FC2ブログ

びみょーなる一族(2017年8月)・高尾山温泉にて

今回は、高尾山温泉での食事です。
全部、1024ピクセルのサムネイル版です。

高尾山温泉です。
20170723・花歴史温泉・ビミョー1

湯上りに食べる冷たいものはたまりませんね。
20170723・花歴史温泉・ビミョー2

でもって、自分はなめこそばをいただきました。
20170723・花歴史温泉・ビミョー3

ほかに二人は、野菜ちゃんぽんを食べました。
ちょっともらいましたが、こちらもおいしかったですよ。^±^ノ
20170723・花歴史温泉・ビミョー4

あ、高尾山温泉は、館内からでも、高尾山口駅の京王線の発車時刻がわかるようになっています。
20170723・花歴史温泉・ビミョー5

高尾山温泉、極楽湯は、その名の通り、極楽でしたよ。^±^ノ
登山客が多かったですがね。^±^;
20170723・花歴史温泉・ビミョー6

毎月21日が会合日です。^±^ノ
ご入会されたい方はだぁな様のところへ。^±^
下記をクリックしてみてね。^±^

だぁなさんのだぁな神殿

あ、ついでに、我が家のビミョーです。^±^;・・・サムネイル版はすべて1024ピクセルですよ

久しぶりにカールが入荷しましたがね。^±^;・・・サムネイル版です
20170727・我が家のお菓子・ビミョー1

カール裏面です。カールおじさんも健在です。^±^;・・・サムネイル版です
20170727・我が家のお菓子・ビミョー2

カール6種のブレンドチーズ味です。^±^ノ・・・サムネイル版ではありません
20170727・我が家のお菓子・ビミョー3・原寸

我が家の冷蔵庫は、ゼリーを買って凍らせてます。^±^ノ・・・サムネイル版ではありません
ほかにも、バナナ、オレンジ等も凍らせてます。これがなかなかおいしいですよ。
20170727・我が家のお菓子・ビミョー4・原寸

カルピスシチリア産レモン味です。^±^;・・・サムネイル版です
20170727・我が家のお菓子・ビミョー5

裏側を見たら、コロコロフルーツのつくり方が書かれていました。^±^;・・・サムネイル版です
20170727・我が家のお菓子・ビミョー6


ジャネバ~イ。^±^ノ

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

この場所は最後の花火

2017年8月6日、西武園の花火を見に行ってきました。^±^;

19時25分に家を出ました。
20170806・この場所は最後の花火01・19時25分

ここは、いつも買い物をしている「スーパーセキ」です。
20170806・この場所は最後の花火02

もう間もなく、花火が上がると思います。
この辺りは、山口公民館の周辺ですね。
20170806・この場所は最後の花火03

19時35分。花火を見る場所に到着。
20170806・この場所は最後の花火04・19時35分

ただ、こちらは、宅地造成中です。
ブルドーザーがそのままです。^±^;
20170806・この場所は最後の花火05・現場到着

2年前はこの辺りは更地で、さらに電線も少なく、絶好の花火見物の場所だったのですがね。
現在は誰かの土地になり、ブルーシートも敷かれてます。
20170806・この場所は最後の花火06

もう来年の今頃には家が建ってるであろう・・・。+±+
20170806・この場所は最後の花火07・来年家が建つか

19時46分。
そんな中でも西武園の花火は始まりました。
20170806・この場所は最後の花火08・19時48分

花火はきれいですが、電線が邪魔だなあ。x±x
20170806・この場所は最後の花火09

あ、もちろん、土地には入ってません。
気を遣うなあ。^±^;
20170806・この場所は最後の花火10・気を遣う

今日は、台風の影響で、風が強かったです。
20170806・この場所は最後の花火11

電線の向こうの花火の火薬のにおいが、こちらまで漂ってきました。
20170806・この場所は最後の花火12

うーん。どうしても電線がネックだなあ。
周りにいらっしゃった見物客の方も、「今年は悪いなあ」と漏らす始末。
20170806・この場所は最後の花火13

この花火、近くだと結構きれいなんですけどね。^±^;
20170806・この場所は最後の花火14

ほら、このように色とりどりですからね。^±^ノ
20170806・この場所は最後の花火15

もしも、これからの休日で、晴れる日があったら、荒幡富士まで行ってみるかなあ。
花火も、この場所より数段、迫力があります。
20170806・この場所は最後の花火16

