FC2ブログ

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第5弾、栃木県日光~宮城県松島

2019年11月11日、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第5弾、栃木県日光~宮城県松島がようやく放送されました。
2011年の東北大震災の影響により、第6弾とともに封印されてたようです。
もっとも、最近は、「Z」でどんどん行っているので、なぜいつまで封印すると言われてもいましたが。

1日目

マドンナは藤田朋子さんです。
8時12分のバスで、日光駅から30分ほどで下今市駅へ。
バスの中で、3人の年齢の話に触れると、なんと3人合わせると155歳になるそうです。つまり、
キートン山田「3人そろって中高年」
というように、蛭子さんが62歳であるのを筆頭に、残りは太川さんと藤田さんの年齢ってこと。
ひそかに誰が何歳か、感情する蛭子さんはさすがに腹黒いです。^±^;
さて、太川さんは、地図を見ながら下今市駅からはなんとか矢板方面に抜けたいと言います。
運転手によると、そこからは鬼怒川温泉行きのバスに乗り、新高徳駅で降りると矢板駅行きのバスに乗れるそうですが、10時05分までバスがありません。
時間があるので、尊徳饅頭を食し、二宮神社へ向かいます。
蛭子「損得抜きの饅頭なんだ、これ」
と、二宮尊徳にちなんで作られている饅頭なのに、一言多い発言です。
二宮神社の最寄りのバス停の「住吉町」バス停からバスに乗って、新高徳駅に到着。
そして、矢板駅行きのバスは11時40分発。
今のうちに、と、蕎麦屋の「あさひや」で腹ごしらえします。そして矢板駅へ。
最初こそ、太川さんの地図の協力こそする蛭子さん、いつの間にかうつらうつら。そして本格的に寝てしまい、終点についても気づかず、あやうくバスに置き去りにされそうになります。
矢板駅で困っていると、バスを待っているお客さんから、
お客さん「佐藤病院で降りて歩くと野崎橋からバスがありますよ」
との情報を得て、矢板市営バスに乗り込みます。
なお、運転手によると、佐藤病院の前のバス停名は「土屋北」でした。そこから1.5キロほど歩いて川を越えれば大田原市営バスがあるといいます。
3人は、土屋北バス停で降りて、歩き、やがて野崎中学校前のバス停を発見します。次のバスの時刻を見ると、14時40分。
時間があるので「喫茶アスクル」でかき氷でクールダウンし、時間をつぶします。
大田原市役所までは25分ほど。市役所で聞き込みをすると、
大田原市役所職員「那須塩原駅、黒磯駅と乗り継ぎ、栃木県と福島県の県境近くの追分まで行けます。そこから白河の関までは徒歩になります」
細かい聞き込みはわからず、時間もあまりなかったようで、早速、大田原市役所から那須塩原駅行きのバスに乗り、20分ほどで到着します。そこで改めて案内所での聞き込み。
案内所「ここから黒磯駅、黒磯駅から追分までは本日中に行けます。ただ、白河の関からの最終バスは間に合いません」
太川「今日は追分までですかね」
案内所「そうですね。それで、追分から白河の関まで3キロ歩きます」
そこで、1日目はここで打ち止めとして、宿を予約することに。
黒磯駅行きのバスに30分ほど乗り、2分後に、追分行きのバスに乗り込みます。
黒磯駅で宿を見つけ、蛭子さんが頼んで、追分バス停から送迎してもらうことにしました。
18時30分に追分に到着すると、宿の車が来ていました。
その宿は、栃木県と思いきや、福島県にありました。したがって、送迎車で県境越えです。
さらに、目的の「白河の関」バス停を越えたところに宿があったので、翌日の始発のバス停の時刻も調べていきます。
翌日は、新白河駅行き、7時16分。
宿泊する宿は「ホテル関の里」です。
蛭子さん、泊まる宿が和室でがっかり。^±^;
宿で夕食を済ませます。

