FC2ブログ

北の国から3

第6話。

動物が冬眠の季節に入った頃の話。^±^

子供たちは、雪子がマフラーを誰かに編んでいることを知ります・・・。
草太に編んであげているのでないかと、子供たちは勝手に推測し、それを純は草太に直接話してしまいます。

純:「僕の欠点は、おしゃべりなことで・・・」。

草太もまた、早合点してしまい、すっかり真に受けて、不眠症になってしまいます。

蛍のキツネは石をぶつけてから来なかった・・・。
父さんは、相変わらず山仕事・・・。
雪子おばさんは、マフラーを編み続けている・・・。


BGMは「雪が降る」。

「羊が3153匹、羊が3154匹、羊が3155匹、羊が3156匹、羊が3157匹・・・」
草太が羊を数えている間に、朝日が昇ります。^±^

「羊が3164匹、羊が3165匹、羊が3166匹、羊が3167匹、羊が3168匹・・・」
草太が羊の数を数えながら作業をしていると、草太の友人である川島竹治(小松政夫さん)が現れて、恋を打ち明けます。
竹さんは、
「惚れたらまっすぐ進めばいいべさ」
と、強引にアタックしろと勧めます。^±^

さて、純の学校生活での悩みは、東京との学力の差がありすぎて、話にならないことです。
テストで全員を100点にしたりと、競争のない学校生活・・・。
これでは学力の差がどんどんと都会と離れていくのを危惧します。

「拝啓。けい子ちゃん。
屁みたいなものです」


けい子ちゃんは東京で有名大学に行って、いずれは外交官の夫を持つであろう・・・、それに比べて自分はうだつが上がらず、この町でブタを相手にしているのだろうと、勝手に考えてしまい、純はテストの紙に「外行官の夫」と書いてあわてて消して、その消しあとを木谷凉子先生(原田美枝子さん)に見つかり、「外交官」だよと指摘されるのでありました。

ところでマフラーですが、本当は草太のために編んだのでなく、東京で別れた人のことが忘れられなかったという真実を、マフラーのイニシャルによって、子供たちは知ることになります。
「アッチャー」と、あせる純。^±^;
そのときはもう手遅れ。
恋は走り出してしまいました。
その夜、車の中で、草太は強引に雪子にキスを実行してしまったのでした。
戸惑う雪子・・・。
翌日から、草太は雪子を呼び捨てに・・・。単純~。^±^ノ

翌日の晩に、つらら(熊谷美由紀さん)が雪子のところにやってきて、草太の嫁になるつもりでいたけど、雪子にのぼせてしまったこと、それによってつらら自身も不眠症になってしまったことを打ち明けます。

「はっきり言うよ・・・。本当は・・・。ごめんなさい・・・。
雪子さんに、ここにいて欲しくないんだよね・・・。
これ以上居られると、私、あんたにたぶん、敵意を持っちゃうと思うしさ・・・。
そういうの私、なりたくないしさ・・・。
・・・わかってくれない?」


しかし雪子はつららに、それはそれでしょうがない、人それぞれの人生なんだから干渉して欲しくない、と、強く突っぱねます。
それきり二人は黙り込んでしまいます。
・・・純はその話を聞いて、叔母の雪子の「きつい一面」を知ります。
(まあ、なんちゅうか、純がまいた種なんですがね。^±^;)

噂はすぐに五郎に伝わります。
草太の父の清吉(大滝秀治さん)から、草太はただでさえ都会に行きたがってる、それを止めるのに必死なのに、雪子とこの地を離れてしまうのではないかと心配でしょうがなかったのでした。
雪子はずっと富良野にいるのか、それとも都会娘の気まぐれで、ただ一時的にここに来てるだけなのか、それがわからないと。
五郎は雪子にそれを伝えますが、雪子もまた、東京に行く決意をしていました。
草太のことも含めて、冷却期間を置きたいと。
一週間か10日ほど時間を下さいと。
なにかしら結論が出たら戻ってくると伝えます。

