
しかし、太川陽介さんが、
「時間がないから一刻も早く行かなくちゃ。ここで休んで着かないのとあきらめて着くのとどっちがいい?」
と優しく言うと、すぐに納得。
かつてのマドンナでは、やりたいことをやって突っ張った人や、ふくれっつらする人などがいたけど、さとう珠緒さんは素直です。
蛭子さんとさとうさんが並んで歩くのを見て、
太川「リュックの紐のしわのよりかたといい、蛭子さんに似てるなあ」
と指摘。^±^;
またその後、スイカののぼりが出ていて、
さとう「スイカ、おいしそう」
その口ぶりで、あだ名決定。
太川「エビ子だよ~」

バスを待ってる間、蛭子さんは目を閉じてます。
完全に寝てるのに・・・。^±^;
蛭子「目を休ませてるだけ」。
(これは、漫画家だったうちの父の言い訳と一緒でした。父は、仕事をサボって眠ったときの言い訳で、「アイデアを考えてた」と堂々と言ってました。)

置賜病院から南陽を通って小滝行きに、小滝から山形、さらに山形で村山行きのバスを見つけます。
おりしもこの日は花笠祭りの日で、蛭子さん、花笠踊りをまねて見ますが、手つきがおぼつかないです。
これがもう、不器用のきわみ。^±^;
それを「自由形」と言い切る蛭子さん。^±^;
さとう珠緒さん、さらに蛭子さんにとどめを刺します。
さとう「ガタガタですよ、蛭子さん」

さらに村山からは新庄行きの特急路線バスを見つけ、距離を稼ぎます。
ちなみに蛭子さんですが、尾花沢行きのバスを見て、
蛭子「オハナバナ」
と言ってました。^±^;
新庄から、さらに金山までバスがありましたが、1日目はここで泊まり。
ホテルを取りますが満室でピンチに陥るも、ホテルの人が親切で宿を探してもらい、ようやく泊まる場所も決まり一安心。
夕食で、さとうさん、万歩計を見てびっくり。あと30歩強で2万歩。
ということで居酒屋内をうろついて、2万歩達成。意外とタフ。^±^

翌朝、新庄~金山~真室川病院~及位(のぞき)とバスを乗り継ぎますが、金山のバスがぎりぎりで一瞬あせる3人。それでもなんとか覗きまではいけましたが、その先県境はバスがありません。
結局、10キロ歩かなければいけないこととなり、さらに院内まで行けばあるはずのバスが廃止されたばかりで、その次の横堀駅まで4キロ追加して歩くことになります。
がっかりした蛭子さん、トイレ休憩で気を失う寸前の爆睡。^±^;
キートン山田さん、ここで意地悪なナレーション。
キートン「ああー、生きてますかぁ~? 気を失ってるんじゃないだろうね」
途中、稲庭うどんの店があり、昼食に。でも蛭子さんが頼んだのは冷やし中華。^±^;
キートン「エビスさん、本当に地のものに興味がないんだねえ」
畳み掛けるような嫌味。^±^;
嫌味だなあ!(゚Д゚)ノx±x

横堀からは湯沢行きのバスがあり、湯沢駅前角バス停から横手バスターミナル行きのバス、そこから大曲行きのバスに乗り、途中、六郷(六郷高校)乗換えで角館へ。
かなりのハードな一日でした。+±+
さとう珠緒さん、角館に着いて、だいぶくたびれたようで・・・。
さとう「くたびれてプンプンの手もあがらない」
頭に手を乗せて、「プンプン」と怒ったそぶりをするんですが、疲れてそれも出来ないとか。
プラザホテルで宿泊。この日は27807歩。
蛭子「思ったよりいかなかったね」
3万歩はいくかと思ってたらしいです。^±^;…いやいや立派な歩数ですよ
蛭子さん、夕食で、せっかくのおにぎりをグチャグチャにほぐして食します。

3日目は、角館から田沢湖駅へ。
ここで時間があり、朝食を摂ります。
そこに昔懐かしい地球型の琺瑯(ほうろう)製の星占いがありました。
で、蛭子さんは早速お金を入れて占ってみました。^±^ノ◎
てんびん座でラッキーナンバーは23と出まして、そこに書かれてたのは・・・。
蛭子「わがままは禁物。周囲とバランスをあわせれば吉、だって・・・」
太川・さとう「蛭子さん、びったりじゃん」

