FC2ブログ

お家寄席97・素人鰻

さて、今日は「素人鰻(しろうとうなぎ)」の一席です。

久しぶりに古いパソコンをひっくり返してみたら、なんと「お家寄席」のネタが出て来ましてね。
こいつぁラッキー、ってわけでしてな。
早速、あっしこと、粗忽亭長兵衛(そこつていちょうべい)がしゃべらせていただきやす。
世の中、コロナウイルスの影響で、パンデミックでどこにも行けないんでしょうから、お暇でしたら、おつきあいくださいやし。
・・・こちらは、平成18年9月14日の作品です。 夏向きの内容になってますが、ご了承くださいやし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

素人鰻ってぇ落語で・・・。
えー、これから涼しくなりまして、熱燗のおいしい季節になりますな。
まあ、夏は夏で、
「ビールのおいしい季節」だなんて言いますから勝手なものでして。

酒がお好きなのは結構ですが、飲みすぎにはご注意したいですな。ましてや、酒乱なんてぇのは感心しませんな。

女子高生に、痴漢をした教授が捕まったりして、捕まったとき、
「酒を飲んでて、わからなかった」
なんて、これも酒乱の一種でしょうな。

酒を飲んでてわからなかったなんて言っても、この教授、前も同じ罪で捕まったんですが・・・。
まったく、呆れやすな。
懲りねぇっていいやすか、まだ教授をやってたってぇのも、おったまげやしたな。

とにかく、酒乱・・・。
あれは周りをやきもきさせますからな。一緒に飲んでる人はいい迷惑です。知らないのは本人だけで、暴れてるんですがな。

それでも周りはしゅらん(酒乱)顔なんて出来ませんからな。
・・・なんて、これが言いたくてお客様を引っ張りまわしたわけで・・・。
これで、
「お後がよろしいようで・・・」
なんて引き下がったら詐欺ですな。^±^

さて、話が変わって、こちらは江戸時代から明治維新にかけての話なんですが、徳川家の瓦解(がかい)により、つまり、徳川家崩壊ってことで、一番困ったのは武士・・・。
なぜなら昨日まで一番威張れてたのが、いきなりリストラですからな。

ところで、リストラってぇのは、この士族が謂れなんですよ。
「今までトラのように威張ってたのが、今じゃリスのようにこそこそしてる」
・・・ってぇんで。
あ。信じないでくださいやし。落語家は千に三つのことしか本当のことは言いませんからな。

とにもかくにも、士農工商の分け隔てが四民平等になりやして。
しかも、このままじゃ明日から食っていけねぇからって、商売に鞍替えをしたところで、所詮は付け焼刃ですからな。

それこそ、昨日まで、
「無礼者! お手うちにいたす!」
って威張ってたのが、今日からは、
「まあまあ、お客さん。うちの店で手打ちそばでも・・・」^±^
なんて、突然もみ手なんて出来ませんですな。

で、士族がこんな職人さんなんかになるのを皮肉って、士族の商法とかけて、「子供の月代(さかやき)、泣き泣きする」なんてのがありますが。
月代ってぇのは、昔は、今と違い、髷(まげ)を結うために真ん中の髪を剃りこんじまうんですな。それを言うんです。
まあ、子供は髪を切られるの、嫌がりますからな。泣いて逃げますが、いずれ捕まっちまいやして、結局剃られるわけでしてな。
士族も、泣く泣く商売替えをしなけりゃならねぇってわけで・・・。

ある士族、中村某(なにがし)が往来を歩いてるってぇっと、鰻割(さ)き職人、つまり鰻をさばく職人さんであります神田川の金に呼び止められましてな。

「旦那、旦那・・・」
「おぅ、金ではないか」
「お久しぶりでございます」
「おう、金。実はな、拙者(せっしゃ)、もう士族ではやっていけない折り、商売替えしようと思ってな・・・、汁粉屋でも始めようかと思うんじゃが・・・」
「旦那、汁粉屋ですか。ほう、いい商売で・・。しかし、汁粉屋は儲かりませんよ」
「ほう、どうしてじゃ?」
「汁粉屋は儲かっても汁粉とせいぜい団子くらい・・・。そうだ。鰻屋なんてどうでしょう? 鰻屋なら、鰻で売れる、酒で売れるで、儲かりますよ。で、ものは相談なんですがね、いっそのこと、あっしを雇ってみてはいかがでしょうかねぇ」
「おお、そうか・・・。そうしてくれるとありがたい・・・が、やめておこう」
「へぇ? どうしてですか?」
「金。お前はいい職人なんだが、酒の上が悪い。いつも酒で乱れる・・・。だから、やめておこう」
「旦那様。じゃ、こうしましょう。あっしは確かに酒乱だ。だから、これから三年間、讃岐(さぬき)の金毘羅(こんぴら)様へ行って酒を断って旦那様にお仕(つか)えしやしょう」
「金。そうか? 酒を断ってお前さんが手伝ってくれるか? それはありがたい。お前さんは酒以外なら立派ないい職人なんじゃ。じゃ、早速始めるか? 酒を断つなら給料もはずむぞ・・・」

で、早速商売を始めやして。一日目から商売繁盛。

士族の仲間であり、麻布の旦那っていわれる人が店を閉める間際にやって来やしてな。

「お、中村氏(うじ)。お主がかような商売を始めるとはな。しかし、よくぞ、商売がうまくいったなぁ」
「実は、神田川の金が、この店を手伝ってくれて・・・」
「さようか・・・。神田川の金が・・・。金? ああ、あいつは酒の上が悪いぞ」
「はあ、それは百も承知。金が、酒を断ってやってくれるっていうんで」
「そうかそうか。酒を断つか。じゃ、今日だけあいつに飲ませてやろう。おおい、金」

