FC2ブログ

雑草倶楽部(2017年8月)・金仙寺、緑の森、耕心館の花

今月の花です。^±^

今回は、2017年7月23日の花です。

1.金仙寺(埼玉県所沢市)

ムカゴがついているので、オニユリと断定しました。ちなみにムカゴのないものは、コオニユリといいます。
オニユリ、ユリ科、ユリ属。鬼百合。
20170723・花歴史温泉・雑草01・オニユリ=金仙寺

背高のっぽのヒマワリです。遠いところに咲いていても、これは目立ちますね。
ヒマワリ。キク科、キク亜科、ヒマワリ属。向日葵。
20170723・花歴史温泉・雑草02・ヒマワリ

朝顔の数倍も大きく、きれいな青紫の大輪の花が咲いていました。
ノアサガオ(シュッコンアサガオ)。ヒルガオ科、サツマイモ属。野朝顔(宿根朝顔)。
20170723・花歴史温泉・雑草03・ノアサガオ

こちらの詳しい品種はわかりません。
ユリ、ユリ科、ユリ属。百合。
20170723・花歴史温泉・雑草04・ユリ

大きな葉のロゼットから伸長した長い花穂に黄色い小花を密集し、高さ2メートル以上にもなる毛深い二年生植物といいます。
ビロードモウズイカ。ゴマノハグサ科、モウズイカ属。天鵞絨毛蕊花(Verbascum thapsus)。
20170723・花歴史温泉・雑草05・ビロードモウズイカ

モミジルコウは、別名、ハゴロモルコウソウともいいます。
ルコウソウとマルバルコウの交配種で、丸バル工はオレンジ色ですが、こちらは紅色です。
モミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)。ヒルガオ科、サツマイモ属。紅葉縷紅(羽衣縷紅草)。
20170723・花歴史温泉・雑草06・モミジルコウ

ヒメヒオウギズイセンです。数年前までは珍しい花でしたが、すっかりと定着したきらいがありますね。
ヒメヒオウギズイセン。アヤメ科、ヒメ トウショウブ属。姫檜扇水仙。
20170723・花歴史温泉・雑草07・ヒメヒオウギズイセン

早咲きのコスモスです。種によっては、このように7月から咲くコスモスがあるようです。本来は秋の代名詞ですがね。
ハヤザキコスモス。キク科、コスモス属。早咲秋桜(Cosmos)。
20170723・花歴史温泉・雑草08・ハヤザキコスモス

槍のような形の鶏頭の花です。
ヤリゲイトウ。ヒユ科、ケイトウ属。槍鶏頭。
20170723・花歴史温泉・雑草09・ヤリゲイトウ

茎が紫色です。これはこれできれいですよね。
ムラサキイヌホオズキ。ナス科、ナス属。紫犬酸漿。
20170723・花歴史温泉・雑草10・ムラサキイヌホオズキ

マツムシソウは、花の中心が平坦に見えますが、こちらは盛り上がって見えます。
セイヨウマツムシソウ。マツムシソウ科、マツムシソウ属。西洋松虫草。
20170723・花歴史温泉・雑草11・セイヨウマツムシソウ

これは準グランプリにします。
南米原産で、日本には 江戸時代に渡来したそうです。センナリホオズキともいいます。
花は、個性的でありながらかわいいですね。
オオセンナリ。ナス科、オオセンナリ属。大千成。
20170723・花歴史温泉・雑草12・オオセンナリ

キクイモよりも小さく、かわいいので、ヒメヒマワリ(姫向日葵)ともいわれてます。
キクイモモドキ。キク科、キク亜科、ヒマワリ属。菊芋擬。
20170723・花歴史温泉・雑草13・キクイモモドキ

ヤブミョウガは、ミョウガの仲間ではなく、ツユクサの仲間ですが、食用にもなるらしいです。
ミョウガに似た長楕円形の葉を互生させるところから、この名前がついています。
ヤブミョウガ。ツユクサ科、ヤブミョウガ属。薮茗荷。
20170723・花歴史温泉・雑草14・ヤブミョウガ

ハスの花が咲いてました。貰い物のようですが。
ハス。ハス科、ハス属。蓮。
20170723・花歴史温泉・雑草15・ハス

金仙寺でアジサイを見つけました。まだ咲いていました。
アジサイ。ユキノシタ科、アジサイ属。紫陽花。
20170723・花歴史温泉・雑草16・アジサイ

こちらも、コスモスと同様、ちょっと咲く時期が早いかな。秋の代名詞の花ですからね。
シュウカイドウ。シュウカイドウ科、シュウカイドウ属。秋海棠。
20170723・花歴史温泉・雑草17・シュウカイドウ