2日目

「白河の関」バス停まで、車で送ってもらって、バスを待ちます。
今回の目標を福島にして、始発バスに乗り込みます。
バスは新白河駅行きですが、途中の白川駅で下車します。
降り際、運転手にどのルートがいいか尋ねると、石川まで行けば須賀川にバスで向かえるとのこと。
現在、7時50分。ただ、石川行きのバスは9時台で約2時間待つので途方に暮れていると、運転手が声をかけてくれて、
運転手「天栄村に行けば、もっと早く須賀川まで行けるよ」。
運転手の言葉を信じて、牧之内行きのバスに乗り込み、天栄村に向かいます。
運転手曰く、
運転手「天栄村からはいくらでもバスがある」。
途中、フリー乗降区間で、須賀川行きの路線バスのあるところで、朝食を買うためにコンビニの前で降ろしてもらい、サンドイッチなどを買います。
そして、降りた反対側でバスを待ってると、やがってバスが来ました。
ここまで順調にバスに乗り継いで、須賀川駅へ。須賀川駅から郡山駅行きのバスが10時10分発。3分ほどの待ち時間に、蛭子さん、急にトイレに行きたいと言い出します。
蛭子さんが戻ってくると、ズボンの後ろが濡れています。
何かというと、手を洗って、ズボンで拭いてたそうなのです。^±^;
郡山駅まで30分ほど。案内所に入って先を聞き出すと、郡山駅から高倉行きのバスに乗って「木の下」バス停で降り、そこから4キロほど先の「鳴瀬」バス停まで歩けば、1時間後に出るバスに乗って、あとはバスで福島まで行けるとの情報。
約1時間後に来る高倉行きのバスを待つ間、「とんかつたかの」でランチタイム。
その後、途中で太川さんは麦わら帽子、藤田さんは日傘を買って出発。
郡山駅から「木の下」バス停までは約30分。ここから「鳴瀬」までの4キロを1時間で歩かなくてはいけません。
途中のコンビニで「ガリガリ君」のアイスなどを買ってクールダウンしながら進む3人でしたが、結局、40分後に到着しました。
ところが、本宮市営バスの15時のバスがあると聞いたのに、バス停のバス時刻を見ると16時台に出発。
本宮市役所に電話で聞き込みをすると、もう1個先のバス停だと15時03分発のバスがあるはずというので、「太郎丸」バス停まで歩きます。
ところが、こちらも、バスは16時37分とはあるが15時台のバスの時刻が見当たりません。
近くの住民に聞いてみると、このバスは巡回バスといういろいろな地区を回っていくバスが15時台にあるはずだからといわれ、実際にバスも来て一安心します。
地元の人は、このバスの存在もちゃんと知っているので、細かいバスの時刻はいらないといいます。
太郎丸から、本宮駅まで約30分。15時30分に到着します。
本宮駅からは次のバスの岳温泉(岳温泉)行きが16時35分ということもあり、「カフェレストラン」で時間つぶしの休憩。蛭子さんはブルーベリーパフェをいただきます。
岳温泉には25分ほど絵d到着し、二本松行きのバスの時刻を見ると、17時23分に出発。
18分ほど時間があるので、その間、温泉まんじゅうを食べて、足湯につかって、つかの間の温泉気分を味わいます。
やがて二本松行きのバスがやって来て、「若宮2丁目」で下車、難なく、福島駅東口行きのバスに乗り継ぎます。
19時過ぎに、目標だった福島にどうにかたどり着けました。
早速案内所に行くと、閉まる寸前でした。
福島駅案内所「国見まではバスがありますが、越河(こすごう)まで歩くことになります」
太川さんはそれよりも距離が短い「あぶくま」に行くコースも見つけますが、時間切れで、翌日の早朝8時30分に役場があくというので、電話で市役所に問い合わせることにしました。
そして、宿探し。宿はすぐに見つかり、「ホテル目っと福島」で宿泊します。
この日は、「居酒屋、恋する出目金」で夕食と打ち上げ。

3日目

8時30分、役場があくのを見計らって電話で情報を聞き出します。
すると、先のバスが、7時14分の1本しかないというので、阿武隈のコースは断念し、国見コースに絞ります。
国見行きは11時発と、かなり遅めです。したがって、それまでに「しのぶもじずり」の歓呼をして、時間をつぶします。
さて、無事に国見幸雄のバスに乗り、車内にて。
3日目に入ってもハイテンションな藤田さん。
蛭子「もうバラエティ1本に絞ったほうがいいね。おバカさんがはやってるし」
藤田「なに、じゃあ、私がバカだっていうの?」
そんなこんなで、国見からは徒歩で4キロほど歩きます。すると、途中に果物の直売所があり、そこに立ち寄ると、県境まで車で乗せてってあげると、店のご主人。これは3人とも喜び、ご厚意に甘えて、越河まで車で行くことになります。
藤田「じゃあ、桃、3キロ買いますよ」
途中で、福島県から宮城県の県境を越え、車は県境を越えたすぐのところの「越河清水(こすごうしみず)」のバス停へ。到着したのは13時。
ところが、バス御時刻を見ると、14時28分までバスがありません。
そこで、「ラーメン大拳」で昼食にします。
昼食後、バスを待っていますが、なかなか来ないバスに、藤田さん、怒ります。結局、20分ほど遅れて白石市民バスが到着しますが、事故渋滞に巻き込まれたのだそうです。
馬牛沼を通り、55分ほどで白石駅に到着。
白石駅からは、遠刈田温泉(とおがったおんせん)行きに乗り、「蔵王町役場」へ。
その間、30分あるので、「カフェレストランドルフィン」で時間調整をします。
(好きだねえ、喫茶店。^±^;)
白石駅からは25分ほどで「蔵王町役場」に到着し、この時はすでに16時でした。
そして、次の村田行きのバスを見つけると出発が17時発。
そこで、役場の方に近くのブルーベリー農家を紹介してもらい、ブルーベリーを食べながら、疲れをいやし、時間をつぶします。
村田営業所行きにバスに乗り、ミヤコーバスの営業所に到着したのが17時30分。
ここからは、仙台方面行きに向かうバスはもうないと言われ、今日はここで打ち止めです。
さて、今日の宿はどこかないかと尋ねると、営業所が「谷山温泉」を紹介してくれることに。さらに夕食も用意してもらいました。
無事に宿も決まり、始発のバスは8時29分に谷山温泉を通ることまで営業所に教えてもらってから、宿の送迎車で谷山温泉へと向かいます。
温泉で、旅の疲れを取ります。