この事件の翌々日、雪子は富良野を出て行きます。
でも、純には、もう雪子おばさんは戻ってこないのではないかという予感がありました。

草太兄ちゃんは、その晩やってきて、
ショックを受けていた・・・。
その晩から又、雪が降りだした・・・。
蛍のキツネは・・・。戻ってこなかった・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母は料理がうまいが、雪子おばさんはあまりうまくない・・・ということがこの回で発覚。
それは、中畑家の料理でわかりました。
場面は中畑家。東京で知り合いに子供が生まれたという朗報を電話で聞いていた純。
母が恋しくなり、また、電話の存在が気になりだします。
中畑家の電話、学校の電話・・・。
純は令子に電話をかけようと決心します。

毎日、中畑家に行くうちに、純が一人で留守番をするチャンスがやってきます。
ドキッドキッドキッ・・・。
心臓の音が高鳴ります。
北の国から07

途中、賭けようとした矢先に、ツララがやってきましたが、その後すぐ、とうとう電話に手がかかりました。
ダイヤルを回し・・・通じた!
店員さんが令子につなぎ・・・母が出る――。
「もしもし・・・」。

・・・しかし、一度目は電話を切ってしまう純。

さて、久しぶりにやってきた草太は純に、雪子はどうしてるか、探りを入れます。

純「もう帰って来ないんじゃないですか?」
草太「意外と嫌な性格してるな、お前・・・」


純の冷たい返しに、やきもきする草太。^±^←こいつも嫌な性格してる

中畑木材で家族で慰労会があったその日――。

純は事務所に入ってこっそり電話をかけます。
令子はすぐに電話の相手が純だと察していて、涙声に・・・。

「純、元気なの?」
「母さん、またかける、またかけるよ。今、人が来るから・・・。じゃあ・・・」
「嬉しいわ、母さん嬉しかったわ。本当にありがとう・・・」
「じゃあ・・・」
・・・純はつれなく電話を切ります。

さて、そんな純に秘密の計画が・・・。
「こっそり母に電話をして蛍に変わってあげよう」と。
それはクリスマスの飾り付けをしている間・・・。
中畑家の父、和夫(地井武男さん)が五郎と作業を手伝いに行ってる間に、ひそかに母に電話をつなぐ純。そして蛍に電話に代わります。
「もしもし、蛍ちゃん、母さんよ・・・」
声を聴いた途端に切ってしまう蛍・・・。そしてキタキツネのように、その場を逃げ出しあわてて追いかける純。
「悪かったよ・・・。だけどお前を喜ばせようとしてやったんだぞ」
その日から蛍は純に対してほとんど口を利かなくなったのでした。

しかし、蛍は登校最終日、学校でこっそりと母親に電話してたのでした・・・。
それを聞いていた先生は父親に告げ口をします。
帰り道、中畑家へクリスマス会に行こうと言う純。
父親に気遣い、「行かない」と蛍。
それを制して、
「蛍、行ってきなさい・・・」――五郎は優しく蛍に言うのでした。

そして、待ちに待った、クリスマスの当日。
ところが、純と蛍は、
「クリスマスは各自、自分たちでやるものだ」。
家に強制送還させられてしまいます。

帰り際、車の中にて。
純は拗ねて、口を閉ざしたきり・・・。

和夫は、車を降りたあと、五郎の家の前で、純に・・・。
「俺を冷たいと思ったか? しかし、母さんがいなくて寂しいのはお前も父さんも同じことだ。お前の父さんの方がなおさら寂しいはずだ。なのに黙々と仕事をする姿に涙が出そうになるよ・・・。お前はどうだ?蛍よりひどいぞ」
こう諭します。

「拝啓。けい子ちゃん。
僕はいつも女々しく・・・。力仕事はできるだけさぼり・・・。
そして・・・。ずる賢く・・・。頭だけまわり・・・」


家に入るとスキーセットが2つありました。
それは子供たちへプレゼントするために、五郎が買ったものでした。

父親五郎にとって、子供たちは平等なのでした。
その晩、純と蛍は五郎とストーブのそばで寝ました。
蛍は母に電話したことを正直に話します。五郎は、
「母さん、なんて言ったか?なんて答えた?」
優しく五郎は答えます。
純はそんな父の優しさ、愛の広さに胸が詰まる思いで泣きそうになったため、白状しかけたのに話すタイミングを逸してしまいました。

第7話はここまでです。^±^;
・・・正直、これでいいと思いました。^±^
白状しなくても、父親はわかってると・・・。
クリスマスプレゼントの、色違いでもまったく同じスキーセット2セットでわかりましたよ。
五郎の、子供に対する愛情は平等だと・・・。^±^ノ
純は蛍より、少しだけ不器用な性格なのかもしれませんね。
ただそれだけです。^±^…ジーン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北の国から8話。

