FC2ブログ

お家寄席20・平林

さて、今日は短い一席で、「平林」です。無筆なつかいっぱしりの子供が手紙片手に右往左往・・・。
どうなりますことやら。
・・・ではこちらは、平成17年5月16日の作品です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


5月16日 たいらばやしか、ひらりんか?

え~。あちきの落語へようこそありがとうござんす。

今日は短い一席でございやすが、お手間を取らせていただきやす・・・。

いえ、決められた短いお時間ということで、何にしようかと・・・。ない知恵を絞って考えたんですよ。
今日の噺(はなし)、あまり評判はよくないんでございやすが、決して手抜きではございやせんよ。手抜きでなくて、面白くて、印象的な・・・てぇんで、よし! これにしようと苦労に苦労を重ねて考えた結果・・・でして。
なにしろない知恵ですから・・・。

ってぇんで、記憶力のきわめて乏しい、あっしに近い種族のお噺で今日はご機嫌をお伺いしやす・・・。

・・・え~、昔は今と違いまして、信じられないくらい字が読めなかったんですな。

これを「無筆」っていいますが、昔のお職人さん、丁稚さんなんぞは「習うより慣れよ」って言いやして、教養なんぞ、二の次、三の次だったんですな。

ですから、ろくに字も読めねぇのも何の不思議もなかったようでして…。

ただ、それに記憶力まで乏しいってぇっと、これまた落語が一席できるわけでございやして、お付き合いくださいやし…。

「おい、定吉。使いに行ってくれ。この手紙を平河町の『平林(ひらばやし)さん』に届けてやってくれまいか?」
「へぇ、わかりやした。平林さんですね。で、どんな字でしたっけ?」
「お前さん、偉いねぇ。字がわかるのか!」
「いえ、わかりませんが、何となく…。形で」
「え? 形? お前さんは形から覚えるのか」
「その形も、記憶に残ってたら…」

記憶なんて、あてになりやせん。x±x

「平河町って、どこでしたっけ?」
「ここをまっつぐ行って5つ目の交差点を左に、乾物屋があっただろう? そこを曲がると右に大きなお屋敷が3軒ほど並んでただろう? その向かい側だよ。先月、私と一緒に行っただろう?」
「ああ、わかりましたわかりました。そうでしたね。行ったことがありました。ところで何を出すんでしたっけ?」
「お前さんの持ってるその手紙だよ」
「ああ。これですね。ところで誰に出すんでしたっけ?」
「平林さんだよ」
「ああ、平林さん平林さん・・・。で、どこの平林さん?」
「平河町の平林さん」
「平河町って? どこ?」
「まっつぐ行って5つめの交差点の、角の乾物屋を左。大きなお屋敷が3軒右に見えるからその先の向かい! お前さんも行ったことがある」
「ああ、ありましたありました・・・。で、何を出すんでした?」
「手紙! お前さんの持ってる・・・」
「誰に出す?」
「平林さん!」
「ああ、それそれ。その人、で、どこの?」
「平河町!」
「平河町って、どこ?」

・・・これじゃぁ、いつまでたったってあやふやで、埒(らち)があきませんですな。

しょうがねぇから旦那さん、忙しいさなかってぇのに、ひと工夫を凝らしやして。
定吉は字が読めねぇうえに忘れっぽいんで、ご丁寧に地図を書いてやり、その地図を右手に、手紙を左手に、まるで伝書鳩のように紐(ひも)でくくりつけ、「ひらばやしさん」という言葉を復唱させながら現地に赴かせる(おもむかせる)、ってぇ方式をとることにしやしてな。

「さあ。あとはひらばやしさんの名前を唱えながら行きな・・・。わからなかったらお前さんの手にくくってある地図を見るんじゃぞ」

「え~、ひらばやし、ひらばやし、ひらばやし、ひらばやし、と・・・。太鼓ばやしにわかばやし・・・。いや余計なことを考えないで、ひらばやし、ひらばやし・・・」

最初のうちははまだましですけどな。でも、3町ばかり行くってぇっといきなり定吉さんの記憶が怪しくなりやしてな・・・。

定吉、これじゃぁ、到着するまでに完全に忘れっちまうってぇんで、一計を案じやす。

「これじゃいけねぇな。始終口から出しておかないとすぐ忘れちゃう。お祭りの時の振り付けで踊って、大きな声で唱えながら歩こう」

ってぇんで、大声で、
「・・・あ、ひらばやし。・・・あ、ひらばやし。・・・あ、ひらばやしったら、ひらばやし・・・!!」
とやったら、案外調子いい・・・。^±^

まるで今でいう所の、「高円寺の阿波踊り」のよう・・・。^±^
それもひとりで臆面もなく踊ってるんですが・・・。
でもまあ、これで名前を忘れなければいいだろうってんで、
「お。これなら調子いいな。・・・あ、ひらばやし。・・・あ、ひらばやし。・・・あ、ひらばやしったら、ひらばやし・・・!!」