今日は、高く上がる花火が雲の影響で見えず、中くらいの花火はこの通り、かろうじて電柱の上。
20170806・この場所は最後の花火17

花火が広がると、電線が邪魔。
20170806・この場所は最後の花火18

これじゃ、あまり迫力ないしね。^±^;
20170806・この場所は最後の花火19

花火自体はきれいなんですがね。^±^;
20170806・この場所は最後の花火20

この花火なんかは、荒幡富士から見るとものすごくいいし。
20170806・この場所は最後の花火21

さて、文句ばかりの花火もいよいよ佳境に差し掛かり、最後の一発・・・。
20170806・この場所は最後の花火22

でも、佳境もへったくれもないね。^±^;
20170806・この場所は最後の花火23

・・・花火、おしまい。^±^;・・・ドッチラケだったなあ
20170806・この場所は最後の花火24
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

空倶楽部・入間川七夕と西武園花火(椿峰、今年が最後となるであろう見学場所にて)

今回の空倶楽部は、2017年8月5日の入間川七夕の空と、8月6日の西武園花火です。
どちらも、1280ピクセルのサムネイル版です。

1.入間川七夕まつり

狭山市駅から。七夕まつりの会場です。
20170805・入間川七夕空01・大

七夕祭りの様子です。
20170805・入間川七夕空02・大

♪笹の葉さらさら~・・・φ^±^ノ
20170805・入間川七夕空03・大

「滝の音は絶えて久しくなりぬれど、名こそ流れてなほ聞こえけれ」。
大納言公任(だいなごんきんとう)の歌ですね。
百人一首にもあります。^±^ノ
20170805・入間川七夕空04・大

狭山市立中央図書館の飾りです。
20170805・入間川七夕空05・大

入間川七夕まつり、「おりぴぃ」って。^±^
てか、織姫って女性じゃなかったっけ?^±^;・・・ムチャクチャヤナア
20170805・入間川七夕空06・大

猫ちゃんの飾りの七夕です。
20170805・入間川七夕空07・大

パンダさんの飾りです。
笹の葉、だけに。^±^;
20170805・入間川七夕空08・大

こちらは、先ほどの猫ちゃんの裏側の飾りです。
今日は台風5号が日本周辺をうろうろしている割に、天気が良かったです。
20170805・入間川七夕空09・大

これは誰の飾りだかわかりません。^±^:
20170805・入間川七夕空10・大

天満天神社の横にあった、おばけ屋敷です。
20170805・入間川七夕空11・大

とこるきで?^±^
「できること、小さな事で、大きな輪」だそうです。^±^;
20170805・入間川七夕空12・大

2.西武園花火

こちらは、椿峰ニュータウンの横の空き地で、花火を見るにはとてもいい場所なんですよね。

19時48分。
20170806・西武園花火01・19時48分・大

19時50分。
20170806・西武園花火02・19時50分・大

19時54分。
20170806・西武園花火03・19時54分・大

19時55分。
20170806・西武園花火04・19時55分・大

19時58分。
20170806・西武園花火05・19時58分・大

19時59分。
20170806・西武園花火06・19時59分・大

20時02分。
20170806・西武園花火07・20時02分・大

20時05分。
20170806・西武園花火08・20時05分・大

20時09分。
20170806・西武園花火09・20時09分・大

20時10分。
20170806・西武園花火10・20時10分・大

20時14分。
20170806・西武園花火11・20時14分・大

最後の花火でした。
20170806・西武園花火12・20時14分・大

さてこちらなんですが・・・。
とうとう宅地がたてられることになってしまいました。+±+
我が家から近い場所で、一番見晴らしがいい場所だったので、残念です。
ただ、2年ほど前は、電線もなく、この辺りは全部空き地であり、好きな場所から、もっときれいに花火が見えてました。
今後は、荒幡富士まで行かなければ見られなくなるのでしょうかね。
荒幡富士、遠いんだもんなあ。^±^;・・・我が家から2キロ以上あるし


