FC2ブログ

差別用語を考える。^±^

うちは「差別用語」が嫌いです。^±^;

「差別用語」とされているそれらの言葉が嫌いなのではありません。
言葉を制定して、他の言葉と「差別」している、この「差別用語」という言葉そのものが嫌いなのです。
彼らの理由を聞くと、異口同音に「弱者を擁護するため」などと言いますが、それはきれいごとでしか聞えません。
「つんぼさじき」「めくらめっぽう」・・・。
差別用語制定により、使えなくなってしまった四字熟語、慣用句が消えてます。
はたして、これでいいのかと思います。
これらの言葉も、昔からあった原語の文化であるはずです。
それを「擁護」という理由だけで潰すほうが、はるかに陰険だし、それ以上に、今までの文化を壊し、世の中にそぐわないのではないかとひそかに思っているんですがね。

たとえばキチガイ
これを目の前で言われることは別としても、普通に使って、自分で「キチガイ」を意識してる人が果たしているのか?
これは、平安時代に遡ると、「物狂い」と言ってました。
江戸時代の始めに「気違」が使われ、その後、「乱気」や「乱心」が使われるようになるのですが、これほど言葉には歴史があるものなのです。
「気違いに刃物」という言葉も使えないんですよね。^±^;
「非常に危険であることのたとえ」という、れっきとした意味があるのに・・・。
「気が狂う」という表記は「気が変になる」「気がおかしくなる」などと置き換えています。
今では、「釣りキチ三平」ですら差別用語という人もいますからね。
あきれて物も言えないや。^±^;
充分、物申してるだろうが!(゚Д゚)ノx±x…ア、ソウカ

現在ではこれを「精神障害者」とするとありますが、過剰な問題視は滑稽ですらあります。
「キチガイ」が差別ならば「精神障害者」だって立派な差別用語だと思うんですよね。
少なくてもぉぃらは「精神障害者」と遠まわしに言われたほうがむしろ嫌ですし、傷がつくと思いますね。
これを一方で規制して、もう一方で堂々と使わせるという、この行為こそが、差別用語を制定する以上の「差別」だと思うのですがいかがでしょうか。

♪わっかるかなあ、わかんねえだろうなあ・・・φ^±^ノ…ヘヘェ~イ、シャバダバダディ~、イェーイ
松鶴家千とせさんか!(゚Д゚)ノx±x
古すぎて誰も知らないぞ!(゚Д゚)ノx±x…ア、ソウカ

同様に、数々の言葉が使えなくなりました。+±+
この場を借りて伏字なしで言葉の歴史を列記しますね。^±^
これは「言葉の研究」ですからね。差別と指摘しないように。

つんぼ・・・現在では「聴覚障害者」。(この方が傷つく言葉だなあ)
漢字で書くと「聾」。龍の耳です。

「聾桟敷(つんぼさじき)」・・・①江戸時代の劇場で、正面2階桟敷の最後方の席。舞台に遠く、役者のせりふがよく通らないところからいう。 ②関係者でありながら情報や事情などを知らされないこと。

めくら・・・現在では「視覚障害者」。(この方が傷つく言葉だなあ)
漢字で書くと「盲」。「目眩」とも。

「盲滅法(めくらめっぽう)」・・・何の見当もつけずにむやみに事を行う・こと(さま)。やみくも。
「盲判(めくらばん)」・・・文書の中身を検討もしないで承認の印を押すこと。また、その判。
「盲打ち・盲撃ち(めくらうち)」・・・むやみに打ちたたいたり、打ちこんだりすること。
「盲探し・盲捜し(めくらさがし)」・・・闇雲にさがすこと。また、手さぐりでさがすこと。

おし・・・現在では「発話障害者」。(この方が傷つく言葉だなあ)
漢字で書くと「唖」。「おうし」の音変化。

「唖然(あぜん)」(これは差別用語ではありません)・・・思いがけない出来事に驚きあきれて声も出ないさま。あっけにとられるさま。「意外の出来事に―とする」「―たる面持ち」。
これさえも差別用語になったら唖然としますよね。^±^
しかし、「唖然」の「唖」は、「おし」という意味だということも、頭の中に入れておいてください。

