FC2ブログ

ローカルバスVSローカル鉄道乗り継ぎ対決旅

いつものやつ、ローカルバスVSローカル鉄道乗り継ぎ対決旅
2019年11月14日の放送です。^±^
ネタばれご注意、ということで。

それぞれの参加者は、バス旅は太川陽介さんがリーダーで、蛭子能収さんとマドンナに南明奈さん。
鉄道旅は村井美樹さんがリーダーで、スギちゃんさん、元AKBの西野未姫さん。

岩手県盛岡駅から青森県八甲田山へ。
途中、八幡平温泉郷(八幡平ハイツ)のと八食センターがチェックポイントで、八幡平では温泉入浴、八食センターでは海鮮丼を食すことでクリアとなります。
また、2日間で両者に1万円のタクシー使用が認められます。通常のバス旅ではバスが通らない部分のタクシー利用でしたが、今回は、両者ともに、タクシーはいつ使っても構いません。
小回りの利くバス旅が勝つか、スピードの鉄道が勝つか。

1日目

盛岡駅から同時に出発。

鉄道組は、金田一温泉行に乗ります。とりあえずこちらから乗換駅の好摩(こうま)へと向かいます。
断然鉄道のほうがスピードで有利という3人。

バス旅は、バス組お得意の、案内所でさっそく聞き込み。
10時30分発の路線バスで、直接、バスで第一チェックポイントの八幡平温泉に行けるといいます。
ただ問題はその先で、再び、盛岡に戻らないと次の八戸方面には行くことができないと言われます。
太川「奇策はないかね、蛭子さん」
蛭子「奇策は、とりあえずバスに乗ってしまうことね」

鉄道組は、一番八幡平に近い最寄り駅の大更で降りて、タクシー代がもったいないのでそこから八幡平まで歩くということで、好摩まで行ったまではいいですが、大更行きは13時04分で2時間待ち。思わぬ足止めを食います。
そこで「つばめ」で昼食を取り、作戦タイム。
大更駅から八幡平まで13キロあるので、八幡平温泉で1泊する予定に。

一方、バスは12時09分に八幡平温泉に到着。戻りのバスを確認すると、13時36分に盛岡駅行きがあり、これに乗ることにして温泉に入り、早くもチェックポイントに一歩リード。
温泉に入りますが、1秒も無駄にしたくない太川さん、「レストラン水芭蕉」にて、作戦会議をたてます。
この時も蛭子さんは「トンカツ定食」でぶれないマイペースな食事です。
太川さんは、盛岡まで戻ると遅くなるので途中から北上する方法を検討してます。

その頃、鉄道チームはまだ大更駅でした。ここから歩いて八幡平ハイツへ向かいますが、早くもスギちゃんさんが弱音を吐き、
スギちゃん「タクシーに乗る?」
しきりにリーダーの村井さんに聞き出しますが、村井さんは構わず、どんどん歩きます。
そしてなんと、歩いている途中で、帰りのバスの太川さんと鉢合わせをします。ますます焦る鉄道組。

太川「鉄道組じゃなくてよかったね」
嬉しそうに話す、黒い太川さん。^±^;・・・通称、「黒太川」だなあ
そうです。タクシーを使わなければ、帰りも歩かなくてはならないのです。
太川「これ、タクシー、使わないよね」
改めてバスの運転手に、盛岡に戻らず、ショートカットしてきたに行く方法がないかと聞き込みをすると、
運転手「バスを巣子ニュータウン口(すごニュータウンぐち)で降りて歩けばいわて沼宮内(いわてぬまくない)駅に向かうバスがあります」
というので、その作戦に賭けます。
歩いた先のバス停からは、14時53分のバスがあるというのですが。
問題は歩く距離と時間で、21分で1.2キロ歩かなければなrないことを強いられます。
蛭子さんに歩けるのか。^±^;
しかも、バスは定刻よりも7分も遅れての14時39分に「巣子ニュータウン口」に到着。
結局14分で1.2キロを歩かなくてはならず、乗り換え失敗か?
と、その時、韋駄天で太川さんが走ると、バス停のある広い道路が時期だとわかり、難なく「畜産保健所」バス停も見つけ、ぎりぎりセーフ。
「アピオ沼宮内」行きのバスに乗って、「いわて沼宮内駅」で下車。