空倶楽部は毎月、9のつく日に行っております。
詳しくは、かず某さんchacha○さんのところへどうぞです。^±^

あ、2017年8月12日に、西武園の花火を見に、荒幡富士に行きましたが、その動画もできました。
ムービーメーカーよりも、編集が複雑すぎたので、動画だけのアップです。



こちらもお楽しみくださいね。^±^ノ
 

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

入間川七夕祭り3

2017年8月5日に行った入間川の七夕祭り、まだ続いてます。

それにしても、いろいろな露店がありますよね。
イクス形人?^±^;
「人形スクイ」だろうが!(゚Д゚)ノx±x。・・・ア、ソウカ
20170805・入間川七夕3-01

オリジナルブレンドソースの「屋台のやきそば」。
20170805・入間川七夕3-02

「バクモリバクモリ」って・・・^±^;
20170805・入間川七夕3-03

これまた大きなお飾りです。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕3-04・中

「チャプチェ」。
韓国の焼きそばのことらしいです。
20170805・入間川七夕3-05・韓国の焼きそば

これは消防団のお飾りですね。消防車と団員の制服でしょうかね。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕3-06・中

横を見ると、小さな赤い鳥居がありました。
ちょっと寄ってみることに。
20170805・入間川七夕3-07

鳥居の向こうに神社があります。
「天満天神社」というらしいですが。
20170805・入間川七夕3-08

こちらでも露店が活躍してました。
20170805・入間川七夕3-09

天満天神社です。
20170805・入間川七夕3-10・天満天神社

その横には、お化け屋敷がありました。
20170805・入間川七夕3-11

「記念生首」って・・・^±^;・・・そんな記念、いらんわ
20170805・入間川七夕3-12

「お化けさんにさわらないで」、「お人形にさわってはだめ」ってありますが。
お化けっていう前に、「お人形」って言っちゃってるじゃんかよ。^±^;
20170805・入間川七夕3-13

この向こうの人形も気持ち悪いですが。+±+
てか、神社でこういう興行をすること自体が気持ち悪い。^±^;
20170805・入間川七夕3-14

さて、メインストリートに戻って。^±^;
「ころんコロンゲーム」って・・・^±^;
20170805・入間川七夕3-15

「ぶたたま」。
豚の耳、思い切りひん曲がってるし。^±^;
20170805・入間川七夕3-16

この先には、お囃子がありました。
20170805・入間川七夕3-17

まあ、「休憩中」ですが。^±^;
「七夕通り」の案内板もありました。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕3-18・中

もう少し歩くと、ここでお祭りは終了。
七夕通りの最北端ですね。
20170805・入間川七夕3-19

「霞野坂」で、引き返します。^±^;
20170805・入間川七夕3-20・霞野坂で引き返し

先ほどの「ぶたたま」の露店と、祭りの雰囲気。
「またたぶ」では、ありません。^±^;
わかってるわ、今通ったばかりじゃんか!(゚Д゚)ノx±x
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕3-21・中

これで一通りお祭りを見ましたので、狭山市駅へと戻りました。
短冊にささやかなお願い事を書いて。^±^
まあ。「世界平和」ですがね。^±^;
20170805・入間川七夕3-22

帰りの狭山市駅の様子です。
20170805・入間川七夕3-23・狭山市駅

小手指駅を降りて、家に向かう途中の看板です。
「こわい、とおもったらにげておいで」。
突っ込みどころ満載です。^±^;
まず、「もうだいじょうぶよ」のママさん・・・。
辻元清美さんみたいな顔です。^±^;
あと、男の子、ランドセルどころか、靴下をはいてません。^±^;・・・石田純一さんかよ
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕3-24・中(おまけ)