黒板家に水を引くシーンから始まります。^±^
12月27日。水を引きますが、失敗。パイプが折れてるのが原因・・・。
そして、麓郷の通りは、いつになく、人が多い・・・。
内地の方から働いている人が帰ってくるから・・・。
北の国から08

この日、偶然、純は笠松正吉(中澤佳仁さん)に会います。
正吉は、出稼ぎで帰ってくる母親を待っていたのでした。
しかしまだ帰ってこないと。
彼の家で酒を飲むのですが、実は水で割ってあるもの、すなわち「酒の水割り」なのでした。話しているうちに、紅白歌合戦の話題に・・・。
純の家にはテレビがありません。しかし、紅白が見たいのでした。
そこで正吉は、大晦日は「家に来て見ればいい」と。

その晩、五郎は飲み会に参加しましたが、その時、草太は、毎日布部駅で雪子を待っている姿を仲間にからかわれ、殴り合いの喧嘩をします。

翌日、五郎が水道のパイプの修理をしている間、正吉の爺さん、笠松杵次(大友柳太朗さん)が、
「水が大変なら、水道局にかけあってやる」
と助け舟を出します。
以前、五郎が「父親に金を貸し、それをかたに土地をもらった、土地は俺のものだ」と言われてたので、杵次の言葉が信用できません。
しかし、杵次は、続けて、
「子供が紅白歌合戦を見たがってるから、子供は見に来るといい」。
一見ぶっきらぼうで偏屈に見えても、実はとてもいい人だったのでした。^±^

場面は東京の雪子。
BGMには五輪真弓さんの「恋人よ」。
井関(村井国夫)を試すために、手編みのセーターと「気に入らないなら捨ててください。北海道に帰ります」の置手紙・・・。
雪子は愛を試し、それを捨てる井関。
かくして、雪子は北海道に戻る決意をするのでした。

再び、布部駅。いつまでも行きこの帰りを待つ草太。
そこにつららが・・・。
雪子を思う草太・・・、草太を思うつらら・・・。切ない片思い。x±x
つららは草太に、旭川に行こうと思う決意を話します。
旭川には知り合いがいるからと。しかし、知り合いは水商売・・・。
つまり、つららは水商売になる決心をしてたのでした。
それを聞いて、あわてて、「行くな」と言う草太。
「俺はふられた・・・。見ればわかるべ?」
と。そして、
「夢見てたんだ・・・。一緒になるべ・・・」
と・・・。^±^
「嘘だ!」とつらら。何度もその言葉に裏切られていたので戸惑いながらも、それでも素直に喜ぶつららの姿がありました。

場面は、31日の麓郷の沢。
今日こそ水が出るか・・・子供たちにも緊張が走ります。
そこに凉子先生も。

蛍「来ないね・・・」
純「また駄目か・・・」
蛍「しばれたとこ、別にもあるのかな? 来ませんね・・・」
純「駄目ですね・・・」
蛍「父さんのところ、私、行ってくる!」


その時チョロチョロ、やがてジャーッと。

水がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

これでもう水汲みをすることはなくなりました。^±^

そして五郎も大喜び。
子供たちに、「帰りに迎えに行ってあげるから、紅白歌合戦を見に行っておいで」と。
その晩、純も蛍も紅白歌合戦を見に、正吉の家に行きます。
テレビでは八代亜紀さんの「雨の慕情」がかかります。
凉子先生は、五郎に、
「お父さん、素敵だったわ。でも、どうして、純君にだけ丁寧な言葉でしゃべるんですか?・・・余計なことを言ってごめんなさい」。
五郎は子供たちが楽しんでる姿をそっと見守って、そっと家路につきます。
そして、令子宛に年賀状を書くのでした。^±^

「令子、子供たちは元気にしている・・・。
君は元気にしているのか・・・。俺は・・・」


・・・ここまで書きかけると、子供たちが戻ってきたのでした。^±^
恐らく、純も蛍も、正吉には戻ってきた母親に甘えていて、その姿を見てたら紅白歌合戦どころでなく、一人ぼっちでいる父親の心が温かく思い、そして恋しくなったのでしょうね。
テレビの説明にはなかったけどね。^±^…ジーン