鉄道組、スギちゃんさんと西野さんの足に異変が。そこで、リーダーの村井さん、
村井「そうそう、これを出さなくては」
と出したのが、何とこけし。^±^
特効薬かと思ったら、こけしで、しかもそれをバックに写真を撮る余裕。この行動に、
スギちゃん「(イメージとは)違った村井さんを見た気がする・・・」

バス旅組は、いわて沼宮内から久慈駅まで行けば八戸に行けると言われ、16時02分のバスに乗ります。
さて、ここで、おなじみ蛭子さんの似顔絵コーナー。^±^ノ
蛭子さんがアッキーナの似顔絵を描くも、手が4本ある絵になり、もはやホラー。しかも肝心の顔はどうかというと、
南「似てます?」
太川「(きっぱりと)似てません!」

鉄道組はというと、なおも温泉に着かず、焦りの色が。
やがて温泉も見えて、ようやく八幡平温泉で温泉に入りチェックポイントに。
当初、八幡平温泉で宿泊を予定していましたが、予定変更。
少しでも八戸に急ぐことで、心の葛藤の末、このままじゃ間に合わないと踏んで、村井さんはタクシーを呼ぶことに変更。
西野「2分しか入ってないんですが」
という通り、温泉滞在時間も、たったの2分。^±^;

バス組は、運転手から、
運転手「途中の葛巻(くずまき)で降りれば(より早く八戸に着ける)、二戸方面のバスとつながりますよ」
と、貴重な情報をいただきます。
運転手「葛巻から、伊保内(いぼない)、二戸)にのへ)駅、軽米)まるまい)、八戸と、乗りつないでつながります」

バス旅に比べて鉄道組は苦労してます。
まず、タクシーで大更駅へ。
しかし、タクシー代も高く、なるべく節約しようと4500円までと決めて、4460円の区間で停車し、大更駅まで400メートルをダッシュで走ります。
18時43分に無事、大更駅に。
これで無事に21時に八戸駅に到着するめどが立って、一気に鉄道組がリード。

その頃バスは、「伊保内営業所)いっぼないえいぎょうしょ)」に到着。二戸駅のバスが19時。そのあとは、バスもせいぜい軽米までしか行かれないと踏んで、二戸で宿泊することに決めますが、どこも満室です。
続けて、「ホテル村井」も紹介されますが、そこも満室。^±^;・・・嫌な予感がするなあ
とりあえず二戸まで行って、そこから金田一温泉)きんだいちおんせん)で泊まろうという作戦を取るリーダーの太川さん。
二戸駅には19時38分に到着しますが、19時30分に軽米行きの最終バスが出てしまい、この辺で宿泊する以外に手の施しようがなくなります。
そこで、この近くでお世話になった、金田一温泉の「きたぐに旅館」を思い出す太川さん。
宿は何とか確保できて、ここで金田一温泉までタクシー利用します。
3020円かかり、残金も7000円ほど。まだ余裕があります。
宿に到着し、いつも通り、蛭子さんの布団をぐちゃぐちゃにする「お約束」つき。

鉄道組は一気に八戸へ。20時57分に到着。
ここで、バス組に電話をすると、ちょうど食事中。
おいしいステーキを当た台てるんだ、とのこと。
太川さんは夕食後、作戦で、朝の9時には鉄道組は八食センターにいると踏んで、朝一番で軽米までタクシーを使い、そこから始発バスで八戸に追いつく作戦を取ります。

その頃、八戸では大変な苦戦を強いられます。
ホテルが次々と満室で、時刻も22時15分に。
八戸駅で、八食センターにも比較的近くの「新八温泉(しんはちおんせん)」を紹介してもらい、23時15分、ようやく宿泊。
へとへとに。+±+