さっきまで、「世界平和」って短冊に願ってたやつが!(゚Д゚)ノx±x
こんなに他人を茶化すかね!(゚Д゚)ノx±x。

ああ、楽しかった。^±^
来年は、久しぶりに阿佐ヶ谷の七夕に行こうかなあ。^±^ノ
ちなみに今年は、高円寺の阿波踊りにはいきたいと思ってますが。^±^

最後に川柳を。^±^;

   阿波お鳥(どり) アホウアホウと 鳴きにけり

お粗末様でした。^±^;

本当にお粗末だぞ!(゚Д゚)ノx±x
この後始末、どうするんだ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 祭り
ジャンル : 地域情報

入間川七夕祭り2

では、入間川七夕祭りの続きです。^±^ノ

祭りといえば浴衣ですね。^±^
20170805・入間川七夕2-01

ことさら、夏祭りぶは浴衣が似合うんですよね。^±^ノ
20170805・入間川七夕2-02

祭り会場では、ところどころに休憩場所があります。
20170805・入間川七夕2-03

なになに?
20170805・入間川七夕2-04

「こしひかり焼だんご」ですって。^±^
20170805・入間川七夕2-05

こちらはラーメンの屋台のようです。
20170805・入間川七夕2-06

「入間川七夕まつり」ですが、阿佐ヶ谷の七夕ほど規模は大きくないものの、雰囲気はいいですね。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕2-07・中

このお飾りの下を通ると、一陣の涼しい風が通り抜けました。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕2-08・中

あんず飴の露店です。例のコリントゲームもありました。
20170805・入間川七夕2-09

「苺氷り」。「いちごおり」と読むようですね。^±^
20170805・入間川七夕2-10

もちもちポテト。これは秩父の露店にもあったような。^±^;
20170805・入間川七夕2-11

しかし、ケバブとか、最近は外国産の露店が多いなあ。^±^;
何か不満でもあるのかよっ!(゚Д゚)ノx±x
種類が多くなって、選択肢も増えたんだからいいじゃんか!(゚Д゚)ノx±x。
20170805・入間川七夕2-12

「電球ソーダ」って・・・^±^;
20170805・入間川七夕2-13

しかしこういった、お飾りがあるだけで涼しさを感じるのはどうしてだろう?
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕2-14・中

「かりかりチーズ」。
このような露天を見て回るだけでも、祭りは面白いですよね。
20170805・入間川七夕2-15

実は、所沢に引っ越す前、狭山市入間川も、中野からの引っ越しの候補地でした。
確かこの辺りの土地と家を狙ってたと思うんですが。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕2-16・中

「冷パイン」。
これは夏向きですよね。^±^ノ
よく見ると、メロンやスイカもありますね。
20170805・入間川七夕2-17

しかし、七夕祭りもその場所によって違いますね。
こちらのお祭りは、こじんまりとしてますが、暖かいです。
20170805・入間川七夕2-18

この先、交差点になっていて、左右に七夕祭り会場は広がっています。
自分は、まず、左折しました。
20170805・入間川七夕2-19・この先左折

普段はちょっとした大通りなんですが、左右に露店が広がるだけでも、道が狭く感じますね。
ましてや、人も多いですからね。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕2-20・中

と言うか、大串焼の露店も多いわ。^±^;

この白いお飾りは、きれいだったなあ。
まるで、神社にあるガラガラのようでした。^±^ノ
たとえが下手だなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±。
(サムネイル版です)
20170805・入間川七夕2-21・中

あんず飴の露店、ここにもありました。^±^
でも、ドナルドダックの顔、間が抜けてます。^±^;
お前ほどじゃないわ!(゚Д゚)ノx±x
20170805・入間川七夕2-22・ドナルドブサイク