すぐさま金が呼ばれやして。

「へい、あ。これはこれは麻布の旦那。いらっしゃい」
「おい、金。お前さん、酒を断って商売してくれるんだってな」
「へい、さいでがす。あっしゃ酒の上が悪いんで旦那様にご迷惑をかけちゃいけねぇと思いやして・・・」
「えらい! しかし今日はめでたい日だ。どうじゃな? お祝いの酒ということで」
「いえ、いけません。今日もうすでに讃岐の金毘羅様に行って酒、断っちゃった・・・」
「そうか・・・。残念だな・・・。まあ、無理やり勧めることは出来んなぁ・・・」
「・・・へっへっへ。・・・麻布の旦那様。あっしは讃岐の金毘羅様で酒は断ちましたがねぇ・・・。まあ、神様はまだ今日は讃岐に着かないでしょうから・・・。開業祝ですし・・・。少しだけご相伴(しょうばん)に・・・」
「そうかそうか。じゃ、たんとは飲ませんぞ。湯飲みに3杯だけだ。どうだ?」
「へぇ、結構で・・・」

しかし、酒飲みこそ信じられねぇものはありませんですな。3杯が4杯に・・・。4杯が5杯に・・・。酒がすすむうちに金のいつもの悪い癖がむくむくと顔をもたげやしてな。

「・・・ヒック。・・・やい、旦那。・・・ヒック・・・このだんつく!」
毒づき始めやしたから、もうたまったもんじゃございやせんな。

で、酒を飲む前の約束を確認する気で、
「お主。ちと飲みすぎじゃぞ。湯飲みで3倍までと、約束したではないか」
なんて言ったらてぇへんで。

「ヒック・・・。て、てやんでぃ! しみったれたこと言うなぃ!」
金、とたんに毒を吐き出しやして。

「あっしゃぁな、・・・ヒック・・・子供ん時から小遣いもらっちゃぁ。おやつの芋の代わりに酒屋へ行って酒をキューっと、やっちまったんでぃ! それをなんでぃ!・・・ヒック・・・ちくしょうめ!・・・ヒック・・・開業の、お、お・・・め、めでてぇ席じゃなねぇか!」

ガッチャンガッチャン!

茶碗だの徳利だの、そこらじゅうにあるものをひっくり返し、割っちまいやして。

そうなると相手も元武士ですからな。
売り言葉に買い言葉。このやり取りにたまらず中村氏も、
「出てけ~!」

金も、
「出て行くとも! こんな店、つぶれろ~!」

翌日、困ったのは中村氏でして。女将(おかみ)が、
「旦那様。いまだに金が帰ってまいりません。どうしましょう? 魚切れの札を出しましょうか?」
「じゃ、しょうがない。口入屋(ハローワーク)に行って職人を探すか・・・」
「口入屋に行っても、数日から数ヶ月待つことになりませんで、どうにもなりません。どうしましょう・・・」
「弱ったなぁ・・・」

で、ちょうどそこに金が浅草の吉原から馬を引っ張って戻ってきたんですが、金はすっかり酒が冷めて顔面蒼白で、
「・・・旦那様。あっし、旦那様に毒づいたと・・・。申し訳ありません・・・。それから吉原の馬代も、必ずお返しします・・・。これから心を入れ替えて・・・。仕事に精進しますんで・・・」
平身低頭に謝りやして・・・。

まあ、中村氏も金がいないと困るんで、本来は、金にとっても帰れた義理ではないんですが、鷹揚(おうよう)な旦那で、
「・・・もうよい。これからは気をつけろよ・・・」
ってことになりやして・・・。

しかし、その日、翌日、一週間くらいはまじめに働いた金でしたが、ある日、夜中に台所でゴトゴトと音がするんで、旦那がねずみかと思って覗いてみると、金が一升瓶を抱えてたんで、
「出て行け~~~!」

またまた元の木阿弥(もくあみ)・・・。

その次も同じ様な事件がありやして、仏の顔も三度でしてな。

「女将(おかみ)、金はどうした?」
「金は、恐らくもう戻れませぬ」
「戻れませぬって、どうするんじゃ・・・」
「品切れのお札を・・・」
「もういい! 拙者が鰻を割(さ)く」
「でも、旦那様。ミミズを見るのも嫌だとおっしゃった旦那様が鰻を割けるんですか?」
「割けるか駄目かはやってみないとわからん」

こんな日に限って、お客様はたくさん来るんですな。
これは粗忽亭の落語と一緒でしてな。口の調子の悪い日に限って、お客様がいっぱい・・・。
例によって、今日も・・・。^±^;

「いや、拙者も、金の捌(さば)きを横から見てたでな。それにしても鰻、なぜ逃げる・・・。糠(ぬか)をかけろ! 糠・・・糠!」

糠をかけたんで幾分か鰻をつかみやすくなったんですが、それでも相変わらず逃げる逃げる・・・。
右手で首をつかんでもするっと逃げるんで、今度は左手で首をつかむ・・・。しかし鰻はするり・・・。

「旦那様。鰻をつかんだまま、どちらへ行かれるんですか?」

「わからねぇ・・・。前に回って、鰻に聞いてくれ!」

「素人鰻」ってぇ落語でした。
 
m<●>m!
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部