FC2ブログ

お家寄席101・のっぺらぼう(おいてけ堀)

さて、今日は「のっぺらぼう(おいてけ堀)」の一席です。

久しぶりに古いパソコンをひっくり返してみたら、なんと「お家寄席」のネタが出て来ましてね。
こいつぁラッキー、ってわけでしてな。
早速、あっしこと、粗忽亭長兵衛(そこつていちょうべい)がしゃべらせていただきやす。
世の中、コロナウイルスの影響で、パンデミックでどこにも行けないんでしょうから、お暇でしたら、おつきあいくださいやし。
・・・こちらは、平成18年9月17日の作品です。この噺は新作です。今更の怪談話です。
ありそうでなかった落語ですが、苦し紛れな落ちも含めてお楽しみください。

なお、残念ながら、「お家寄席」のネタはここまでです。+±+
現在は、ここまで凝ったネタがなかなかできやしませんが。x±x
また、お会いできる日がありますように。^±^ノ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

えー、101作目は、落語でも怪談のひとつ、「のっぺらぼう」ってぇ一席でご機嫌をお伺いしやす。

まあ、別名、「おいてけ堀」っていうんですがな。^±^
これは怪談話の落語のひとつでして・・・。

本来は怪談らしく、
「恨めしい~~~」
でサゲるんでしょうが、あっしはひねくれてますんで、ちゃんとオチをつけやすよ。もっとも、こんな季節に怪談話をやること自体がひねくれもんですが・・・。そのオチはまあ・・・後でのお楽しみにってことで。

このおいてけ堀ってぇのは、今でいう墨田区の錦糸町、錦糸堀をさすんだってぇ説があったり、いやいやそうじゃねぇ・・・。台東区は蔵前に実際、おいてけ堀ってぇ池があったとか、いろんな説がありやして・・・。
また、その声の主は・・・ってぇっと、ギギってぇナマズの親戚のような魚だってぇ説や、いやいやナマズ本人・・・いや、ナマズは人じゃありませんな・・・。ナマズ本魚・・・だとか、いやいや、それこそ河童じゃねぇかだとか・・・。こちらにもいろんな伝説が飛び交わされていたりして・・・。

とにもかくにも、ここ、「おいてけ堀」で魚を釣るってぇっと、コイとかフナとかがどんどん釣れて、それはそれで嬉しいんですけれどもな。夕方になって、陰(いん)にこもった鐘の音(ね)がどこからともなく、
「ゴ~~~ン!」
と聞こえて来やして・・・。
「さてと、魚は釣れたし・・・。そろそろ帰るとするか・・・」
などと支度をして魚籠(びく)を担いで帰ろうとすると、堀の中から、
「おいてけ~・・・。おいてけ~・・・」
って、最初のうちはか細い声が聞こえるんですな。
あっしもかなり釣りが好きですが、こんな不気味なところじゃ、御免蒙(ごめんこうむ)りたいですな。

釣り人は気のせいかと思って、なおも魚を持って帰ろうとすると、今度は徐々に声が大きくなり、終(つ)いには大音声(だいおんじょう)で、
「おいてけぇ~~~~~! おいてけぇ~~~~~!」
って脅すんで、大概のやつは魚籠ごとほっぽって逃げちまいやすな。

そこに、はねっ返りの魚屋が一匹おりやして・・・。

「てやんでぃ! べらぼうめ! どいつもこいつも腰抜けぞろいじゃねぇか!」

なんてえばって(威張って)たんですがな。で、そんならおいらが魚を釣って持ち帰ってやるってわけで、この堀で竿を振るってぇっと、例にもれず、この男もみるみるうちにコイやらフナやらが掛かる・・・。
入れ食いですな。イレのグイってやつで・・・。
たんまりと魚を釣って魚籠一杯にしたんですが、その夕方、やはり、

「おいてけ~~~~~・・・」

の声が聞こえて来たら、さすがに不気味だったのか、最初の威勢はどこへやらでして・・・。それでも、
「・・・けっ、この魚はおいらが釣ったんでぃ! 1匹たりとも置いてくもんか!」
などと強がって持って帰ろうとしたんですがな・・・。土手っぺりを何とか走り抜けたまでは良かったんですが。
帰り道、堀の端っこの柳の下で娘が現れやしてな・・・。娘は見た目は美しいんですが、なぜか顔を隠してたんですな・・・。