こちらは、七夕通りの一番南側です。こちらで引き返します。
20170805・入間川七夕2-23・ここで折り返し

あ、電球ソーダ、こちらの近くでも売られてました。
電球ソーダの正体です。^±^
形が電球なだけです。^±^;・・・なんだ、形だけか
しかし、これを買ったら、「電球ベリーマッチ」と言うのでしょうか?^±^ノ
誰もそんなベタなダジャレ、言わんわ!(゚Д゚)ノx±x。
20170805・入間川七夕2-24・電球ソーダの正体

明日も続きますよ。^±^ノ

テーマ : 祭り
ジャンル : 地域情報

入間川七夕祭り1

2017年8月5日、入間川の七夕祭りに行きました。^±^

東京の阿佐ヶ谷の七夕祭りとどちらに行こうか迷ったのですが。
入間川の七夕祭りは初めてないので、今年はこちらにしました。

我が家から一歩出ると、もう暑いのなんのって。^±^;
20170805・入間川七夕1-01

台風5号はしつこく日本の周りをうろうろしてるんですがね。^±^;
20170805・入間川七夕1-02

今日は、こちらは天気がいいので、まず、新所沢まで歩いていきました。
新所沢までは、我が家から3キロ弱です。ただ、大六天北の交差点からは、もうまっすぐなんで、距離のわりに楽です。
しかも坂もほとんどないので。^±^
こちらは、病院です。
20170805・入間川七夕1-03

誰かが忘れて行った眼鏡です。^±^;
20170805・入間川七夕1-04

0123です。^±^;
アート引越センターの営業所ですね。
♪手袋ゴム用、0123・・・φ^±^ノ
荷造りご無用だってば!(゚Д゚)ノx±xノφ
20170805・入間川七夕1-05

上新井の跨道橋(こどうきょう)からみた、今日の空です。
20170805・入間川七夕1-06

緑町の交差点、さらに公園を突き抜けると、新所沢の駅です。
20170805・入間川七夕1-07

エスカレーターに乗ります。^±^ノ
20170805・入間川七夕1-08

新所沢から、狭山市まで、切符を買います。
今日はパスモの残高がないので、現金です。+±+
サムネイル版です。^±^
20170805・入間川七夕1-09・大

狭山市まで180円です。
20170805・入間川七夕1-10

切符、買いました。^±^
20170805・入間川七夕1-11

切符です。
20170805・入間川七夕1-12

改札を抜けます。
20170805・入間川七夕1-13

これは反対側の電車、国分寺行きです。
20170805・入間川七夕1-14

新所沢駅から、航空公園川の様子ですが、先が明るすぎてわかりませんね。
20170805・入間川七夕1-15

やがて、本川越行きの電車が来たので乗りました。
狭山市までは、2つ目。新所沢、入曽、狭山市と続きます。しかしこれらの秋の区間は距離が長いです。
新所沢と入曽の間は3.9キロ、入曽と狭山市の間は3.0キロあります。
20170805・入間川七夕1-16

狭山市駅に到着しました。
20170805・入間川七夕1-17

電車はドアが閉まります。
20170805・入間川七夕1-18

こちらは改札を潜り抜けて。
20170805・入間川七夕1-19

会場のある駅西口へと、向かいます。
20170805・入間川七夕1-20

駅前にあった、祭りの看板です。
サムネイル版です。
20170805・入間川七夕1-21・大

お、やってる、やってる。^±^ノ
サムネイル版です。
20170805・入間川七夕1-22・中

笹の葉には、願い事の短冊の飾りで一杯です。
20170805・入間川七夕1-23

たたく太鼓の音が快いです。
20170805・入間川七夕1-24

あ、そうそう。^±^;
2017年8月12日に言った動画ができました。
荒幡富士から西武園の花火を見たのですが。^±^
本日、さっそくアップしますね。^±^ノ



明日に続きます。^±^ノ
 

テーマ : 祭り
ジャンル : 地域情報

路線バスで寄り道の旅

ゆるいんだよなあ。徳光さん。^±^;
路線バスで寄り道の旅」の話ですがね。^±^;