田沢湖駅~田沢湖畔~玉川温泉と、バスを乗り継ぎます。玉川温泉では大噴(おおふけ)を見物。
玉川温泉から鹿角花輪駅へ。バスの中で蛭子さんに質問。
太川「蛭子さんに、質問コーナー」
さとう「小さい頃は、どういうものが好きでしたか?」
蛭子「家でトランプしたりとか」
これをきっかけに、トランプをすることに・・・。
負けた人は罰ゲームとして勝った人の肩をマッサージするという条件で。
結果、連勝は蛭子さんで連敗は太川さん。^±^;…それも4連続で
ところが、蛭子さん。
蛭子「痛いなあ、罰ゲームだな。賞だか罰だかわかんない」
それでも勝ち続けて、しまいには、
蛭子「カンベンカンベン、もうカンベン」

鹿角から十和田湖行きのバスを見てびっくり。
午前9時発の1本のみ。^±^;
とりあえず、途中の大湯温泉まで行くことに。大湯温泉まで行けば、別のバスがあるかもしれないと思って。
ところが、条件は一緒ということで、大湯温泉に泊まることに。時間はまだ午後3時すぎ。
太川「(トランプで)楽しんだからバチが当たったかも」
途中、比内地鶏の店があり、ここで食事をすることに。
太川「(蛭子に)鶏(とり)、大丈夫?」
蛭子「でんでん大丈夫」
そのわりに蛭子さんが頼んだのはカツ丼。比内地鶏のお店なのに。^±^;

最終日4日目。
9時38分発、十和田湖行きに乗車。ここからようやく青森県。
十和田湖で時間があってレストハウスで一休み。
さとう珠緒さん、お茶をしながら、かわいらしく、
さとう「私、場所によって変えられる女・・・。湖畔の女・・・」
蛭子「何言ってんの? 精神状態、おかしいんじゃないの?」
さとう「もうぉ~~」
本当にいいコンビかも。^±^;
でもうちは、さとう珠緒さんに好印象です。^±^ノ
足を引っ張ることをしませんし、かわいげがあります。

十和田湖からは青森行きに乗り、途中の焼山(奥入瀬)で乗り換え、七戸へ。
その間、
蛭子「バスはあるのかなあ・・・」
さとう「あるよ」
蛭子「あるかなあ」
さとう「あるよ」
太川「エビス&エビ子~、あんたら、いいコンビだなあ」

七戸から野辺地行きのバスがありました。15時30分到着。
野辺地からはむつ行きのバスもありましたが、17時30分発。これは厳しいです。

ここで太川さんと蛭子さんが、以前、お世話になった野辺地駅前にある松浦食堂にお礼に行くことに。
以前訪問したときには、急いでいたので、お礼もそこそこに。
というよりもほとんどお礼しないまま出てしまったことに、特に太川さんが気にしていて改めて御礼をしたいと提案。
そこで、御礼に行ってみると、写真が飾られていて、さらにアルバムには、蛭子さんが寝てる写真まであり、
太川「ほとんど流れ着いた死体だね」
ところが、このお店で思わぬいい情報が。
17時30分の前に、青森を出発するバスで16時19分発のむつ行きもあると言います。
バス停は3人が確認したところとは別の場所にあったので、気がつかなかったのでした。
太川「またお世話になった」
とにかく、1分でも早く目的地へ行きたいので、そのバスを乗ることに。
むつ到着18時前、18時15分の大畑駅行きのバスに乗り、運命を託して、バスが走ります。

大畑駅到着は18時50分。

ところが、大間崎のバスは17時30分で最終・・・。+±+
残念。x±x

さとう「プンプンも出ない・・・」
蛭子「あと少しだったけどねえ」

もうちょっとでしたけど、こればかりはどうにもなりませんね。
少なくても、鹿角花輪駅から十和田湖行きがもう1本あって、十和田湖まで進んでいればよかったんですが。
太川さんたちが、十和田湖まで歩けるか尋ねたところ、鹿角花輪駅の案内所の人が、
太川「足に自信があるんですが、無理ですかね?」
案内所「ムリムリ、絶対に無理」
と、断定してましたからね。^±^;