最後にミズヒキですが、こちらも本来は秋によく見かける花ですよね。
ミズヒキ。タデ科、イヌタデ属。水引。
20170723・花歴史温泉・雑草18・ミズヒキ

2.緑の森博物館周辺(埼玉県入間市)

チダケサシですかね。この花の写真を撮影するのも久しぶりです。
食用のキノコの乳蕈(ちちだけ)を採取する際、この草の茎に刺して持ち帰ったことからついた名前だそうです。
チダケサシ。ユキノシタ科、チダケサシ属。乳茸刺。
20170723・花歴史温泉・雑草19・チダケサシ=緑森

ヌマトラノオです。ダイナミックなオカトラノオよりも地味に咲く花ですが、それは言い換えれば「清楚」にも見えます。
ヌマトラノオ。サクラソウ科、オカトラノオ属。沼虎の尾。
20170723・花歴史温泉・雑草20・ヌマトラノオ

クサギです。結構遠くからもにおいが漂ってきました。それほど強烈ですが、顔をそむけるような嫌な臭いというほどでもなく、ただただ、そこには微妙な空気がどよーんと漂うのみです。
クサギ。クマツヅラ科、クサギ属。臭木。
20170723・花歴史温泉・雑草21・クサギ

ママコノシリヌグイです。草の棘だらけの茎や葉から、憎い継子の尻をこの草で拭くという想像からついたという話。
韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれ、どっちみち、かわいそうな名前です。
こんなに可愛い花ですが、確かに、逆さについた棘は痛いです。
ママコノシリヌグイ。タデ科、イヌタデ属。継子の尻拭い。
20170723・花歴史温泉・雑草22・ママコノシリヌグイ

3.耕心館(東京都瑞穂町)

グランプリです。
キツリフネです。実は公開したのは初めてだと思います。
見たかった花の一つでしたが、なかなかチャンス巡り合えず、ようやく見ることができました。
念願の花です。したがって、グランプリは絶対的です。
去年、智光山公園で立札を見たのですが、その時は花が咲いてなかったし。
まあ、ツリフネソウの黄色い花といっちゃあ、それまでですがね。
キツリフネ。ツリフネソウ科、ツリフネソウ属。黄釣船。
20170723・花歴史温泉・雑草23・キツリフネ=耕心館

準々グランプリです。
そしてこちらも珍しい、ハナツリフネです。
こちらの花は、それこそ図鑑でも見たことがなかったので(つい先日、友人のブログを見たのが最初)、出会った感激よりも花の形の不思議さを実感しました。
そもそもツリフネソウの仲間は、花が吊ってあるように見え、珍しい形をしてますが、この花はツリフネソウやキツリフネとは違い、上から吊ってある形ではありません。むしろ同じ仲間のホウセンカのような感じの花です。
ハナツリフネ。ツリフネソウ科、ツリフネソウ属。花釣舟。
20170723・花歴史温泉・雑草24・ハナツリフネ

こちらは白花のツリガネニンジンです。狭山湖周辺にもごくまれに見かけますが、珍しいです。
ちなみに、ツリガネニンジンとソバナはそっくりです。しかもどちらも白花系の花がありますからますます混乱します。
ただ、ツリガネニンジンのおしべは長く、花からはみ出して見えることがあります。
シロバナツリガネニンジン。キキョウ科、ツリガネニンジン属。白花釣鐘人参。
20170723・花歴史温泉・雑草25・シロバナツリガネニンジン

こちらはカラマツソウですね。葉っぱの形でわかりました。花は重弁で、花弁が細いです。
カラマツソウ。キンポウゲ科、カラマツソウ属。落葉松草、唐松草。
20170723・花歴史温泉・雑草26・カラマツソウ

マンリョウの花を見つけました。マンリョウは実が有名ですが、花はあまり知られていないです。
このように、あまり目立たない、小さな花ですからね。
マンリョウ。ヤブコウジ科、ヤブコウジ属。万両。
20170723・花歴史温泉・雑草27・マンリョウ

こちらは普通のツリガネニンジンです。
狭山湖の周辺でもよく見かけます。
ツリガネニンジン。キキョウ科、ツリガネニンジン属。釣鐘人参。
20170723・花歴史温泉・雑草28・ツリガネニンジン