百姓・・・中国の周代から春秋時代の、歴史ある言葉。なのに「農業従事者」と言わなくてはならない。
1 農業に従事する人。農民。
2 農業をすること。農作業をすること。「代々―をする家」
3 あかぬけない人や情趣を解さない人をののしっていう語。
4 江戸時代、特に本百姓(ほんびゃくしょう)のこと。
5 「ひゃくせい(百姓)」に同じ。
ひゃくせい=《いろいろの姓(かばね)を持つ公民の意》一般の人民。庶民。ひゃくしょう。
「暴虎を恣(ほしいまま)にして、―をしへたげり」〈太平記・三五〉

「百姓読み(ひゃくしょうよみ)」・・・漢字を旁(つくり)や偏(へん)の音から勝手に類推して我流に読むこと。また、その読み方。「絢爛(けんらん)」を「じゅんらん」、「懶惰(らんだ)」を「らいだ」と読む類。
「百姓分(ひゃくしょうぶん)」・・・百姓の身分。農民の階級。
「―の人ながら、少し由ある方の娘」〈浮・三代男・二〉
「百姓一揆(ひゃくしょういっき)」・・・江戸時代、農民が領主・代官の悪政や過重な年貢に対して集団で反抗した運動。暴動・強訴(ごうそ)・越訴(おっそ)・逃散(ちょうさん)・打ち毀(こわ)しなど種々の形をとった。
「百姓往来(ひゃくしょうおうらい)」・・・往来物の一。江戸時代、農民の子供に文字や知識を教えるために作られた教科書。
「百姓代(ひゃくしょうだい)」・・・江戸時代、地方(じかた)三役の一。中期以降に登場し、村民代表として名主(なぬし)・組頭による村政運営を監視する立場にあった。
「百姓請(ひゃくしょううけ)」・・・中世、荘園領主に対し、荘園の年貢・公事(くじ)を惣村(そうそん)が請け負ったこと。村民の自治・団結が強化されたことによる。地下請(じげうけ)。
(士農工商とあるとおり、「農」は武士についで身分が高い。また中世では村民の意味も。)

「百姓であるという事は百の仕事をこなすということだ」という考え方もあるので、およそ差別から遠い言葉と思うんですが。
それに、歴史的見地から、百姓は江戸時代の重要な言葉です。^±^
百姓について。WIKIPEDEIA。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%A7%93

特に古来の「姫」や「姜」といった族集団名でもある「姓」を持つ卿士大夫層(宋代の科挙試験エリートではなく、古代の族長層)を指す用語であった。その後、族集団が解体し、庶民でも持つ家族名である「氏」と本来の「姓」の混同が進み、庶民でもほとんど姓を持つとされるようになった。
そのため、百姓の語は「天下万民・民衆一般」を指す意味に転化した。民衆を意味する百姓は、『論語』・『易』など戦国時代に現在の形に編集されたと推定される書物から、頻見される。その後、今日まで意味が大きく変化することはなく、現在中国でも老百姓といえば、一般庶民のことを指す。
日本においては当初は中国と同じ天下万民を指す語であった。しかし、古代末期以降、多様な生業に従事する特定の身分の呼称となり、具体的には支配者層が在地社会において直接把握の対象とした社会階層が百姓とされた。この階層は現実には農業経営に従事する者のみならず、商業や手工業、漁業などの経営者も包括していた。だが、中世以降次第に百姓の本分を農とすべきとする、実態とは必ずしも符合しない農本主義的理念が浸透・普及し、明治時代以降は、一般的に農民の事を指すと理解されるようになった。百姓を農民の意味とした初見は、現在のところ9世紀末に編纂された『三代実録』である。
なお、本来の意味で用いる漢文の読み下し及び日本の古代の用例には漢音と呉音の混交した「ひゃくせい」、日本の中世以降の用例には呉音の「ひゃくしょう」の読みを当てるのが慣例である。純粋に漢音で発音した場合は「はくせい」となる。日本固有の大和言葉では、「天皇が慈しむべき天下の大いなる宝である万民」を意味する、「おおみたから」の和訓がふられている。