しかし、蛭子さんもそうだったけど、徳光和夫さんもよく寝るなあ。^±^;
番組の4分の1くらいは寝てます。^±^;
あんなに寝たら、目がちっちゃくなる(忌野清志郎談)ばかりなのになあ。^±^;
♪居眠りばかりしてたらもう、目が小さくなっちまった~・・・φ^±^ノ

もう、いっそのこと、徳光さんが寝てる間の曲は、ザ・スパーダースの「なんとなくなんとなく」じゃなくて、忌野清志郎さんの「トランジスタ・ラジオ」にすればいいのに。
徳光さん、目が小さいんだし。^±^;
大きなお世話だぞ!(゚Д゚)ノx±x。

この番組のエンディングは、かまやつひろしさんの「どうにかなるさ」ですが、この歌はまた、番組にふさわしいですね。
「なんとなくなんとなく」、「どうにかなるさ」・・・。
いかにも、行き当たりばったり感があるし。^±^;

徳光さん、田中律子さんらが率いる「路線バスで寄り道の旅」は、田中要次さん(もとは太川陽介さんや蛭子能収さん)たちがやっている旅とはまた違います。
もっと、規模が小さく、行先もゆるいです。^±^;
やさぐれる暇もないほど、時間も短いです。^±^;
なのに、徳光さん、いつもバスの中で寝てます。^±^;
公園の坂でも息が切れます。^±^;
・・・この前なんてひどかったなあ。^±^;
5分か10分の公園への坂道でも、へたり込んでたものなあ。^±^;

うーん。^±^;
ただ、徳光さんの場合は、毎週旅をするハンデもあるけどね。^±^;
それにしても、ひどい疲れ方だなあ。^±^;
江の島のエスカーでさえ、つらそうだったものなあ。^±^;
エスカーに乗ってつらいだなんて、どんなにひどいんだよっ!(゚Д゚)ノx±x。
でもなあ。^±^;
競馬の馬券売り場を見つけると、目がらんらんとするんだよなあ。^±^;
これは蛭子さんの「競艇愛」と一緒ですがね。^±^;

ただ、徳光さんは「人がいい」ですからね。^±^ノ
どこに行っても、地元の人の握手に気軽に応えてくれるし、こういうところは、見てて気持ちいい・・・。
周りの人へのフォローがいいし、愛想もいいです。^±^ノ
アニマル浜口さんなんか、徳光さんがあまりにもいい人なんで、感激のあまり、オイオイ泣いちゃってたもんなあ。
本当にそういうお人柄なんでしょうね。
でも逆に、そういうお人柄が災いして、乗る予定のバスに乗り遅れる、ってことが多々あります。
したがって、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」向けではないのかも。
1日2本しかないのに、徳光さんが地元の人と握手していて、乗り越したら、それこそ致命傷ですからね。

もし、徳光さんが太川さんたちの「路線バスの旅」に参加したら・・・。
ああ、考えるだけでもぞっとしますわ。^±^;・・・まあ、参加できないでしょうけどね

もっとも、「路線バスで寄り道の旅」は、田中律子さんでもっているようなものかも。
田中律子さん、しっかりしてますからね。
老人介護、って感じは否めませんがね。^±^;
田中律子さんにとって、「毎週が敬老の日」です。^±^ノ

毎度毎度嫌味ばっかり言うなあ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。

最後に、徳光さんのいじめ方。^±^ノ

競馬場の馬券売り場を急坂の公園の頂上に設ける!