「もしもし・・・よろしければ・・・その魚を・・・売ってくださいな・・・」
「けっ、この魚はおいらが釣ったんだから、売ってたまるかってぇんだ!」
「お願いです・・・。売ってくださいまし・・・」
「しつこいな、娘さん・・・。これは売らねぇんだよ!」
「・・・どうしても、売ってくださらないんですか・・・?」
「ああ、売らねぇったら、売らねぇよ!」
「どうしても・・・?」
「ああ、ダメだよ!」
「・・・そう・・・。これでも、売ってくださらないかい?」

って、おもむろに顔を上げたその娘は、目も鼻も口もねぇ「のっぺらぼう」だったんですな。

「ギャ~、出たぁ~~~~~!x±x」

魚屋がほうほうのていで逃げるってぇっと、角のところに夜鳴きそば屋が営業してやしてな・・・。

「ああ、助かった・・・。じ、実は、この先の堀のほとりで・・・で、で、出た出た・・・。出たんですよ。目も鼻も口もない化け物が・・・。・・・ああ、怖かった・・・。おやじ、水を一杯くれ・・・」

と、水をもらおうとするってぇっと、

「・・・へい、水だよ・・・」

水を差し出し、振り向いたそのおやじの目も鼻も口もねぇ・・・。

「ギャ~~~~~! また出たぁ!!x±x」

魚屋、水の入ったコップをほっぽったまんま、とうとう腰を抜かしちまいやして。へこへこと這いずるようにして、やっとこさ家に戻り、

「・・・お、お、おい、おいかか、かかあ・・・。で、出たんだよ。魚をも・・・持ち帰ったら・・・、目も鼻も口も、ねぇ・・・の、の、の、のぺらぼうが・・・。で、あわてて逃げて・・・そ、そば屋に・・・み、水もらったら・・・ま、ま、ま、また・・・」

と、あわくいながら、かかあに言うってぇっと、かかあ、ひょいと顔を上げて、

「おや・・・、お前さん・・・それって・・・こんな・・・顔かい?」

かかあの目も鼻も口もねぇ・・・。
それでとうとうこの男、気が狂ってしまいやしたとさ・・・。

・・・って、これが「のっぺらぼう」の噺(はなし)なんですがな。まあ、口がないのになぜ話すことが出来たかなんて、野暮なことはいいっこなしで。

ところが、この話を聞いた、その倍のはねっ返り者で、それでも度胸も十倍ってぇ釣り師がおりやしてな。

「なんだなんだ? そんなのどうってことねぇや! あっしにゃ女房もいねぇし・・・。その魚屋も間抜けな野郎だぜぃ! 素直に魚を売っちまったらいいんだろうに・・・。魚を売らねぇからそんな目にあうんでぃ! こちとら、金儲けにもなるし、第一、化け物に魚を売ったって言ったら、話の種にもおあつらえ向きじゃねぇか」

ってぇんで、またその「おいてけ堀」で釣りをして、夕方、魚籠(びく)一杯にしたところで帰ろうとするってぇっと、また例によって、

「おいてけ~~~~~・・・!」

「なにぃ? おいてけだと? てやんでぃ! ふん、そんな脅しにのるようなお兄(あに)ぃさんとはわけが違うぜ!」

で、柳の木の下を通るってぇっと、例によって、娘がおりやしてな。

「もしもし・・・よろしければ・・・その魚を・・・売ってくださいな・・・」
「ああ、いいよ。じゃ、おまけして1円で売るよ!」

娘、魚を売らねぇって想定だったんで、面くらっちまいやして・・・。
それでもマニュアルどおりに、
「・・・あ、どうしても、売ってくださらない・・・?」
「だから、売るってぇんだよ・・・。そ~らよ! 魚籠(びく)はサービスでぃ!」

のっぺらぼう娘に魚を売りつけ、1円札を掠(かす)め取りやしたが、おさまらねぇのが娘。せっかく脅そうとわくわくしてたのに腰砕けもいいとこでして。それでも、意地なのか、サービスなのか、一応は実践にうつすんですな。ああ、悲しきお化けの性(さが)・・・。

「・・・あ、あの、どうしても・・・?」
「金をもらっちまったらこっちのもんでぃ! じゃぁな」
「・・・あ、あ、あ、お客様~・・・。困るんですぅ・・・。そこは驚いてもらわないと・・・商売上がったりなんですよ・・・。驚いてくださいな。・・・あの、こ、これでも・・・?」
「そんなこと知るかってぇんだ! あ~ばよ!」