4日目(最終日)

「谷山温泉入口」から、始発の川崎行きのバスに乗ります。
いよいよ最終日です。それでも、藤田さんのテンションはますます上がるばかりでした。
川崎に到着したのが8時50分。次の仙台駅行きのバスは10時15分と、時間があります。なんとここは1日2本で、このバスを逃すと次は16時台。
1時間ほど程時間があるので、「やすらぎの郷(さと)」の絵kン港ランドで一休みします。
すると、蛭子さん、
蛭子「グワッ、グワッ」
とカエルが鳴くようないびきをかいて寝ます。^±^;・・・カエルの鳴くようないびきって
休んだら、一気にバスで仙台へ。広瀬川を渡り、1時間10分で仙台駅に到着します。
11時25分。ここからが最後の頑張りです。途中で蛭子さんの足の関節がおかしくなるも、湿布を貼って立て直します。
仙台の案内所で、残りの松島まで聞き込みをしますが、
仙台駅案内所「仙台から岩切(いわきり)駅、利府(りふ)駅と乗り継げます」
と、これだけ。というのも、岩切駅行きのバスの発車時刻が迫り、3分前だったからなのでした。
ようやくバスの発車する場所をつきとめると、ちょうど定時を遅れたバスがやって来て、ギリギリセーフ。
途中で松島まで23キロの看板も目にして、一同は気を引き締めます。
約40分で岩切駅に到着し、利府駅行きが13時16分発。バスの乗り継ぎも順調ですが、ここで蛭子さんが大騒ぎ。
蛭子「ズボンに湿布がついちゃったよ」
ズボンをめくると、湿布薬がだらしなくべろーんと。^±^;
35分ほどで、バスは利府駅に到着。
ここからは浜田行きのバスがありました。浜田行きのバスの発車時刻は14時16分発で、20分後にやってきます。
が、もっと早く松島に到着するバスがないかと聞いてみると、
利府町役場職員「浜田行きに乗って、二本椚(にほんくぬぎ)で降りて、二本椚から三十刈(さんじゅうかり)まで15~20分ほど歩けば、松島に行けます」
どうやら最後の道筋がつながりました。
ところが、バスがなかなか来ません。結局バスは渋滞に引っ掛かり、1時間半遅れで到着、おまけにバスに乗っても渋滞に巻き込まれ、3人は焦ります。
それでもなんとか「二本椚」に到着。ここから約2キロ歩きます。既に時刻は16時を回っていました。
一同は「三十刈」バス停を見つけて、時刻を見ると、16時29分発の最終便に間に合いました。
いよいよ最後のバスに乗って、松島へ。やがて松島の絶景が見えて、皆、感慨もひとしおでした。
そして、17時10分、ついに松島到着。

大成功。^±^ノ

夕陽にも間に合って、観光船に乗り込む3人のシルエットが満足そうでした。
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

荒野鷹虎さん

荒野鷹虎さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
しかも、廃止された列車がバスも廃止されたところも多いようです。例えば福島県ですが。
かつて、喜多方から日中線というローカル線が出て、熱塩まで1日数本、通っておりました。
しかし、大赤字で廃止になった後、代替バスが通ったのですが、今はそのバスさえも廃止になりました。
日本の社会は、あくまで地方を切り捨てるんですかね。^±^;

笑子さん

笑子さん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
ああ、同意見です。この路線バスでも、終始賑やかでした。4日目でもそのテンションが失われないのはさすがです。
普通はどこかでテンションが落ちるんですが、最終日まで賑やかというのはいい意味で珍しいと思います。
あと、節約でも出ますね。最近はそちらの記憶のほうがしっくりとくるといいましょうか。
かくいう自分も、こたつに電気あんかを入れてます。^±^ノ

hirugaoさん

hirugaoさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
時間があったら、乗り継ぎの旅リアルも楽しそうですね。でも意外と最近はバスが不便なんですよね。
路線バスが廃止し、完全にバスが通らないまでも、「デマンドバス」といって半分タクシーみたいな運行も多いです。
しかもデマンドバスは、その市町村以外の人を乗せないところも多いんですよね。そこが便利そうで不便です。
乗り継ぎ旅の放送も、難しくなりつつあるようですね。^±^ノ

てくっぺさんへ!!

楽しい旅でしたね^^。JR北は次から次と廃線しています。無責任ですね^^。真剣に節約をしてくださいね~~今日は暖かい日です。雨ですものね~~☆

No title

藤田朋子さんは
節約でよくテレビでみますね~
賑やかなかたです(笑)

No title

あ~、TVでの番組でしたか?
乗り継いで行ってみたいものです。
カード1枚にいくらかチャージして・・・

少し落ち着いたら近場でしてみたいです

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部