踊りの振り付けをしながら調子をとり、「平林」を輪唱してますってぇっと、交差点で信号無視。あわてて止めるおまわりさん。

「おい、君、君! ちゃんと信号を守りなさい! 赤止まれに青進め! 赤止まれに青進めだよ、君! 口に出して覚えなさい!」

「ええ? おまわりさん。口に出してですか?・・・赤にひらばやしさん、青にひらばやしさん、・・・これでいいのですね」

「いや、赤止まれに青進め、だ!」

「・・・赤止まれに青進め、赤止まれに青進め」

定吉が夢中で言ってる間に、平林さんのことをすっかり忘れやしてな。

「赤止まれに、青進め・・・。赤止まれに・・・。違うぞ・・・。赤止まれさん? 青進めさん?・・・どっちも違うなぁ・・・」

しょうがねぇから、近くの人に使いの手紙の名前を見せますな。

ただ、無筆が多い時分はどうしようもねぇっすな。

手紙のあて先にある、漢字の「平林」を読ませやすが、
「おう、これはたいらばやしって読む!」

「へぇ、たいらばやしか。声を出して覚えよう。たいらばやしだ、たいらばやし、たいらばやしだ、たいらばやし・・・」

しばらく暗誦(あんしょう)して、これも違うなって、気づく定吉。

「え? たいらばやし? どうも違うな。あの人に聞いてみよう」

怪しく思ったんで、あわてて別の人に聞き直しやす。

「違うよ、これはひらりんだよ」

「え? ひらりん? ・・・でももしかしたら、たいらばやしかもってこともありえるなぁ。どうしよう・・・。え~い! 同時にしゃっべてればその人に逢えるだろう! たいらばやしか? ひらりんか? え~、たいらばやしか? ひらりんか?っと・・・。どうもこれも違うなぁ。しょうがない。またほかに聞いてみるか」

次の人に聞くってぇっと、もっと無筆でござんして、
「たいらばやし? ひらりん?・・・どっちも違うよ。これはね、もっとよ~く考えろよ。上の字は一八十だろ? で、下は、木(もく)、木(もく)、これをつなげて、『いちはちじゅうのもくもく』だよ!」

定吉さん、なんせ無筆ですから違うなんていえませんよね。

「あ、そう? いちはちじゅうのもくもく?」

でも違う・・・かなぁ?

念には念を押して、また別の人に聞き直しやす。ところが、これまた無筆でしてな。

「違うぜ。これはなぁ・・・『ひとつとやっつでとっきっき』ってぇ名前だ!」

なんて教えられる始末でして。

これで定吉さん、ますますこんがらがって、どれが正しいんだかわからなくなっちまいやして。

しょうがねぇからってぇんで、全部まとめて、

「え~、たいらばやしか、ひらりんか。いちはちじゅうのも~くもく。ひとつとやっつでとっきっき~」
と続けてたんで、しまいにゃ子供たちがおもしろそうだってぇんで、どっからかぞろぞろと集まって来やしてな。

定吉さんの後ろについて、平林にあわせて踊りやす。

5人が10人、10人が20人と、しまいにゃ、ちょっとしたカーニバルみたいになっちまいやしてな。

「おいおい・・・、こんなに子供が後について・・・。ちんどん屋なんかじゃないのによぅ・・・。・・・あ、たいらばやしか・・・ひらりんか・・・」

無筆の、悲しいさだめでござんすかね。

で、泣きべそをかきながら唱えてますってぇっと、いよいよ夕方になり、あたりはすっかり暗くなりかけて来やしてな。

「おい。小僧。どうした? こんな時間まで。もうまわりが暗くなりかけてるのに・・・」

と、定吉、涙目で、

「まわりが暗いだけじゃありません。あたしが文字に暗いんです・・・」

で、せっかく踊りの振りまで作って覚えようとしたのに、後の祭りでして・・・。

「平林」ってぇ、短い一席でございました・・・。

m<●>m!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    03 | 2020/04 | 05
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部