娘が顔を上げたときにはすでに釣り師はおりやせん。ただ、堀のほとりの柳の木の下で、ぽつねんと立ち尽くす間抜けなのっぺらぼうの姿があるだけでして・・・。

その後やけになったこののっぺらぼうの娘、商売替えをいたしやして、1回1銭で子供たち相手に顔に落書きをさせるなんて内容のものでしたが、皮肉にもこっちのほうがはやったりして・・・。娘はそれなりに幸せに暮らしましたとさ・・・。
めでたしめでたし・・・。
終わっちゃいけませんな・・・。^±^ノ

で、それはさておき、釣り師はどうなったのかと申しやすと・・・。

「へへ、儲かった儲かった・・・^±^」

てなわけで、その1円札を握り締め、その先の夜鳴きそば屋で、

「おい、そば屋さん・・・。そば、熱いの頼むよ」

って、注文するってぇっと、そば屋のおやじ、ちゃんと目も鼻も口もついてる、ただの普通のおやじでして。

「な? 何も起こらねぇだろ? ざまぁみろってぇんだ! 大げさに腰抜かしやがって・・・」

と、そばをずずっとすすって、

「おやじ、ごちそうさん!」

と、娘からもらった1円札を出すってぇっと、ただの白い紙切れ・・・。

「あれ? 紙幣がのっぺらぼうになってらぁ・・・」

m<(^±^)>m!

・・・これがあっしの考えたこの落語のサゲなんですが・・・。これで高座、降りちまうんですがね・・・。
腰砕けでございやすか?
ならば、もう少し先を進めて・・・。

釣り師、ほかに金の持ち合わせがなかったんで、しょうがねぇから、お詫びにとその夜鳴きそば屋を手伝いやす。
しかし、腸(はらわた)は、かなり煮えくり返って、

「畜生! あののっぺらぼう、一杯食わせやがった・・・」

釣り師が悔しがってると、夜鳴きそば屋のおやじ、

「何を言いやがる、一杯食わせたのはうちだよ!」

・・・くれぐれも、お金はお確かめくださいな・・・。お客様のお財布の中にあるお札も、まさか、のっぺらぼうじゃないでしょうねぇ・・・。

おあとがやらしいようで・・・。

m<●>m!
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

淡々と百人一首

    MMOタロット占い

    よくわからないパズル

    やってミソ。^±^ノ

    ちょっと Shooting Game!

    ちょっと Fall Puzzle!

    ちょっと Block Game! β

    にほんブログ村
    にほんブログ村リンク
    FC2掲示板
    2019年2月以降のお知らせとお願い
    おきてがみ
    おきてがみ
    おきてがみ
    ランキング
    人気ブログ・ランキングです。
    World-Word-翻訳
    英語English
    韓国語 한국어
    中国語 中文
    フランス語 Franc,ais
    ドイツ語 Deutsch
    イタリア語L'italiano
    スペイン語 Espan~ol
    ポルトガル語 Portugue^s
    Present's by サンエタ
    翻訳Lite
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    アクセスカウンター
    カレンダー
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    検索フォーム
    月別アーカイブ(タブ)
    カテゴリ
    リンク
    プロフィール

    てくっぺ

    Author:てくっぺ
    てくっぺです。^±^ノ
    こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
    私はクサガメの化身です。
    ですからこんな顔でございます。
    よろしくです~^±^ノ

    最新記事
    最新コメント
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FLASHスケジュール帳
    ブログの更新率
    最新トラックバック
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    ゲームブログランキング

    中鉢さんの哲学~N’s Philosophy~

    知ってると楽しい『通】学!

    不思議な不正義

    不思議な不正義2

    スワローエンゼル相談室(独立起業・経営相談)  埼玉県熊谷市
    アルバム
    FC2チャット
    色合わせ(高難易度)
    presented by
    とあるゲーマーの手抜日記
    色合わせ
    presented by とあるゲーマーの手抜日記
    Flashリバーシ
    by Orfeon
    ゲームコーナーPlus

    おまけ Space Invaders
    developed by 遊ぶブログ
    走れ!80くん
    いつかは飛びます80くん
    飛ばすな80くん格言集
    80くんの館
    飛びます80くん3
    Baby Clock.3
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    RSSリンクの表示
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    QRコード
    QR
    雑草倶楽部