こちらはツクバネソウと、野草園の立て札にありましたが、正確には、「クルマバツクバネソウ」だと思います。
ツクバネソウは、葉っぱの数が4枚ですからね。葉っぱの数が8枚ほどあるということは、クルマバツクバネソウかなと。
残念ながら、花は終わってしまったようです。
もっとも、花も緑色で全く目立たず、咲いているんだかいないんだかわからないような花なんですけどね。
これでもユリの仲間です。
クルマバツクバネソウ。ユリ科、ツクバネソウ属。車葉衝羽根草。
20170723・花歴史温泉・雑草29・ツクバネソウ(花なし)

最後に、こちらはアオバナツユクサです。こちらも珍しいと思います。
これは、別名、オオボウシバナ(大帽子花)という花のことでしょうか。
夏期(6月から7月)の早朝に、ツユクサに似た青い大型の花を開花させるといわれてますが。
アオバナツユクサ。ツユクサ科、ツユクサ属。青花露草。
20170723・花歴史温泉・雑草30・アオバナツユクサ

4.入間川七夕まつりの途中、新所沢にて(埼玉県所沢市)

アレチウリ。ウリ科、アレチウリ属。荒れ地瓜。
20170805・入間川七夕植物1・アレチウリ

ヘクソカズラ。アカネ科、ヘクソカズラ属。屁糞葛。
20170805・入間川七夕植物2・ヘクソカズラ

メマツヨイグサ。アカバナ科、マツヨイグサ属。雌待宵草。
20170805・入間川七夕植物3・メマツヨイグサ

ヤナギハナガサ。クマツヅラ科、クマツヅラ属。柳花笠。
20170805・入間川七夕植物4・ヤナギハナガサ

ハゼラン。スベリヒユ科、ハゼラン属。爆蘭、米花蘭。
20170805・入間川七夕植物5・ハゼラン

タマスダレ。ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科、タマスダレ属。玉簾。 
20170805・入間川七夕植物6・タマスダレ

5.所沢市山口周辺(埼玉県所沢市)

サルスベリ。ミソハギ科、サルスベリ属。百日紅。
20170812・荒幡富士花火植物01・サルスベリ

アジサイ(アナベル)。アジサイ科、アジサイ属。紫陽花(Annabelle)。
20170812・荒幡富士花火植物02・アジサイ ・アナベル

ノウゼンカズラ。ノウゼンカズラ科、ノウゼンカズラ属。凌霄花。
20170812・荒幡富士花火植物03・ノウゼンカズラ

ムクゲ。アオイ科、フヨウ属。木槿。
20170812・荒幡富士花火植物04・ムクゲ

タカサゴユリ。ユリ科、ユリ属。高砂百合。
20170812・荒幡富士花火植物05・タカサゴユリ

キツネノカミソリ。ヒガンバナ科、ヒガンバナ属。狐の剃刀。
20170812・荒幡富士花火植物06・キツネノカミソリ

アマリリス。ヒガンバナ科、ヒッペアストルム属。Amaryllis。
20170812・荒幡富士花火植物07・アマリリス

ホウセンカ。ツリフネソウ科、ツリフネソウ属。鳳仙花。
20170812・荒幡富士花火植物08・ホウセンカ

ものすごく大きいのがありますよね。
ハヤトウリ。ウリ科、ハヤトウリ属。隼人瓜。
20170812・荒幡富士花火植物09・ハヤトウリ

カボチャ。ウリ科、カボチャ属。南瓜。
20170812・荒幡富士花火植物10・カボチャ

別名で、カクトラノオとも。
オカトラノオなどは、サクラソウの仲間ですが、こちらはシソの仲間だそうです。
ハナトラノオ。シソ科、ハナトラノオ属。花虎の尾。
20170812・荒幡富士花火植物11・ハナトラノオ

カグマは、シダの古名の一つです。漢字で書く表記がありません。
ミサキカグマ。オシダ科、オシダ属。岬カグマ。
20170812・荒幡富士花火植物12・ミサキカグマ


それからこちらをご覧になられた後は・・・。
雑草倶楽部の皆様のところへ、ゼヒゼヒ、ご訪問してね~。^±^ノ
よろしくお願いしますね~。^±^

ついでに「高橋さんのスポーツ云々・時々芸能」もたまにやってますよ。^±^

高橋さんのスポーツ云々・時々芸能

こちらもよろしくです。^±^ノ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

夕ひばりさん

夕ひばりさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
また風邪をひきました。季節が変だからでしょうか。まだすっかり治っていません。高円寺の阿波踊りも行けずに残念。
オオセンナリは、所沢市三ケ島の金仙寺に咲いてますよ。このお寺も珍しい花が多いのでぜひぜひ。
あ、耕心館はいいところですよね。珍しい花は楽しみです。キレンゲショウマですか、これは見たことありません。
今度また、見に行かなくっちゃ。^±^ノ・・・そういえば、秋は「ミセバヤ」も咲くそうですよ