これで徳光さん、行きたくても息が上がって行けないだろうなあ。^±^;
もしくは、ひょいひょい、足取りも軽く行ったりして。^±^ノ
それはそれで、いつも山道を登るのにへたり込むのはパフォーマンスなのかよ、と、視聴者が思っちゃいますけどね。

さあ、どうするどうする、徳光さん。^±^ノ

最後の最後まで意地悪だなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

イソップ童話概説303.きこりと松

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説303.木樵(きこり)と松

(原文ママ)

木樵(きこり)が野の松を二つに割りかけて、楔(くさび)を打ちこんでおいた。裂け目を作り後の仕事を楽にするためだった。すると、松が呻き声(うめきごえ)を上げて言うには、
「私の根から出たのでもない斧に、どうして文句が言えよう。むしろ悪いのは、私から生まれた楔だ。こいつがあちこちに打ちこまれて、私を裂きやがるのだ」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

短い文章ですが、松の痛み、呻き声が、今にも聞こえてきそうですよね。
楔も木樵が作ったものですから、そんなに自分を責めなくてもいいのに、とも思うんですが。
そう考えると、一番罪深いのは、木樵ってことですかね。
うーむ。^±^;
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説302.樫の木とゼウス

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説302.樫の木とゼウス

(原文ママ)

ある時、樫の木がゼウスの御前に進み出て、こんな苦情を述べ始めた。
「すべての木々の生みの親、父なるゼウス様、こんなに伐られる(きられる)ものならば、どうして私たちを生み出されたのですか」
するとゼウスは微笑んで(ほほえんで)、このように答えた。
「お前たちが自分でその枝を提供している。お前たちが柄(え)というものをまったく生み出さなかったなら、農夫の家に斧は存在しなかったであろう」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

哲学的な話ですね。
イソップには童話だけになく、このような哲学的な話もあります。
特に神々が登場するのは、その可能性が高いですね。
うーん、これを深く吟味すると難しくなるけど、少なくても分かったことは、斧の柄は、樫の木で作られてる、ってことですね。
こちらは頭が悪いから、分かったのはそれだけでした。^±^;
お前はせいぜいそれぐらいだろうよっ!(゚Д゚)ノx±x。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

イソップ童話概説301.婢(はしため)とアプロディテ

イソップ童話概説です。^±^

ギリシアに於けるイソップ寓話を順次入れ、さらに、ない知恵で、一言も入れてます。^±^
その一言が余計なんだってば!(゚Д゚)ノx±x。

イソップ童話目次。^±^ノ


本のタイトル、あらすじ等の参考における著作権等に関しましては、2014年12月25日、岩波書店様より、許可をいただきました。
当然ですが、「研究」の一箪とし、本文に関しては当方のオリジナルです(文章が短い場合、原文ママのものもあり)。

~~~~~~~~~~

イソップ童話概説301.婢(はしため)とアプロディテ

(原文ママ)

自分の家の、器量も気性も悪い婢(はしため=召使の女性)に惚れた男がいて、その女が欲しいと言えば何でもほいほいと与えていた。女は全身金ずくめ、脛(すね)まで届く紫の薄物を引きずって、ことごとに女主人と対抗した。こんな果報もアプロディテ女神のお蔭とばかり、灯明(とうみょう)を上げ、毎日生贄を捧げて祈り、願かけや相談ごとをしていた。ある時ついに、女神が二人の眠っているところへやって来て、婢に現れて言うには、
「私に綺麗にしてもらったかのように感謝するのはおやめ。お前を美しいと思いこんでいるこの男に、私は腹をたてているのだ」

~~~~~~~~~~

(解説・ひとこと)

器量も気性も悪いのは最悪だわな。^±^;
よほどこの女神もいけすかないと思ったんだろうなあ。^±^;
アプロディテ女神とは、ギリシア神話にも出てきますが、オリュンポス十二神の一柱です。
美において誇り高く、パリスによる三美神の審判で、最高の美神として選ばれています。
その一方で戦(いくさ)の神でもあります。
元来は、古代オリエントや小アジアの豊穣の植物を司る(つかさどる)神様で、生殖と豊穣の神、春の神でした。
 

テーマ : 児童文学
ジャンル : 本・雑誌

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部