黒人・・・現在では「ネグロイド」。アメリカの、主にアフリカ系人種を侮蔑する用語。
なお、「ネグロイド」だけでなく、アメリカのイエズス会士では、日本(東アジア)・インドへの別称でもあった)そうです。
たとえば、イエズス会宣教師のフランシスコ・カブラルは、日本人を黒人とみなし、「黒人」を蔑称として使用しています。
>カブラルは、日本人を黒人で低級な国民と呼び、その他、侮蔑的な表現を用いた。かれはしばしば日本人にむかい、「とどのつまり、おまえたちは日本人(ジャポンイス)だ」というのがつねで、日本人に対して、日本人が誤った低級な人間であることを理解させようとした・・・。

日本人を黒人とみなしたカブラルと異なり、ヴァリニャーノは日本人を白人とみなしてます。
>(日本人は)みな色が白く、洗練されており、しかも極めて礼儀ただしい。

また、同じくイエズス会巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノもその著書『東インド巡察記』において、インド人を黒人とみなし、「黒人」を蔑称として使用しているそうです。
>(インド人は)あまりに惨めであまりに卑劣なため、かれらが黒色人種とされても仕方がないのである—『東インド巡察記』第二章
>黒色人種はみなほとんど知力がなく性癖も悪い—『東インド巡察記』第二十六章

チビ、ハゲ、デブ、ブス(ブサイク)も差別用語ですね。^±^
オカチメンコ、オタフクもそうです。
こうなっちゃうとただの悪口言葉ですがね。^±^;
といいますか、この中に3つも該当しているぉぃらって・・・^±^;…髪だけはフサフサなんだぉね~

そうそう。ぉぃらも、高校時代、友人から「チビ」と言われてました。
が、実際に身長も小さいし、こればかりはしょうがないのだから別に気にもしませんでした。
むしろこのあだ名を、気に入ってました。^±^

悪口言葉は差別用語と違う気がします。
もっと始末が悪いですね。^±^
お前が一番始末が悪いんじゃ!(゚Д゚)ノx±x
放送禁止用語は、正しくは存在せず自主規制のみです。「放送コードに引っかかる」とも言います。
しかしそれによりテロップが流れたり、P音が流れたり、場合によっては人事が移動したり出演付加となったり、「自主規制」と言いながらも、その罰則等が厳しすぎます。

ほかにも、びっこ、かたわ、ちんば、ロンパリなどと、いろいろとあります。

びっこ・・・現在では「足の不自由な人」。(この方が傷つく言葉だなあ)
漢字で書くと「跛」。①片方の足に故障があって、歩くときに釣り合いがとれないこと。②対(つい)であるべきものの数・形・大きさなどがそろわないこと。
①が差別用語と制定したために、②も使えなくなってるのが癪の種ですね。
おっと、「癪(しゃく)」も差別用語になるのか?(゚Д゚)ノ
「癪」も「感情が不安定」という意味合いがありますからね。

ちんば・・・現在では「足の不自由な人」。(この方が傷つく言葉だなあ)
漢字で書くと「跛」。
1 片足が不自由で、普通に歩けないこと。
2 対(つい)であるべきものの形や大きさがそろわないこと。また、そのものや、そのさま。かたちんば。「―な(の)下駄」

かたわ・・・現在では「手足の不自由な人」。(この方が傷つく言葉だなあ)
漢字で書くと「片端」、「片輪」。
1 からだの一部に障害があること。
2 考え方などにつりあいがとれていないこと。また、そのさま。
3 不完全なこと。未熟なさま。また、欠点。
「此の大臣は色めき給へるなむ少し―に見え給ひける」〈今昔・二二・八〉
4 見苦しいこと。また、そのさま。不格好。
「御前には、さらぬ折だに―なるまでの御物おぢなれば」〈狭衣・三〉
5 きまりが悪いこと。また、そのさま。
「いと―なるほどになりぬ、など急げば」〈かげろふ・上〉
この通り、歴史のある言葉というのに。x±x