「そしたら、3人で・・・。久しぶりに3人で富良野の街の灯を見るか」
五郎の提案に、純も蛍も大喜び。^±^ノ

街の灯を見ながら、五郎は「ようし、二人とも眼を閉じろ」と。

「いいか、あの灯、一つ一つの、その半分は紅白を見てるだろう。
でもな、そんなもん見なくっても大晦日は俺たちにある・・・。
この1年・・・、純、蛍、よくがんばった・・・。
君たちの頑張りは、父さん一生・・・、忘れないだろう」


そして純には、「純、父さんは知らずに純に丁寧な言葉を使ってしまっていた・・・。でももう丁寧な言葉を使うのをやめる・・・。純、お前も丁寧な言葉をやめろ・・・」
純も父親との「つかえ」が取れたんでしょう、嬉しそうに「はい」と頷きます。

でも、何となくわかりますよね。五郎と純との関係・・・。^±^
五郎は純は男だから、彼の将来を考えて、少し一線を持ってしまってたんでしょうね。
そして、「親子との絆が第一なのだ」と、凉子先生に言われてはっと気づいたんじゃないかなあ。

五郎は子供たちに、じゃあ、ここで大きい声で叫ぼうと提案します。
五郎は、「父さんが先に叫ぶから、あとからついて来なさい」、と。
「さようなら~~~。1980年~~~!」

子供たちも続いて、
「さようなら~~~。1980年~~~!」

家に帰ると雪子が戻っていました。
そして、どこでどうかぎつけたのか、草太がやってきます。^±^…クルトオモッタ
しかしそれをつららが目撃してしまいます。x±x

なんか大波乱、というか修羅場の予感。(゚Д゚)ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北の国から9話。

純にけい子ちゃんから年賀状が届くという場面から始まります。
次の場面はスキー。
草太がいうには、純はスキーの素質があるとか・・・。

その草太のことで、つららが五郎に相談にやってきます。

つらら「私、あの人・・・わからなくなった・・・」
五郎「どうして?・・・まあ、すわれよ」
つらら「・・・この前、雪子さんが帰って来るまで言ったんですよね。安心しろって。一緒になろうって・・・。なのに、雪子さんが帰った途端・・・」

つららは、だんだん自分が嫌な女になっていくのがわかるのだと言います。

さて、純と蛍は正吉、雪子と草太とで大雪山にスキーに出ている間、令子が突然、富良野にやって来ました。
中畑木材で五郎の居場所を聞いて、ただならないことを察した中畑和夫は一緒に五郎の家に行きますが、令子を車で待たせて五郎にそっとこの件を教えます。
うろたえる五郎・・・。
「ちょっと居ろよ」と五郎が言うも、逃げるように帰ろうとする和夫・・・。
一人では心細いからと、一生懸命に引き止める五郎。
そこに、令子が微笑みながら、
「来ちゃった・・・」。^±^

すかさず子供たちの事を聞く令子。
五郎は、子供たちが手伝ってくれたおかげで、川の水を引けたと労い、なおかつ、それまでは毎日1キロも川の水を汲みに行ってたことを話します。
令子は会いたくなり、涙し、思わず子供のパジャマを抱きしめ、五郎に懇願します。
「会わせてちょうだい・・・。お願い、会わせて」

しかし五郎は引き離します。
「純さえも少しずつ変わってきている・・・。変わりかけてると言うべきなのか・・・。あいつは今、強くなりかけてる」
と。さらに、
「自分の道を自分で選ばせ、それまでは富良野の暮らしを体験させてやりたいんだ・・・今もし会わせたら、子供たちはきっと心がぐらついてしまうのではないか・・・」。
と危惧します。
そして、五郎は、「必ず後で連絡するから」と、令子の宿を手配させて、そこに泊まらせます。
翌日になったら会わせるから、遠くから子供たちを見守ってやってくれないかと。

子供たちと雪子は晩になって帰ってきました。
部屋は片付けられていて、カセットつきのラジオがそこにありました。
その場を取り繕うように、五郎は、「父さんからのプレゼントだ」ということにします。
本当は母さん・・・令子のプレゼントなのに・・・。
ラジオに、子供たちは大喜び。
ただ、雪子にはこの状況がばれていて、子供たちが近くにいない間に、そっと「姉さんが来たのね」と尋ねます。
五郎は少々後悔してました。
母さんと子供たちとを会わせたほうがよかったんじゃないか・・・。
そう思い、ポツリとつぶやきます・・・。
「雪ちゃん・・・。俺、残酷な男かなあ・・・」