2日目


バス組は、7時02分発の「軽米病院」始発のバスに間に合わせるべく、軽米(かるまい)の役場方面にタクシーで向かいます。
「軽米大町」のバス停を見つけ、7時07分発と合ったのでここでタクシーを下車。タクシー代は5580円で残りが1400円ほどに。
軽米大町からバスに乗り、途中で岩手県から青森県へ。
途中、「三日町」で降りて、「六日町」のバス停まで少しの距離を歩けば「八食センター」に行けると言われます。
現在8時10分。
八食センター行きのバスは9時18分発。ここで1時間待ちはつらいです。ここで乗客からの朗報。
乗客「8時15分発の八戸駅行きに乗って乗り換える方法もあります」
バス組はそれに賭けます。

新八温泉から八食センターに向かい歩いていく鉄道組。
八食センターから八戸駅まで歩いて40分と知り、鉄道組は少し早くセンターに到着し、「のっけ丼」を頼み、クリア。
その時、バスチームも9時05分に到着します。
バス組は電車組に気づかせないように隠れて食べる作戦を取ります。
さて、「のっけ丼全部乗せ」を頼んだ鉄道組、11時04分の電車に乗ることに。
バスチームは海鮮丼を待っている間、食べ終わった鉄道組に見つかってしまい、鉢合わせに。
ちなみに、バス組の太川さんと南さんは、「八食丼」、蛭子さんは「マグロ丼」を注文します。
蛭子さんは食べるのは遅いです。^±^;
それは、海産物が苦手だから。x±x
蛭子「せめて煮てもらったほうがいいのに」
(マグロを煮てどーする。^±^;)

バスの八戸駅行きは10時30分発。
ここでバスチームは、残金全部使って、八戸駅までタクシーを使う作戦に。

鉄道組は、歩いて3キロを、普通なら40分かかるところを10時09分の列車に間に合わせるよう、皆、走ります。
でも、スギちゃんさん、遅いです。^±^;
女性二人は八戸駅に間に合ったのに、スギちゃんさんが迷子になって、そのせいで10時09に乗り遅れてしまいます。

一方、バスチームは残金10円を残し、タクシー代を使い果たし、八戸駅に到着します。
バスの案内所に聞きこむと、
八戸駅バス案内所「5番乗り場から、10時20分の十和田市行きのバスに乗って、十和田中央で乗り換え、11時23分に着いたら焼山へ行くと、北に上がるルートがあります」
タクシーを使ったのはファインプレーでした。十和田市行きのバスは、4分後に発車でしたから。
バスに乗って、駅を確認すると、列車に乗れなかったことで・・・。
スギちゃんさんが女性たちともめている姿が。^±^;
さて、バスの「十和田中央」での乗り継ぎの猶予が3分しかありません。そのバスに乗れないと3時間待ちになるとも言われていたので、太川さんは焦ります。
それでも、定刻通りにバスが到着して、ほっとしますが、今度は蛭子さんがトイレに行きたいと言い出す始末。
蛭子「やばいやばい、漏れそうだ」
(いっそのこと漏らせよなっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・ソンナゴ無体ナ~)

バスチームにまたまた抜かれた鉄道チームは、筒井駅のほうがゴールの八甲田ロープウェイに近いと踏んで、下車します。
そして、平地はなるべく歩き、山地に入ったらタクシーを使う作戦を立てます。
筒井駅前で、タクシー運転手に、八甲田ロープウェイまでいくらか聞くと、タクシー代は7000円から8000円くらいか、という返答。
そこで、2キロほど、少し早歩きで歩きだします。

バス旅組は、蛭子さんの膀胱がパンパン。^±^;
そこに、バス到着。
しかしここで蛭子さんが出てきて、南さんがうまくバスを停めててくれてたのでギリギリセーフで乗れました。
蛭子「・・・スマンね」
さすがに反省。^±^;
(蛭子のションベンのために停められたバスって・・・^±^;)
焼山からは、JRバスで、現在の時刻を見ると、12時36分。
さあ、青森駅行き方面のバスは・・・。
13時56分発。
太川「微妙だなあ」
あと1時間20分後。
鉄道組も、最後はタクシーを使ってくると踏んだ、リーダーの太川さん