ロンパリ・・・現在では「斜視」。(この方が傷つく言葉だなあ)
他にも俗に眇(すがめ)、ひんがら目(ひんがらめ)、藪睨み(やぶにらみ)、ガチャ目、寄り目を言います。
ガチャ目って・・・。^±^
ぉぃら、ガチャ目です。右1.5左0.3でござゐます。^±^;
裸眼で平気ですが、最近は本を見るとき、パソコンを打つときはメガネをかけてます。
それは単なる老眼だろうが!(゚Д゚)ノx±x
うちの特技は、片目だけ寄り目をしたり、片目ずつ目を自由に操れます。
すごいでしょ?^±^ノ
自慢することか!(゚Д゚)ノx±x
ロンパリは、一方の目でロンドンを見つつ、もう一方の目でパリを見ているさまに例えた語なのだそうです。
こっちロンドン、パリあっち。^±^;
・・・ってことは、お前はニホイギかよ!(゚Д゚)ノx±x…ナンソレ?
一方の目で日本、もう一方の目でイギリスが見えるんだろ!(゚Д゚)ノx±x…そんなひどくないぉ
20110806・ロンパリ^±^

結局は、差別用語を制定してる人の心に差別があるってことでよろしいでしょうか?
それによって文が不自然になったりするし・・・。^±^
結果、「言葉の歴史」にまで「否定」していることになってしまってるし。
言葉を選んで、会話が窮屈になったりするわけだから。^±^

子供の頃、喧嘩で、やたらとぶつと、
(゚Д゚)ノx±x…「ぶったら豚によく似てる~」
という理不尽な慣用句がありましたが、これをそのまま置き換えると、差別と言ってるほうが差別の意識があるってことですかね。


追加(2011年9月16日8:00)

そして現代の辞書の編纂(へんさん)の在り方にも問題があると思います。
いとも簡単に旧くからの慣用句を捨てていいのか?^±^
そして、現代、頻繁に使っているからと、使わない言葉をためらいもなく捨てて、軽々しく新語をひょいひょいと載せていいのだろうか。
とても軽佻浮薄(けいちょうふはく)で浮世的発想ですし、それを仮初に行なう編纂者側に、勉強不足がめません。

また、差別化されてしまった上述のこれらの言葉は、ケース・バイ・ケースで使えばよかったのではないかと。
何度も言いますが、「悪口用語」になっては絶対にいけないと思います。
だけど、「差別」と選定されて代えられた言葉に、「差別」はないのか?・・・と疑問を呈したいです。
要は、使う人の心によって、代えられた言葉でも永久に差別になると思うのですが、いかがでしょうか。


さらに追加(2011年9月17日22:30)

ただいま戻りました。^±^ノ
親戚のところに行って、先ほど帰ってきました。

辞書で、「寒い」を「寒っ」などという表現が載るようになりましたね。
この風潮、嫌です。x±x
腹を立ててるのは、日本語が簡素化されていることにではなくて、流行しているからといっていとも簡単に辞典に載せる辞書編纂者側の軽佻浮薄な行為に対して、です。
一方で、「差別用語」としたものは断じて載せない、それが永年使ってた慣用句だったにしても・・・。
これも言ってしまえば、「差別」ではないでしょうかねえ・・・?

そしてもうひとつ、「ヤバイ」という言葉が嫌いです。
ヤバイというのは泥棒や、マルヤ&マルボウが使ってた言葉なんですよね・・・。
これを特に若い女性が使うと、うんざりとしてしまいます。
百年の恋も冷めそうですわ。x±x
「ら」抜き言葉あたりから、簡単に辞書に載りだしましたよね。
その前までは単なる流行語だったというのに。
これは、πを「およそ3」というのと同様、悪い風潮だと思ってます。
手を抜かない教育、手を抜かない言葉、どちらも大事にすべきと思うのですがいかがでしょう?
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

GOCCIさん

GOCCIさん

おはようです。^±^ノ

GOCCIさんのおっしゃるとおりです。^±^
そうなんです。差別用語でなくても「悪意」が言葉にあることって多いです。要するに、その人にある心の問題ですよね。
そうです。例えば「百姓」でも「お百姓さんが作ってくださった御米」というとその言葉が温かくなりますね。畏敬の念がそこにあるはず。
でも「農業従事者が・・・」と言われても何も感じませんよね。^±^