その晩、蛍までが令子が来たことを察してしまいます。
パジャマに残り香があったのですね。
「母さんのにおいがしている・・・」と。

翌日、五郎は、風力発電の話を持ちかけ、純と蛍を外に出します。
これが令子との約束でした。^±^
令子は、車の中からそっと子供たちを見守ります。

ところが・・・。(゚Д゚)ノ
その場所に草太が現れてしまいます。
ふと中畑の車を見て・・・。
「車の中にきれいな人がいるよ~」

口は軽いが正義心が強い草太がいると話がこじれるので、雪子はあわてて草太を呼び止め、そのきれいな人が五郎の妻で、子供たちの母だという旨を伝えますが、草太は一言。
「つらねえな(つれないな)」
「このままでいいのか?いいわけねえべ!」とひとリ合点してしまい、矢庭に五郎の家に行って、あまりにも身勝手じゃないかと諌めます。
五郎はちょうど冬休みで帰省していた正吉の母、笠松みどり(林美智子さん)と、話に夢中になっているところでした。
みどりは、草太のこの行動にこそ憤りを覚え、言い返します。
「しったらなこと、話すんじゃねえよ。
人にゃ、理屈にならない気持ちだってあるんだ。
それを他人がずけずけと土足で上がりこむんじゃねえ」。

令子は飛行機に乗って東京へ戻ります。
その晩、五郎は正しい事を打ち明けます。
「蛍・・・。あのラジオだがな・・・。本当はお母さんがくれたんだ・・・」
そこに、純は、五郎を気遣うように言います。
「早く電気が通ればいいね。水も電気もタダだし、使い放題だ!」
わざと明るく振舞っていましたが、本当は純も母の存在を知っていたのでした。
それが父・五郎を思う、精一杯の気持ちだったのです。^±^

外は吹雪になっていました。
で、純が吹雪が怖いことも知ったのは、このあとでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(「北の国から10話」は来月です)

「北の国から」はBSフジで夜22時から放送されてます。
(2011年8月現在)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : (´∀`)
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

satoshiさん

satoshiさん

おはようです。^±^ノ

扇風機の件、でも問題がひとつあります。^±^;
とても電気代がかかること。なので、ソーラーにしましょう。^±^ノ←そういう問題じゃないってば
こうなったら「北の国から」の純君に頼みますか・・・。←ドラマの中だってば
その台風は、ダブルになっているようですね。15号だけでなく16号も・・・。いずれにせと、紀伊半島は心配ですよね。
今度こそ急いで通り過ぎて欲しいッス。x±x
お母様は元気になってよかったですね。^±^ノ

また!

台風15号はかなりゆっくりノロノロ進んでるようですね。
岡山も昨日から風が出てきてます。
でも湿度が多いようで部屋にいるとかなり蒸し暑いですよ。
20日、21日には?九州、四国にかなり近づきそうですね。
奈良などの土砂湖はかなり危ない状態になってるようですね。
予報ではこれからしばらくは雨が降る確立が高いとか?
また気を変えてまた西のほうにいってくれるか、早いうちに消滅してほしいです。

太平洋の海岸沿いに扇風機を並べて・・・「妖星ゴラス」まではいかないまでもかなり大掛かりな仕掛けで大賛成(^o^)丿
扇風機ももちろん大観覧車より大きいので?
何個いるかなぁ?

Luxioさん

Luxioさん

こんばんはです。^±^ノ

ああ、それは判る気がします。^±^…うちは「三丁目の夕日」が普通に感じましたし
「北の国から」は、北海道が舞台の番組ですが、もしかすると北海道では放送していなかったかもしれませんね。
東京といいますか、少なくても関東や関西では放送していたのですが、北海道に対する憧憬もあるのかもしれません。
放送も古く、1979年に放送開始だったはずです。^±^…現在とのギャップもかなりありますし

No title

こんばんは。
今回の北の国からの話、私の方で見た記憶がなく、
恐らく、地上波による再放送で仮に見ても
非常に印象が薄いなと感じていますね^^;
村と拍手にポチ☆

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部