一方、鉄道組のほうは、若干道に迷い、さらには、
スギちゃん「オシッコ行きたい」
と足を引っ張る発言。
そこで、目の前にあった「リトルパパ」というバーバー(床屋)に入り、トイレを借り、ついでにタクシーを呼んでもらいます。
現在時刻は13時30分。
タクシー会社からは20分待ちと言われ、スギちゃんさんは、お礼もかねて「顔剃り」をお願いします。
まあ、いい気持になったのはスギちゃんさんだけですがね。^±^;
いずれにせよ、タクシー代残金は5540円。果たして、どこまで行けるか。

バスチームもまた、悩んでいます。
ちょうど、紅葉時期と重なって、バスが遅れているようです。定刻10分過ぎても来ません。
そのうえ、バスは全席指定制で、席がない場合は乗れない、と乗客に言われ焦ります。
幸い、臨時便も運転するということで、乗車は確保されましたが、その後の停留所で、「10分のトイレ休憩」で14時40分発車しますと告げられます。
南「10分のトイレ休憩は予想外ですね」
しかも、10分後、なおもバスは動かず、結局バスが発車したのは15分後でした。

鉄道組も、無事にタクシーには乗れましたが、メーターが上がるたびにハラハラして、車外の紅葉がきれいなのに、それどころではありません。

15時25分、バス組がゴール地点の「八甲田ロープウェイ」に到着します。
さて、勝敗の行方は?^±^ノ

ゴールに到着し、一喜一憂するリーダーの太川さん。
太川「隠れてない? ちょっと、喜んじゃっていいかな」
二階へ階段に登り、突然蛭子さん、
蛭子「ひ、ひえっ!」^±^;

鉄道組が先に着いてました。^±^;
14時30分に到着したといいます。
結局、5530円使って、10円の残金を残し、ゴールに到着したそうです。

鉄道組の勝ち。^±^ノ

蛭子「太川さんの目、ウルウルしてるよ。すごい真剣にやってたんだね」

その後、重大発表があり、2019年12月25日、18時30分、「太川蛭子の旅バラ」最終回の発表を行いました。
太川「(蛭子さんを指さして)この人のわがままでね、最終回とします」

説明によると、蛭子さんの年齢が72歳で限界で、歩くのがきつくなった、との理由でした。
最後に太川さんの目がウルウルしてたんですが、果たしてこれが理由だったんじゃないのかな?、と・・・。
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

夕ひばりさん

夕ひばりさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。^±^
遅くなって申し訳ありません。歯痛等で七転八倒しておりまして、現在も続いてます。
スギちゃんはワイルドだろう返上ですよね。でも面白かった。村井さん、統率力はありますよね。太川蛭子組は終わりました。
よいお年をお迎えくださいね。^±^ノ・・・時間もなくて「一言」だけで申し訳ないです

マリコさん

マリコさん

こんばんはです。^±^ノ

どうもありがとうございます。^±^
今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。^±^
遅くなって申し訳ありません。歯痛等で七転八倒しておりまして、現在も続いてます。
そうそう、スギちゃん、弱音を吐きまくりでした。それに比べて、特に村井さんの心強かったことといったら。
よいお年をお迎えくださいね。^±^ノ・・・時間もなくて「一言」だけで申し訳ないです

No title

こんにちは~♪

途中からですが見ました。
最後まで勝負が分からず面白かったですね (^^

スギちゃんが全然ワイルドじゃなくて・・・
可哀そうなくらい。
村井さんはキビキビ、はっきりしていて対照的でしたね。

最終回が楽しみ。
終わってしまうのは残念ですが、いい引き際 ? かとも思います。

この度は観てました。。。

風貌に似合わず、よわっちぃスギちゃん。。。♪
強いマドンナが居てくれてよかったよね?


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部