おはようございます。

差別用語の規制による
「言葉狩り」は何か釈然としないものがありますね。

差別用語で無くても、悪意を感じさせる事もありますし
差別用語でも、愛情を感じることがありますね。

文脈や、行間を、あるいは、表情やしゃべり方を考慮して、
総合的に判断して行くべきじゃないでしょうか。

JOKERさん

JOKERさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
この問題は難しいですよね。JOKERさんのおっしゃるとおりで、いくら美辞麗句を並べても誠意がないと伝わらないように・・・。
差別する心があるなら、どんなにきれいな言葉を使っても結局はその言葉は汚れてしまうっていうことなんですよね。そして、さらに言いたいのは・・・。
差別用語として捨てられた言葉自体に差別の悪意がないんですが。^±^

江戸川と金さん

江戸川と金さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
江戸川と金さんのおっしゃるとおりです。心に差別がない限りは、言葉を変えようとしても無駄じゃないかと思います。
日本人のレベル・・・これは今回の「流行語」にも満たない言葉、「寒い」を「寒っ」と表現するのを辞書で載せたことでもわかります。
「ゆとり教育」もレベルを下げましたがね。^±^…「π=およそ3」って何だったんだろう

はづきさん

はづきさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
そうなんですよね・・・。たしかに日本語と外国語の違いはありますね。なので、言葉を規制するのでなく表現を規制すればいいのだと思います。
たとえば、よく「きちがい沙汰(狂気の沙汰)」とかを慣用句で使いますよね。でもそれは誰を意識し差別しているわけでもない・・・。
これらの言葉まで消す必要はないんじゃないかともね・・・。^±^…うちはボキャブラリーがないのでそれに代わる表現を捜すのが難しくて

喜サンタさん

喜サンタさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
そうなんですよね。不快感を与えるのはダメというのはゴモットモです。しかし禁止用語以外なら構わないという風潮も違う気がしますよね。
つまり、「言葉」を禁止するのでなくて、「表現」を禁止すれば一番解決するのではないでしょうかね。難しいことですが・・・。
「爺婆」がダメだと新所沢の小料理屋がつぶれちゃいます。^±^

キッツCatさん

キッツCatさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
解釈をわかっていただけたらそれでありがたいことです。うちは使えなくなってしまった慣用句に苦笑せざるを得ません。
大切なところは、「悪口言葉」にならないよう、差別の気持ちがないように心がければ、言葉を規制しなくていいと思います。
あと、簡単に新語を載せる広辞苑の風潮も嫌ですよね。^±^

プッチメリーさん

プッチメリーさん

こんばんはです。^±^ノ

ありがとうございます。おっしゃるとおりです。^±^
プッチメリーさんのおっしゃる侮蔑の言葉・・・これは「悪口言葉」、「人を傷つける言葉」に部類することを伝えたかったんです。
でも歴史を紐解くと、必ずしもそこに悪意を感じないんですよね。「百姓」も「偉大なる」の冠詞がつけられていたはず。それが人間が勝手に侮蔑言葉に置き換えてしまったことに憤りを感じます。
また「めくら滅法」とか言葉を代えてどう表現すればいいの?と思ってしまうことがあります。
慣用句自体には罪がないと思うんですがね…。^±^

森下礼さん

森下礼さん

こんばんはです。^±^ノ

ありがとうございます。なるほどと思いました。^±^
丹下段平が放った言葉まで変えられると、それも別の作品になりますね。違和感が残るのは至極ごもっともです。
このテーマを作るきっかけとなったのは、「花山大吉」を見て、昔のセリフをそのままオリジナルにして(音を消したりしないで)放送されてたからです。
「あしたのジョー」はオリジナルの方が不自然でないですね。^±^

マリンママさん

マリンママさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
本当におっしゃるとおりで、どんなに言葉が変わっても差別する人がいる限りはこの問題が消えないんでしょうね。
そしてなるほどと思いました。勉強になりましたのは、「害」という字も「害」なので「障がい」にしたのですね。
ただ、慣用句も消えるとなると別問題ですね。^±^…慣用句までは罪がないような気がして…