うーん。^±^;
「くたびれてプンプンの手もあがらない」って・・・。^±^;

テーマ : こんなことがありました
ジャンル : ブログ

鉄写同好会(2013年9月)

皆様、お疲れ様です。^±^
鉄写同好会の日がやってまいりました。
皆様の作品が楽しみですね。^±^

まずは、うちの今月の鉄道写真はこちら。^±^
1280×960の大きさの画像です。サムネイルになってます。
クリックすると画像が大きくなります。^±^

2013年8月4日、西武園の花火を見るために荒幡富士に行きましたが、その途中の下山口駅の様子です。
夜の鉄道ですがね、^±^

往路。

8月のとある日曜日夜の帳(とばり)が降りて、駅から出てくる人々。
20130804・花火鉄1(行き)

下山口から、線路目線で。
20130804・花火鉄2

さらに、ローアングルで、また、夜らしい演出のアンダー気味に。
20130804・花火鉄3

駅の明るさを取り込んでみました。微妙ですがね。^±^;
20130804・花火鉄4

復路。
花火からの帰りです。
花火が終わり、21時過ぎ。踏切の様子。
20130804・花火鉄5(帰り)

電車つきです。^±^ノ
無駄なことと思いながらも、下山口駅の写真。^±^;
無駄と思うなら写真を撮るなよ!(゚Д゚)ノx±x
20130804・花火鉄6

ラスト。
下山口の踏切を渡ってから、撮り納め。
20130804・花火鉄7

あ、8月11日には阿佐ヶ谷七夕にも行ってきました。

1.国分寺駅

西武国分寺線の国分寺駅です。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄01・国分寺

この駅で中央線に乗り換えました。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄02・国分寺

西武国分寺線の国分寺駅、縦型の駅名表示板です。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄03・国分寺

JRに乗り換えて、こちらは中央線の国分寺駅。^±^
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄04・国分寺

2.三鷹駅

三鷹駅のプラットホームの様子。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄05・三鷹

三鷹駅の駅名表示板。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄06・三鷹

三鷹の駅売店。ミックスジュース、飲みたかったなあ。^±^
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄07・三鷹

3.荻窪駅

荻窪駅の縦型駅名表示板。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄08・荻窪

荻窪駅プラットホームから。三鷹方面を望む。線路のこの曲がり具合がたまらん。^±^;
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄09・荻窪

中央線と線路。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄10・荻窪

すずらん通りと地下鉄東西線。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄11-12

総武線のプラットホームの様子。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄11・荻窪

4.阿佐ヶ谷駅

阿佐ヶ谷駅の中央線プラットホーム。
電車は休日通過です。x±x
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄12・阿佐ヶ谷

総武線のプラットホームにある自動販売機。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄13・阿佐ヶ谷

総武線のプラットホーム。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄14・阿佐ヶ谷

5.石神井公園駅

石神井公園駅がリニューアル、高架に。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄15・石神井公園

石神井公園のプラットホーム。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄16・石神井公園

6.西所沢駅

西武狭山線にメーテルの電車が。
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄17・西所沢

メーテル車両。^±^
20130811・阿佐ヶ谷七夕鉄18・西所沢


さて、皆様の写真の所へも、ぜひ。
クリックしてみてくださいね。
楽しんでいってくださいませ。^±^ノ


既にご入会されてらっしゃる方です。^±^ノ
上総介さん
瑠璃さん
chacha○さん
上総さん
まこちゃんさん
yopikoさん
夕ひばりさん
hiiragiさん
41793310さん
norinorimiffyさん
ラバさん
だぁなさん
tanega島さん
ジュレさん(きららさん)
喜サンタさん
しもちゃんさん(まどぎわの総武線)

今後ともよろしくお願いします。^±^


そして・・・。^±^
新たにご入会された方です。^±^ノ
juraku-5thさん

(ご参加される方はお気軽にコメント欄でお申し付けください)

今後ともよろしくお願いします。^±^



お知らせ

Luxioさんが、前月をもちまして、退会されました。
長い間、どうもありがとうございました。^±^

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    08 | 2013/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部