41793310さん

41793310さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
また風邪をひいてました。季節が変だからなんでしょうかね。まだすっかりとは治っていません。
あ、ありがとうございます。ひまわりといえば、ここの近くに三ケ島のヒマワリ畑もあります。
最近は行ってませんが、大量のヒマワリがあり、小さな展望台(といっても2~3メートルですが)もあります。
来年、見に行ってみようと思っています。^±^ノ

No title

こんにちは~♪

夏はお花が少ないと思っていましたが、たくさんありますね(^^
オオセンナリは見たことがありません。
いつか出会えるといいなあ。

耕心館のお花たち、日は違っても、てくっぺさんと同じものを見ることが出来、嬉しいです。
そうそう、『耕心館の山野草ガイド』には秋からの花としてキレンゲショウマが載っています。
実物を見られるといいですね。

こんばんは

特に1、2枚目、非凡な捉え方でインパクトあります!
好きです。こういう捉え方。
これは印象に残りました。。

喜サンタさん

喜サンタさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
今年は天候が不安定でしたからね。植物も、咲いていいのか悪いのか、タイミングがわかりにくかったでしょう。
喜サンタさんのところにも、キクイモモドキが咲いているのですね。確かに日照不足ですよね。
こちらも、8月に入ってからは雨ばかりで、いつ晴れるのかと思ってましたが、今頃になって真夏日が。
コスモスも、今年は例年よりも少ないでしょうか。^±^;・・・部活お疲れ様でした

chacha○さん

chacha○さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
普通は、コスモスというと、秋の代表的な花なのですがね。もう咲いているコスモスがあるんですよね。
ネットによりますと、種を早めにまくと、夏のうちに咲くんだそうです。そういう種類のコスモスらしいです。
こちらも、最初に見つけて「狂い咲き」かと思っていたのですが、どうもそうとは言い切れないようです。
そう考えると植物の世界も不思議ですよね。^±^ノ

自転車親父さん

自転車親父さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
春に比べると夏は花が少なくなりますね。で、秋は多いのかというと、それほどでもなくて・・・。
結局は、春が一番花が多いと思うのですが、それでも夏もなかなか種類が多いですよね。
ただ、夏は暑いので散歩自体が少なくなりますね。最近は果てしなく気温が上がりますからね。
熱中症になるのだけはご免こうむりたいですし。^±^;

笑子さん

笑子さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
はい、「ヒメヒオウギズイセン」です。外来種で、この数年か十数年で、急に見かけるようになった花ですね。
今では、「ノウゼンカズラ」、「マルバルコウソウ」と並んで、夏のオレンジ色の花の一つでしょうか。
あ、オニユリもオレンジ色ですね、ほかにも、クルマユリなどもね。我が家の庭にもオニユリの花があります。
ムカゴも今年いくつかできましたよ。^±^ノ・・・花は年々増えますね

こんばんは

キクイモモドキは我が家にも植えてあるのですが花付が悪いです
お日様が少なかった影響かもね
それとコスモスが不調で咲いてはいるがまばらで来月から心配です

マリコさん

マリコさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
本当にひどい話で・・・。ほかにも、先月出た「ママコノシリヌグイ」ですとか「ハキダメギク」などもあります。
今回の「ヘクソカズラ」も含めて、花の名前とはいえ、かわいそうな名前を付けるなあと思います。
なお、「ヘクソカズラ」は「オトメバナ」という別名があるのですが、なぜこちらの名前にしなかったんでしょう。
花びらを見ると、こちらの方がふさわしいのですが。^±^;・・・牧野先生たちも罪だなあ

No title

夏花勢揃いって感じですね!
ハヤザキコスモス、綺麗です。

こんばんは

こんばんは。
こうして探すといろいろ花が咲いてますね。
夏は花が少ないって行ってるけど。
探さないから無いのかな。(笑)
ずいぶん見つけましたね。

No title

ヒメヒオウギズイセン!!
この花を撮って名前がわからなかったんです
ありがとうございます

オニユリ・・・まだ今年撮っていません
この時期、家の庭の花が極端に減ってきました(^_^;)・・

ヘクソカズラ

お花に対して。。。こんな失礼な名称をつけるとは?
以前私もこの花を調べた事があります。
触ると臭いのだそうですね?
人間にも当てはまりそうですが。。。心根が悪いと
こういう事になるって事でしょうかね?

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部