う~ん

考えさせられる話題でした。
いろんな意味で,問題提起ですよね。
言葉よりも
差別する心そのものに問題がある。
言葉を換えても,それがなくならない限り意味はない。
それは,その通りだと思います。
うんうん

No title

 てくっぺさんの言ってることは十分分かります^^。
 結局、何をしようと差別用語は存在しますよね。区別と取り違えている輩もいますがそれは論外として・・・。ここ約二十年の間に何となく日本人のレベルが低下している感じがします。それを一番感じ取っているのが私の妻です。話せば長くなるので今日はこの辺で・・・。^^;

 さて、「松鶴家千とせ」は知ってますよ^^。ビートたけしの師匠ですよね。昔は一世風靡したものですね。懐かしい・・・。(*^▽^*) 

差別用語。。。

こういった言葉が日本語に存在してしまうことが
嫌ですよね

「きちがい」っていうことばも
英語なら「クレージイ」って
軽く笑って流せるのに・・って思ってしまいます

こんばんは

日本語も使い方で相手に不快感を与えるのは禁句になる時代
先日も大臣が放射能が移っただけで止める時代ですね
そのうちに爺、婆も使えなくなりますね
爺、婆は後期高齢者と書かないといけなくなりますね

No title

しゃちくんさんのおっしゃること
笑えたり、うなずいたりでしたよ

なんたって解釈がおもしろい
てことは笑いのほうが多かった?ですよね^^;

No title

こんにちは。
私も『差別用語』という単語が嫌いです。
ブラインドタッチも差別用語らしいですよ。
もうねぇ、節操がない感じです。
差別による差別が横行している感じです。
てくっぺさんに大賛成です。
問題は言葉ではなく、その言葉に込められた思いです。
どんな言葉も悪意を込めれば差別用語になると思います。
ただ、明らかな侮蔑用語があるのも事実です。
「バカチョンカメラ」とか、「トルコ風呂」とか、
でも、そうゆう近代の用語と、日本古来から存在する、歴史のある言葉は、決して混同してよいものでもないはずです。
もうすぐ、差別というもの見直す時代になってくると思います。
きっと、差別用語も見直されるときがくると思いますよ。
もしくはもっとエスカレートして『障害』という言葉も差別用語として規制されたりするかも。

丹下段平

 「あしたのジョー」の主人公、矢吹丈が宿敵・力石徹を殺してしまった際、ボディーブローしか打てなくなり、段平が「野郎はかたわだ!!」と断じる場面があったのですが、新装版では「あいつはボクサーとして欠陥品だ!!」となっていました。段平がそれほど知性があるとは思えず、新装版には違和感を覚えたことがあります。「かたわだ」と言う段平がしっくりくるのですね。

No title

差別はするのもされるのも悲しい事です。又難しい「差別用語」は問題ですね。今は「障害者」ではなく「障がい者」と表現するそうです。

frogさん

frogさん

おはようです。^±^ノ

はじめましてです。どうもありがとうございます。^±^ノ
まさにfrogさんのおっしゃる通りです。いくら「差別用語を使うな」と規制しても、その人たちの気持ちに「差別」があったら意味ありませんよね。
それよりも、そのために歴史のある言葉までがこのように抹消されていいものか、と思いました。時代により言葉は変わるのはわかりますが・・・。ただ気になるのが「辞書」の在り方も。
いとも簡単に辞典が言葉を捨てていくのもいかがなものかと。^±^

Luxioさん

Luxioさん

おはようです。^±^ノ

差別用語を悪口用語として使うのは絶対ダメですよね。^±^
現代社会では使ってはいけないということになりましたが、それぞれの言葉にも深い歴史があるのを伝えたかったのでした。
そうなんですよね・・・。「提案」だということによって、慣用句までが消える運命になってしまいましたよね。
言葉史が変わるのはしょうがない一方で悲しい気もしますね。^±^

No title

はじめまして。

差別用語に関しては大いに同感です!

言葉自体より、言葉を発する人、受ける人の想い有り方の問題で、
言い回しを変えても想いに差別心があれば意味は有りません。

No title

こんばんは。
差別用語は、社会上においてタブーなニュアンスで、
決してそれを使ってはいけないという
1つの提案をされている事が伝わりました。
村と拍手にポチ☆

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部